ステージタイガーへ

2018年03月12日

向き合うということ(ICONTACT)

2回目の通しに向けて、稽古場はさらに熱量を上げております。
今日は主に市役所チームのシーンを返しました。

緊迫した静かなシーンなので、写真はなし。
いい感じに反復できたのではないかと思います。

稽古場写真_180311_0944.jpg

僕は演出オーダーとして『お互いにレッテルを貼って』『そのレッテルを剥がして』
『もう一度貼り直そうとして』『でもやっぱり貼れない感じで』と複雑なオーダーをしました。
それをもの凄く端的な言葉で表すと『向き合って』という事やと思います。
自分に、他人に。

自分の心に仕舞っている小さくて大切な箱の扉を開くような、そんなシーンになりそうです。

その繊細な感じが、密室性を失い大きくなった舞台でどう表現されるのか楽しみです。

稽古場写真_180311_0940.jpg

愚かな所も、真面目な所も含めて、皆がこの作品に向き合ってくれています。

稽古場写真_180312_0957.jpg

明日は2回目の通し稽古。しかも会場である松原市文化会館にて。
楽しみでしかない。
よいものが観られると思います。

posted by ステージタイガー at 01:03| 大阪 ☀| I CONTACT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする