ステージタイガーへ

2017年04月27日

SHINE LIKE A BILLION SUNS

あれよあれよで本番一週間前。
ザキ有馬です。

今日は通し稽古を実施。
通し前に殺陣の段取りを確認。え、今回アクションあるのか? あるみたいです。86041720-B46D-4FA3-9143-B3810F264710.png

肺活量の限界に挑戦させるモノローグ。
セリフとして語られない関係性まで見せるダイアローグ。
コンビネーションの妙を要求するムーブメント。
一人になって静かに沸き立つ俳優の存在感。
20分という限られた時間で、ありったけの演劇を注ぎ込みます。
0E5FAF6E-BB68-46BA-9021-96B0166E3F93.png

泣く泣く切ったセリフや無くしたやりとりも多いけど、きっと濃縮された何かとして舞台上に残ることでしょう。

今回の主人公、佐野巡。
一度は映画監督を夢見て都会に行き、夢破れてイロモノ零細企画会社に入った男。
そんな彼が巡り巡って地元に戻り、あの人とこの町に再会する。
今までの成功も失敗も、きっと何かの糧になる。
太陽とは程遠い奴も太陽みたいに輝く瞬間がある。
「太陽みたいな男たち」は、そんな演劇です。
B5EB254F-9BA2-4787-B85F-CAA07ADB4554.jpg
第2稽古場でキラッキラした顔しちゃって、もう。


posted by ステージタイガー at 17:59| 大阪 ☁| 太陽みたいな男たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする