ステージタイガーへ

2019年04月26日

GWは!やっぱり!!(アスカ)

ABCホールでの中之島春の文化祭!
ですよね!!
E852558F-65CA-447D-86A4-383E319A5301.jpg
おやなにやら、メガネっ娘がいますね。
このメガネはいんふぃにっと時代からの特別装備品です。

一年キッチリ後に再演するというのをこの作品で二度目、今年やるわけなんですが(1個目はI CONTACT)、なんだか進化の様子が見えて面白いです。

作品が、という意味はもちろんなのでおいといて、
前回「こうしてほしいんだけどなー」と思っていたけどなかなかうまく出来てなかった部分が、スッとドンピシャでいけるようになってる、とか。
俳優が一年でどんな軌跡を辿ってきたのか、そして進化したんだな、というところが、見て取れるのが楽しいです。
これが見えるのは稽古場ならでは、なのでしょうけれども。
715018EA-8B46-423B-B48F-AF2D4A1B2845.jpg
これを、本番の舞台で、前回見た方がどのように受け取るのか(正直あんまし覚えてないかとも思うのですが)、も、気になるところです。

そして初めてみる方のために、ネタバレ写真は出さないようにしておきます。
達筆な巻物の中身ですね。
506D7EC1-DE88-4F4D-A9A0-1CA570E86013.jpg
今日は明日の通し稽古に向けて、最後までの段取りの落とし込みを行いました。
みんな面白いなぁ。
56FB6316-9A5B-4B7C-9A3C-332827D30778.jpg
前売り券は完売ですが、夜の回なので当日券で入れると思いますよ。
20分とは思えないちゃんとした感動のお芝居を、お届けいたします。
短編になっても長編になってもキッチリ構成の要点がブレないのが、ステージタイガーの特色かもしれません。
どうぞ安心してごらんくださいませ。
ではでは、また。

18D49CE7-DA37-4608-90C0-240A476F8D9B.jpg
中之島春の文化祭2019参加作品

『男の五カ条』

作・演出 虎本剛
出演 白井宏幸 谷屋俊輔 小野愛寿香


ステージタイガーの出演…
5/4(土 祝)のCブロック
posted by ステージタイガー at 00:01| 大阪 ☁| 男の五カ条 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月20日

こんなお稽古場(タニーヤ)

こんにちは。
こんばんは。
谷屋です。タニーヤです。
20190420124006442.jpg
⬆選手使いそびれた、現在 東京はシアター KASSAIでオパンポン創造社出演のきゃっぴいさんとパチリ☆


さて、昨日もドンドン進めて参りました!
「男の五ヶ条」の稽古!

昨日は冒頭から半分ほど!
いうて20分の作品なので10分くらいまでを、あーでもない、こーでもない…や、そんなこと言うてないや。

こうした方がええやろ!
それおもろいやんけ!
稽古でした♪

20190420124227200.jpg

谷屋、白井、小野とええ歳の互いの懐知った仲間やからこその、順調な滑り出し!

…まぁなにより再演ですからね(笑)
多少、変更はありますけど、根本は変わらずお稽古進めれております!

中でも。
白井氏の全力投球がタマらん(笑)

20190420124238504.jpg

そんな全力でやらんでも…言うとこをガチに全力で。
まぁそれが、役通りなので正しいのですけども。
それやられたら、こっちもやらな!なええサイクルになってますわ。

2019年版 男の五ヶ条、ご期待いただいて大丈夫ですよ♪

言うて、チケット前売りは完売!
当日券はございます!
ゴールデンウィーク!
中之島でお会いしましょう。

↓公演情報
20190420124313950.jpg
20190420124321352.jpg

ステージタイガー

中之島春の文化祭2019参加作品

『男の五カ条』

作・演出 虎本剛

出演 白井宏幸 谷屋俊輔 小野愛寿香


ステージタイガーの出演は

5/4(土 祝)のCブロック!!

詳細→ http://news.st-tg.net/article/464708610.html

よろしくお願いしますー!
posted by ステージタイガー at 12:44| 大阪 | 男の五カ条 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月19日

男の五カ条

いよいよ始まりました。
中之島春の文化祭のためのお稽古。

「男の五カ条」

3人芝居でございます。
今回は、再演ということになります。
再演というのは、本当に面白いもんですね。
一度やったことがあるということが、どのように働くのか。
これからの稽古がとても楽しみになってきた、稽古初日でした。

中之島春の文化祭について詳しくはこちらをご覧ください。

我々、ステージタイガーは5月4日(土)の18時頃のCブロックでの出演となります。
どうやら、前売り券は売り切れてしまった様子。
ですが、当日券は、毎年見ている感じですと、問題ないんじゃないかな。
なんだかんだ言って入れるんじゃないかな、なんて思います。

