ステージタイガーへ

2013年12月21日

スペースを探る

いよいよ一ヶ月を切りました。
協走組曲、大阪公演に向けて稽古は加熱しております。

image.jpeg

今日は中盤からクライマックスシーンへの稽古を中心に行いました。
モノローグを語るハジメ役のアミジロウ。
より深い解釈と役づくりに向けて試行錯誤の日々は続きます。

そんな中、今回の演出プランにおいて一つのキーワードが

『スペースと目線』

500人規模の劇場。
俳優はたったの6人。
配置の妙と、その入れ替わり、そして集中すべき対象の移り変わりで空間を操作・観客の誘導をしてみようという試みです。

演技をするにあたり、まずスペースを創ってから開始。
次のシーンでは次のスペースを創作する…
全員がそれを理解してオフの動きをする…。

文字面だけでは分かりづらい演出方法ですが、要は、ただのパワー押し芝居から脱却して、さらなる高見を目指しだした、という事でしょうか。

より分かりやすく
見た目にはシンプルに
でも凄まじく感動的に

image2.jpeg

実験と収穫を繰り返す稽古は続く!


posted by ステージタイガー at 00:48| 大阪 ☁| 【他都市公演】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。