ステージタイガーへ

2019年11月26日

殺陣稽古の巻(白井)

D8E929F4-62D5-4940-9213-84CD91FBC29F.jpeg

こんにちは。
稽古場ブログでもなかなかのごぶさたをしておりました、白井です。
今は、来年の2月に公演のある「華よ咲け」のお稽古の真っ最中です。
僕も11月頭の突劇金魚さんへの客演におでかけしておりましたもんで、
顔合わせから、少し日が経ってしまってました。

今回も、初めましての方が多いので、
少しづつ、どんな方なんだろうか、って思いながら、手合わせをしていきたいと思っています。
おしゃべりとかも、それなりにすりゃいいけど、手合わせ、息合わせ、肌合わせ、そんな感じ。
頭で考えるよりも、感じることができたらいいなと。
でも、なるべく日本語も丁寧に駆使して、いい作品にしていきたいと思っています。

今回は平宅ティーチャーの教えの元、殺陣の稽古に勤しみます。
基本の構えからいくつかの手を教えてもらうんだけれども、
基本の構えが一番大変。
構えては整え、構えては整え、

8B90EFE0-1192-43A4-AC4B-9599EAF26CAB.jpeg

今回の作品は、時代劇。
一言に時代劇って、なんなんだろう、って。
そういえばわかりやすいからって理由で、時代劇、って言ってるけれども、

剣術めっちゃ強い桜が死体がベターってなってるところに立ってる人斬りの壱丸に出会う!

ってこんな感じに書いてるからには、ねぇ。
江戸の小さな剣道場にとかってかてるからには、ねえ。
簡単にわかりやすいジャンルとしてお伝えすると時代劇。って言った方がわかりやすい。

作家センセは「ようし!時代劇を描くぞ!」って書いたわけじゃないだろうけれど、
僕らはその時代に生きる人間をするわけだからなるべく調べ物をしたり所作を学んだり、
得たものの中から、使うもの、使わないもの、を選んでいかなきゃなと、思っとるわけです。
そんなこんなで、殺陣稽古。配役によっては殺陣をやる人もやらない人も、なるべくみんなでとりかかります。
やってて損はないからね。できるだけ、限られれた時間を真剣に真剣に
なけなしの命がひとつ、どうせなら使い果たそうぜってもんで。

83005E69-1750-4818-8629-CBA4B0D2BEB2.jpeg

まだまだ、これから、稽古は進みます。
ちょっとずつ、キャストや学生さんを紹介していけると思いますんでね、お待ちくださいな。

SHASEN × ステージタイガー
『華よ咲け』
演出:虎本 剛 作:松橋 結衣

【日時】
2020年2月1日(土)〜2日(日)
1日(土) 19:00~
2日(日) 13:00~ / 17:00~
※ 全3ステージ
※ 開場は開演の30分前、受付開始は1時間前
※ 3歳未満 入場不可

【会場】
あべのハルカス近鉄本店ウイング館8階 近鉄アート館
〒545-8545 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1丁目1番地43号
電話:06-6622-8802 ホームページ:https://kintetsuartkan.jp

【料金】
一般 前売 2,500円
当日 精算 2,800円 当日3,000円
※ 全席指定


劇場でお待ちしております!
posted by ステージタイガー at 22:57| 大阪 ☔| 華よ咲け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする