ステージタイガーへ

2017年03月08日

役者紹介〜その26〜爽田いもり

観劇フェスティバルの結果に浮かれつつ…。
いよいよ今日は2回目の通し稽古。
前回の反省を踏まえてどこまで磨かれているか楽しみです。

今日紹介するのは

image1.JPG

いもり こと。爽田いもりです。
劇中では北場高校の代行教師、山内先生を演じます。
劇中のキーポイントになる「自分史」作成を提案したのはこの山内先生。
けど、担任のクラスの生徒が出さない…。締め切りが迫る。
自分の立場でそれはどうなのか…。という葛藤があります。

そしてもう一つ。
彼女は代行教師…つまり怪我だったり産休だったり何らかの事情でお休みされる先生の代わりなのですが。
自分の立場でそれはどうなのか…。という別の葛藤が存在します。

常にあらゆる要素で悩んでるんですね。

image2.JPG

なんで、いもりの紹介がこんな遅いかというと、彼女の写真がなかったから。
ていうか、いもり自身がよく他の俳優の写真を撮ってくれていたからに他なりません。
真面目やなぁと思います。
かつ、丁寧で器用やなぁ、とも。

そんないもりが、山内が、破顔する瞬間というものがもっとあったらええんちゃうかと思います。
それはラストシーンなのか。
ひょっとしたら、セリフのない瞬間なのかもしれません。
悩んで眉毛が八の字描いていた彼女が、理屈を超えて屈託なく笑う時はいつだ?って話。





posted by ステージタイガー at 12:11| 大阪 ☀| ダイバー・シティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。