ステージタイガーへ

2018年03月11日

松原市文化会館の稽古で俳優はそのスケールに気を引き締めた(I CONTACT)

さて、先日の稽古のお話です。
表題の通りの事がありました。
そう。

稽古場写真_180310_0831.jpg

公演会場でもある、松原市文化会館で稽古をさせていただきました。

稽古場写真_180310_0859.jpg

広い

稽古場写真_180310_0878.jpg

広い


稽古場写真_180311_0885.jpg

広い!!!!


普段の稽古場でやっている感覚ではこの空間にアジャストできない!
おそらくほとんどの俳優はその広さにタジロいだのではないでしょうか?

…けど。同じくらい、楽しみになってきたんじゃないでしょうか?

こんな広い場所であの台詞をガンガン言ってみたい!
こんな広い場所で舞台上を駆け巡りたい! と。

稽古場写真_180311_0891.jpg

稽古場写真_180311_0888.jpg

明らかに、皆のエネルギーのあて具合が変わってきたように思います。
僕も前の稽古段階から『会場が広いので』という駄目を出してきていたんですが、それを肌で、本能で感じ取ってくれたのではないかと思います。

稽古場写真_180311_0884.jpg

この客席からの拍手を全身で浴びる為に。
あと1週間。ギリギリまで…っていうか。もっと稽古したい。すればするだけ良くなるでしょう。
新たな気付きがそこにあるでしょう。
そういう、クリエイティブな時間に迫って来ているように思います。


posted by ステージタイガー at 01:20| 大阪 | I CONTACT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする