ステージタイガーへ

2018年03月13日

言いたいことも言えない時和ハルナじゃ(I CONTACT 役者紹介)

残り稽古もわずか。役者紹介も佳境。
さて本日は「ときぽ」こと時和ハルナのご紹介!

74FE0EC6-BD7C-414B-A633-F5A4A47BD9DE.jpg


1.自己紹介をお願いします!
→初めまして!ステージタイガーさんに初参加させて頂く、時和(ときわ)ハルナと言います!
演劇の舞台に立ちつつ、ラジオパーソナリティや、歌の活動もしています。

2.役者をはじめてどれぐらいになりますか?
→役者歴は、フリーでやって今年で4年目になります。

3.今回オーディションに参加した理由は?
→大きな舞台に立ってみたかったのと、ステージタイガーさんの創る舞台空間を演じる側で感じたかったからです。

4.今作の台本を読んでどう思いましたか。ネタバレにならない範囲で!
→色んな意味で、心に突き刺さる思いでした。台本を読む度に、私の中で強烈な自問自答が始まります。あと、少々のサスペンス的要素も重なってラストシーンもドキドキです。私は「ええええ!?」ってなりました(笑)

5.最後に意気込みをどうぞ!
→間違いなく、私がこれまで体験してきた舞台には無い感覚を得られる、そんな舞台になります。その感覚を取り逃さないよう、他の登場人物達からの言動・行動をきちんと受け取って、「嘘のない舞台」をお客様に観て頂けるよう頑張ります!


09B71507-B33E-4639-AF4E-E8BDB6885680.jpg
敬愛するピカ様Tシャツが稽古着のトレードマーク。
ふだんは好きな物を好きと言えるような彼女ですが、今回演じる「橘」はそうはいかない。

5046F9DA-ACE9-4D1F-A582-ED09B72B4D5E.jpg
白井演じる「洋輔」と同じ台場市役所に勤める人事課職員。
表舞台に立つタイプではないのか、市役所で開かれる研修にはどこか消極的。

それは特に思うところひっかるところが無いからなのか。
それとも……

舞台終盤、彼女の想いがひとつのきっかけとなって、物語はひとつの動きを見せます。
決して強くはない、度胸があるわけでもない。
ごくふつうの人間の少しばかりの勇気を、お楽しみに。

F150B7EA-0D14-4200-B1F9-9B80FA47B0DA.jpg

ステージタイガー松原公演
「I CONTACT」

【脚本演出】
虎本剛

【出演】
アミジロウ 谷屋俊輔 小野愛寿香 白井宏幸 南由希恵 ザキ有馬 鍋海光 小林聖也 椿優希(以上ステージタイガー)

秋桜天丸(うんなま/FIVE CRANEGAME) 新井聖美(テアトルアカデミー) 池野敬司 (エーライツ) 江本真里子 かける  辻るりこ(売込隊ビーム/baghdad cafe') 土井達也 時和ハルナ 徳山みなみ 仲田クミ 西川さやか(月曜劇団) 日昇(うましかやろう) 風太郎(劇団月光斜 team bkc) 道井萌(エーライツ/劇団あかえんぴつ) 山田ありさ

【あらすじ】
「町役場で働く三輪洋輔は、自殺を未然に予防する「ゲートキーパー」と呼ばれる人材育成事業を手伝っている。 悩む人に関わるとは何か?救うとは何か? 自問自答しつつ、どこか他人事だ…と思っていた洋輔。 そんな洋輔の家のポストに、匿名の手紙が舞い込む。それは命に係わる重要な相談だった。 相手は誰か? 心当たりを探す洋輔。 同居する妹・洋歌の勤めるコールセンターでは連日のクレーム対応で皆が疲弊しきっていた。 その弟・洋彰の所属する陸上部では派閥争いで内部分裂を起こしていた。 町を巻き込む大騒動は、やがて1つの思いに繋がってゆく。」

【日時】
平成30年3月17日(土)

【開演】
午後3時00分(開場は開演の30分前)

【会場】
松原市文化会館<全席自由>

【料金】
入場無料(要 入場整理券)

【整理券配布及び予約(当日劇場にて受付)について】
人権交流室・人権交流センター(はーとビュー)・松原市文化会館・ゆめニティプラザ・ふるさとぴあプラザで配布、定員になり次第配布終了。
(予約 お手元に整理券がなくても、下記サイトで登録していただいた方には、当日劇場にて受付させていただきます)


【問合せ】
松原市文化会館(072−336−5755)

【主催】
松原市・(財)松原市文化情報振興事業団

posted by ステージタイガー at 23:03| 大阪 | I CONTACT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする