ステージタイガーへ

2017年03月11日

本日14時のみの公演 「 #ダイバー・シティ 」

IMG_0994.JPG
肉食ったら眠たくなってしまってブログを書きそびれていましてこんな時間。
どうも白井です。劇場入りしましたが、明けて本日にはもう千秋楽。
本当にあっという間の、って。勝手なもんです。
そんな事ないんですよね、去年の秋頃から稽古はしていました。
初めてタイガーに出ていただく20人を超える人たちと一緒に舞台に立つので、
勝手にポインと共演するってわけにはいかなかったんで、長い時間を過ごしました。
基礎稽古をする数ヶ月を経て、公演稽古。
これは前回の「ファイアフライ」の公演直前に台本が配られて、
「ファイアフライ」キャストも本番1週間ほど前に、別の(つまり今回の)台本を読む。
っていう、なかなか複雑な心境にさせられる時期もあったりしました。

まぁ、僕はその時にも思ってたんですけれども、いい本だなっと思ったのは覚えています。
一人一人の物語というのはあまり色濃くは描かれていないものの、
1時間40分という短い時間の中に29人の人間が、不必要な人間を含まず、
あちらこちらに存在するように描かれているように思ったのです。
わかんないですよ、叩けば粗はあるかもしれない、でも、まぁ、そう思ったんだから僕は好きです。
今回の「ダイバー・シティ」という作品、本も、そこに集まってくれた登場人物も全部。
今回は結構若いキャストがいるので、それはそれは見所と思います。
みんな元気ですからね、それだけ。みていてこっちは面白くなります、おっさんですからね。
IMG_0977.JPG
この作品は、演劇として面白い作品になっているんじゃないかなぁと思います。
小説とも、ドラマとも、映画とも違う、演劇ならではの。
一言に演劇といったも、いろんな演劇はあるんだと思いますが、まぁ、タイガーらしい作品で。
そしたら何があるかというと「熱量」があるんだというしかないと思います。
カロリーのある演劇。って言って仕舞えばいいのかもしれないけれども、
もう、こんな時間なんで、何を言えばいいのかあんまり解っていないし、もう本番なんで、
そんなに、この文章に責任も持っていません、すみません、白井です。

もうね、ひとまわり近く年齢の離れた人たちだったり、高校生、大学生なんか、
いってみればエイリアンみたいなもんで、今度は戦争だ!って勢いで、
言葉通じるのかなぁなんて、おじさん不安に思ってたんだけれど、
といって、仲良くなるための言葉なんかエレベルわけもなく、僕個人は。
お芝居が、演技が、お客さんが見た時に、どうすれば面白く見えるかよく見えるか、
僕が見るとしたらどういうやり方が(あくまでも僕の)好物か、みたいな事しか言えなくって。
共通言語である「お芝居」ってのを通して語るしかなかったんです。口下手なもんで。
血液型とか好きな食べ物とか家族構成とか、ソシャゲ何やってんのとか、興味ないもんで。
でも、言えばどんどんチャレンジしていってどんどん面白くしようとしてくれる。

なんていうのかなぁ、世代が違うけど、餌が同じというか。
結局、役者をやってみようって思うような人間は同じなんだなって事で。
課題とか、餌とか当ててたら勝手に乗り越えようとしてくれる。
そういう意味では真面目だと思うし、いい意味で、バカでまっすぐ。
そういう人たちに囲まれていると、おっさんも手を抜くのができなくなっちゃうんです。
タイプは違えど、タイガーの年長組あたりも、スタイルは違えどいろんなぶつかり方をしてますね。
みんなたぶん、同じような愛情みたいな感じでぶつかってんのかなぁって思ってます勝手に。
参加してくれたキャストのみんなには本当に感謝してます。
何してくれたから、って事じゃなくって、いてくれてありがとうって思ってますよ。
刺激になったし、発見もあったし、なんだか色々と、たくさんいただいています。
IMG_0993.JPG
えぇと、もうね、今更なんですが、そろそろ気になり出した方もいるかもしれません。
ツイッターとかフェイスブックでも、宣伝が目についていると思います。
松原市文化会館、とっても広い劇場なんで、予約されていない方も、きっと中に入ってみていただけます。
ふらっと、思い立って、見に来て欲しいと思うんです。
いまからいくよー、つって、来てくれたらいい。来てください。
29人のキャストですが、そこにいるのは街に住むごく普通の頑張っている人、なので、
みにきていただけたあなたが、30人目のキャストになれるんじゃないかなって思っています。
そういう気分で、ぼんやりふんわり見ていただけるのが一番いい楽しみ方なんじゃないかなぁ、とも。

一回こっきりで終わっちゃうのって本当になんだかもったいなくって仕方ないんだけれども、
もともとそういうお話だったし、みんなもそれ分かってて応募してきてくれたし、
なんなら劇場は夕方までに開け渡さなきゃなんないしで、結構タイト。
一緒に見届けてくれたら僕は嬉しく思います。
劇場でお待ちして居ります。
IMG_0105.JPG
ステージタイガー「ダイバー・シティ」
3月11日(土) 14時開演
松原市文化会館にて 無料公演

劇場への行き方もこちらを参照ください。
高見の里駅からの行き方
河内松原駅からの行き方
※いずれも、近鉄阿部野橋駅からの電車に乗ります。

長々と読んでいただいてありがとうございます。
posted by ステージタイガー at 05:11| 大阪 ☁| ダイバー・シティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする