ステージタイガーへ

2013年12月24日

さらなる解釈を加えて

今日はラストシーン、カナデとツヅキの2人のシーンを。

1387801005982.jpg

何度も何度も上演されたシーンですが、演出的に今回は解釈が違います。
かかる音楽も違います。
よって演技の質も違います。

テキストは同じですが、違います。
前回まではカナデ目線だったのが、それを見守るツヅキの目線にシフトしていっている…という感じでしょうか。
終盤の見せ場のようなシーンも、大きく変わっています。

このように、今回のTOURでは過去の協走組曲を今一度見直しました。
全ての台詞を再構築し、演出効果も再考。
よりテーマを掘り起こす作品づくりを目指しています。

過去にご覧になられた方にも、初めて出会う方にも。
全ての方に何かを与え、揺らし、食い込みたい。
挑戦は続きます。



posted by ステージタイガー at 00:33| 大阪 ☁| 【他都市公演】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。