7940031B-B816-4A76-8FD1-FAA4AF18D311.jpeg

たった20分だけの物語ですが、しっかりとドラマのあるストーリーです。
最近歳をとってきたのか、台本を覚えようとして自分の台詞を見てると、なんだか泣けてきちゃうんですな。
まぁ、それがいいことかどうかは置いておいて、
たかが20分と言わず、素敵な時間を過ごしてもらえるんじゃなだろうかと思っています。

とはいえ、20分程度のお話なんで物語を語ってしまうよりは、素敵な見どころを。

ここで、少し脱線したお話を。
僕は、あ、僕は白井です、お久しぶりでございます、僕は、
演劇と言わず、
いや、まぁ、光も音も、物理的に観測することができているので、
「演劇も物理的に観測できるものなのではなかろうか」ということを考えることがあります。
目で見えるじゃないか、声が聞こえるじゃないか、ということを、つまりは観劇を観測というのならば、その通り。

けれども、演劇を見るときに起こりうる作用、ってあると思うんです。
楽しい気持ちになったり、悲しくなったり、ときには腹を立てたり。
そこには、言葉の意味、という以上に、なんらかのメカニズムがあって、目視では確認できない物質のようなものが
見ている人に届いたりなんかしたりして、感情の揺らぎを与えているんじゃないかなと思うことがあります。

書かれた言葉だけでなくて、そのうちに、目には見えない設計図だったり、元素記号のようなものを
密かに忍ばせてみるという楽しいことをやっているのが役者なのかなぁとも思っているのです。

ACFFA924-2583-4534-982D-83EC6A76DC6B.jpeg

「実験的な」と評される演劇もあるにはあるようですが。
ドラマティックな、ストレートプレイの中にも、数々の実験が潜んでいるんだと思っています。

それは、前回の作品を経て、同じタイトルのお芝居をする僕にはその準備がだいたいいい感じに整っている。
そんなふうに思うのです。

物語としては同じ作品なのでそうは変わりませんが、届くものは前とは全く違うものになっていると思います。
まだまだ、失敗するかもしれない実験を何度もなんども試していこうっていう時期ですが、
どうぞ、ご期待ください。
ありがたいことに、やっている僕が一番楽しませていただいています。
見に来てくださる方にも、もちろん楽しんで欲しいので、
できるだけたくさんの挑戦と失敗を重ねて、
多分、最終的には作品か、それを見てくれるお客様に魔法みたいなものをひとつ、
かけることができればいいなというのが、目下、目標です。

AAA78FC8-DB0C-47CF-92AC-D0C3285ADB5B.jpeg

中之島春の文化祭2019
ステージタイガー
「男の五カ条」

5月4日 ABCホールにて



posted by ステージタイガー at 04:09| 大阪 | 【旧】稽古場日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月13日

4/12基礎練習

本日の参加者
アミ 谷屋 虎本 白井 南 鍋海 竹林 椿 小林
外部参加者 8名

--------

虎本です。
今日の基礎練習はいつものように

柔軟からスタートし


基礎練習_190412_0224.jpg

サーキットトレーニング


基礎練習_190412_0227.jpg

発声練習

と、ひと通りの基礎をがっちりと。
本日はリーダーを若手の椿が一人で担当し、部分詰まりながらも、最後まで皆を引っ張っていってくれました。
外部からの参加者も多く、中には高校生や初めて演劇の稽古に参加される…という方もおられましたが、よい熱量で参加して頂けました。

後半は僕が陣頭指揮を執り

『役を作るとは何か?』という題目のもと、脚本家が思う、役の本質についてレクチャー。
書くと長くなるので…ザックリいうと、その役は何がしたくて、何の為にそこにいるのか?という話をしました。
それを意識してのワンシーンの稽古。

基礎練習_190412_0213.jpg

基礎練習_190412_0205.jpg

基礎練習_190412_0221.jpg


どうしても台本があり、台詞があると『セリフをいかにウマくいうか?』ということを考えてしまいますが。
それよりも前に、その人物がその場にいる意味は何なのか?
そのセリフを口にする事で、何を達成したいのか?
ということに着眼してもらいたい。

僕がよく稽古場でいう言葉で置き換えるならば、役の『need』ではなく『want』と『hope』を掴んで欲しい。

ステージタイガーというと、筋トレ、体育会系、叫んで走ってオラオラ!みたいなイメージがあると思いますが。
※あながち間違いでもない

その根幹にあるのは、シンプルで丁寧で骨太な演技であって欲しいと思います。
与えられた役に対し、真摯に向き合う俳優であって欲しいと思います。

次回は4/23
もう少し役を作る、ということを掘り下げていきたいと思います。



posted by ステージタイガー at 00:04| 大阪 ☁| 【基礎稽古】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする