ステージタイガーへ

2018年01月09日

ラフ&ポップ(めいめい)

虎本です。
SNSでもある通り、今日もダンス稽古でした。

めいめい稽古場写真 #1_180109_0334.jpg

KEIICHIRO君指導のもと、何とか最後まで構成も付きました。

今回のめいめいのダンス、一言でいうなら
『ポップ』
主人公が女子高生…という事もあり、随所随所にかわいさ、躍動感みたいなものがあふれています。

めいめい稽古場写真 #1_180109_0331.jpg


めいめい稽古場写真 #1_180109_0332.jpg

個人的には男性陣がその辺をどう解釈し、表現するのか見物やと思います。

めいめい稽古場写真 #1_180109_0329.jpg


丸々3時間、踊りっぱなし。
ラストは、一つでも間違いがあれば最初から音楽かけ直し、という鬼のような練習。

めいめい稽古場写真 #1_180109_0341.jpg

ポップの裏はハード。
休憩中、皆の疲労困憊な姿を目の当たりにし、出演していない僕は何をすべきか考えました。

そうだ。
もっと、踊らせよう。


僕らは表現者。
しんどい時にしんどい顔を出してどうするんだ。
辛い時こそ笑顔を客席に振りまかなければ。

めいめい稽古場写真 #1_180109_0342.jpg

休憩中、僕は生意気にも出来の宜しくないメンバーをピックアップし、𠮟咤激励しました。

僕はお客様に喜んでもらえるなら、万雷の拍手を頂けるなら、血ヘドを吐こうが地面を這いずり回ろうが、誰かに頭下げて涙流して教えを乞うても構わないと思う。
板の上に立つとはそういう業の深い事だと思っています。

誰にだって門戸は開かれているが、ゴールの本番の舞台にたてるのは、こっち側にいれるのは、研磨され覚悟を決めた人間だけだ。
若手の多い座組だからこそ、年長者として、言葉と姿勢と結果でそれを伝えなければいけない。

当たり前だけど、振りを間違うとは、台詞を間違えるのと同じ。
笑い事じゃない、俳優なら悔しくて眠れないはずだ。

KEIICHIRO君がかなり『演劇寄り』なダンスを考えてくれた。
それを表現者として、どう受け止め、どう昇華するのか。
各位の努力と研鑽に期待しつつ。

間もなく通し稽古。打てば響くメンツと思いました。
シビアに行きます。

虎本剛

posted by ステージタイガー at 00:38| 大阪 ☔| めいめい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする