ステージタイガーへ

2008年09月20日

稽古場日記『秋はじまり』

おいおい、野球が大変な事になってるよ!
ハラハラドキドキの稽古場日記です。

さて、今日から特攻舞台Baku-団の基礎練習が開始。
関西若手劇団の中で最も『不必要に』ハードと言われる練習の虫、レッスンホリック、特攻舞台。

今日の参加者は客演で忙しいメンバー以外の(別に暇じゃないですよっ!)

水本、鈴木、谷屋、秋葉、友田。

古参メンバーばっかり!

病的船団が終わって燃え尽き症候群よろしく、完全になまった身体にむち打っていざ、稽古。


さて、今日のメニューは

1 ミスターストイック、水本によるサーキットトレーニング
2 鈴木リーダーによる発声
3 鈴木、谷屋によるインプロ
4 台本を使った読み合わせ

と相成りました。

すでに最初の筋トレの時点で超汗だく。
床面が水浸しになるほど、汗かきました。
そりゃ、劇団員皆マッチョになるわっ!

で、ポイントは4の台本。
そう、もう次の公演に向けて特攻舞台Baku-団は走り始めました。

近日中に公開できるかと。
新しい事に挑戦しますよー!
posted by ステージタイガー at 01:24| 大阪 ☀| 【旧】稽古場日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月13日

優秀劇団賞をとって

最優秀? 優秀? とにもかくにも、特攻舞台Baku-団が賞をいただきました。
公に発表できるもので、賞をいただいたのは、初めてです。
ありがとうございます。

と、前置きはやめて。

めっちゃうれしいい!
叫ぶぜ!

めっちゃあああああああ! うれしいいいいいいいいいいい!!!!!


僕は、今の気持ちを、僕の言葉で書きたい。

実は、スペースドラマに挑むのは3回目(1回は特別招致劇団枠で、対称外)で。
つまり、今まで2回、負けていた。
演劇に勝ち負けなんてないかもしれないが、あの2回、特攻舞台Baku-団は「負けて」いたと思う。
作品の内容だけではなく、劇団として、いちクリエイターとしてアーティストとして、社会人として、未成熟であったと思う。
最初の年、旗揚げ3年目で「トゥルーフェイスとオンド」でプロレスの芝居をして。
とにかく無我夢中で。これがきっかけで鈴木が入団した。でも、賞は取れなかった。
5年目、僕のわがままで劇団員だけで役者をまかなった「絶望プゥール」。
紙芝居の要素を本編にも取り入れて。1ヶ月くらいしかない稽古期間でやっぱり無我夢中で。僕はとても好きな作品だったんだけど。これを観て、阿比留が入団して。でも、賞は取れなかった。

そのたびに、へこんで、悲しんで。自分たちに何が足りないのか、考えて。
自慢じゃないけど、劇団内で、過去、ひたすら賞にこだわってきたのが、誰あろう僕だった。常に、賞を取ることを考えていた。それはそれは愚かなほどこだわっていた。


そして今年。
例年と比べて、僕は「賞がほしい」という事はいっさい口にしなかった。
口にすると、大切な何かが逃げていきそうで、言えなかった。
硬派な男の、女性に対する「愛している」と同じくらい、価値のある言葉として言えなかった。いや、多分、怖くて言えなかった。


が、8月に入り、別の意味で、口にしなくなった。
この病的船団という作品にたずさわっていただいた数多くの人々に触れ、賞を考える頭が完全に消えていた。賞を取って欲しいと思っていた人には謝らないといけない。
本当に僕は作品を作り、届け、よりたくさんの人に観てもらう事だけを考えて、賞のことを忘れていた。

千秋楽を迎え、劇場関係者から「10日に発表します」と言葉をもらってようやく、思い出した次第だ。

実は公演が終わってから10日間は、その事が急に思い出されたのもあって頭を離れず、毎日ピリピリしていた。そのことを代表の杉岡と副代表の谷屋以外の劇団員は知らない。

今、ようやく落ち着きを取り戻しつつある。


あのとき、負けて涙した僕らと、今回の僕らは何が違うのだろう?
ゆっくりと考えたい。
今わかっているのは、僕たちが作品を作るには、とほうもない時間がかかる事と、たくさんの人の応援をいただいているという事。
スペースドラマの劇評ブログでは賛否両論あるようだけど、どの劇評にも共通して出てくるのが「客席の暖かさ」と「観客に愛されている劇団」という言葉。
最高じゃないか。特攻舞台Baku-団はそれでいいじゃないか。

僕は誓う。
あつくるしがられても、ここに誓う。僕は観客に愛され、より多くの人たちに届く作品を作る。そんなものを書く。
それは幸せかもしれないし、時に痛烈な毒かもしれない。ド下品な下ネタかもしれない。
劇団員を坊主にするし、ガチンコで殴り合うし、放送禁止用語も大量に飛ぶ。
しょっちゅう裸になる。
でも、僕らなりの愛をぶつけていきたい。

最優秀作品賞じゃない、最優秀劇団賞をもらえた事が僕にそう気づかせてくれた。


僕は器用なタイプでもないし、スマートなものいいもできない。素直に気持ちを口にするのは苦手だ。けど、今回は。
今回は、本当に、心の底から言わせてください。

ありがとうございました。
キャスト、スタッフ、客席、とにかく全ての僕が知っている、僕を知っている人に。
皆様のおかげで、ここまでやってこれました。
これからもよろしくお願いします。


特攻舞台Baku-団
水本剛
posted by ステージタイガー at 02:56| 大阪 ☁| 【旧】稽古場日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月11日

とったぞ!

200809102152000.jpg
スペースドラマ、とったぞ!!!


全ての人々に感謝!

皆が獲らせてくれた!
オレラは皆のチャンプ!

俺はピープルズチャンピオンになる!
posted by ステージタイガー at 00:08| 大阪 ☀| 【旧】稽古場日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月03日

仲間が欲しい

公演が終わりました。
疑われていた、ていうか出来つつあったポリープは現在の所、良好で。
このまま無事に終わりそうです。
ほっと一安心。

それよりも僕が今、一番願っているのは、新しい特攻舞台Baku-団のメンバーの事。

どしどし応募ください。

かんなりガッツリ演劇につけ込みたい人も、他の仕事を抱えながら参加したい方も、間口広くお待ちしております。
芝居は重いですが、劇団員のノリはかんなり軽いです。
2年前まで素人だったアビルさんが今じゃ、ヒロインで、作家の僕にもガンガン意見をいうこの事実を踏まえて、幅広く募集しています。
そういや、今回主役のカッケル役をやった伊藤しのぶも、まだ入団2年に満たない…。
キャリアが問題じゃないです。
演劇が好きかどうかだけが大事です。

一緒に演劇やりましょう。
待ってます。
posted by ステージタイガー at 01:15| 大阪 ☔| 【旧】稽古場日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月31日

『最後の航海。坊主をかけて』

いよいよ千秋楽を残すのみ!
全ステージ満員御礼。
急遽増席につき、見えづらいお客様もおられたかと思います。
申し訳ございません。

が! ですよ!
明日もまだまだ皆様のご来場、お待ちしております。
本当にたくさんの人に見てもらいたい作品なんです。
いや、それはいつもなんですが。

特攻舞台Baku-団の新しい精一杯が観られるかと思います。


200808302150000.jpg

写真は楽曲を提供して頂いた、西原さんと、さぁささん。
とってもキュート!
ありがとうございます!
他にも曲を頂いた、雪路さん、伊達雅史さん、ぷぅ吉さん。全ての人に感謝。

明日はラスト!
坊主かけて勝負や! 劇団員ども!
posted by ステージタイガー at 01:09| 大阪 ☁| 【旧】稽古場日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月26日

稽古場日記『ある程度 引きこもりは僕です』

さ、もう間もなく出航です。
が、まだまだ紹介していない役者が。


200808242022000.jpg


僕です。
水本剛です。
フルイエという引きこもりの役をやります。

ハッキリ言って、
おいしいです。
台詞は極少

なのに、ずっと出ずっぱり(苦笑)
地味に、力持ちという設定があり、その為に、無駄に鍛えてきました。
皆さんに少しでも笑ってもらえたら、幸いです。

ひっそり本編の芝居には2年ぶりくらいの復帰になります。
頑張ります。
posted by ステージタイガー at 05:37| 大阪 ☔| 【旧】稽古場日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月25日

稽古場日記『キャスト紹介 4回目の医者のあんちくしょう』

さ、ついに最後の通し稽古

8回目を終えて!
ラスト稽古は終了! ものすんごい練習した! 絆深めた!
そこで紹介するのはこの人。


200808232248000.jpg

鈴木洋平さんです。
医者のウミカゼ役です。4回目。
実は谷屋君も病的全コンプリートといいながら、D-mixにはゼクソン役は出ていない…。

つまり、このウミカゼ役鈴木こそが! 真の意味で4回とも全く同じ!

長い!

今回は稽古場のリーダーとして、ただ自分の役を全うするだけでなく、シーン全体の空気や進行を練り上げていった鈴木さん。
いつも以上に消費エネルギーも多かったはず。
そんなこんなで、鈴木さんの写真はいつも片手酒

実年齢が近づいてきた、医者、ウミカゼの苦悩をどう表現するのか?

実は病的船団の隠れコーディネーター、ウミカゼに注目です!

チケット予約、劇団史上最多のお客様にご予約いただきました。ありがとうございました。

が! まだまだ、予約受け付けております!
劇団携帯へGO!
posted by ステージタイガー at 06:58| 大阪 ☀| 【旧】稽古場日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月24日

稽古場日記『キャスト紹介 ほどほどに潔癖な自転車のり』

さあ、いよいよWebチケットの予約も締め切り!
でもまだまだ電話での予約、ガンガン受け付けております!
稽古場日記です。さあ、今日紹介するのはこいつ!

200808192148002.jpg

石神禿 です。
本編では潔癖性な男、リゲルを演じます。

石神君は変態です。
稽古場に2時間、チャリを濃いで来ます。

電車に乗ったら?
『いや、電車代がもったいないので』

原付を買ったら?
『原付に乗ると絶対事故るんで』

車は?
『興味ないんで』


そんな石神君。本編ではリゲルは超美味しい役。
初演時の作品を若干リライトした本作。
大幅に厚みが増したのは、リゲルです。
笑いあり、涙あり。いい役もろた。
ごちそうさまっていいなさい、石神君。

posted by ステージタイガー at 11:08| 大阪 ☁| 【旧】稽古場日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月23日

稽古場日記『キャスト紹介 気がつけば暴力なあんちくしょう』

ついに、ヒット数が、劇団員公式ブログを超えたぞ!
ひっそりと野望を達成した稽古場日記です。
さあ、残す稽古はあと3回!
でも、このブログはフル稼働していきますよ!
今日紹介するのは、こん人!

200808192148001.jpg


谷屋俊輔さんです。
自称、そして一部他称 看板男優の、谷屋さん。
数少ない、全ての再演されてきた病的船団に出演している人間です。
ドラゴンではいなくなってしまった、ゼクソンという役を再びやる事になります。

ゼクソンは暴力性、爆発性の高い男。
初演時はパワーとテンションで力押しで寄り切る様な演技をしていましたが、6年の時を経てどう料理するのか?
細やかな表情であったり、ゼクソンなりの揺れ動いていく変化を丁寧に捉えるよう、谷屋さんなりに新しいアプローチにチャレンジしているようです。

何にせよ、全男性キャストの中で一番背が低いのに、強く見せなきゃいけない。
そこんところにも気を使って、色々としているようですが…。

同じ役をやるというのは、プレッシャーでもあり、何よりも自分自身の成長の度合いを計るものさしになるのかもしれません。
同じゼクソンという役でも、変化している谷屋さんを観る度に、劇団として歴史を重ねてきたのだと感じます。


そして、相変わらず、ゼクソンの、
女性と絡むシーン


は苦手なようで。頑張れ! 三十路の看板男優、頭は中2!

さあ、本日で締め切り!
チケット予約は
こちら
posted by ステージタイガー at 08:26| 大阪 ☁| 【旧】稽古場日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月22日

稽古場日記『その助手は熱血に』

ソフトボールおめでとうございます!
上野投手、最高に格好いいです!
稽古場日記です。
さて、今日紹介するのは、この人。


200808192148000.jpg

白井宏幸さんです。
もうお馴染み。
本作では、助手の若手医師、セッキという役を演じます。
セッキという役は、僕、水本も過去一度演じた事のある役でして。
熱血で、真面目で、恥ずかしい程純粋な男であります。
そのくせ、難しい説明台詞も多く、常に、ポジティブに周りを見て行動していかなければいけません。
白井君も序盤からかなり苦戦していたようで。
半端ない数のダメ出しにも立ち向かっております。

難しいことはないのです。ただまっすぐに演じる事が出来るのか?
キャリアを積めば積む程難しくなるこの命題にどう答えてくれるのか?
まだまだ進化できる。
新境地を開こうとしている白井君にこうご期待!
posted by ステージタイガー at 02:41| 大阪 ☀| 【旧】稽古場日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月21日

稽古場日記『ときおり自殺願望なあなた』

もう8月も終盤。
でも僕らの本番は今まさに!
稽古場日記です。

さて、今日紹介するのは、このお方。


200808192147000.jpg

中村真利亜さんです。TAKE IT EASY!

マリアさんは、

稽古場オシャレランキング 1位
稽古場モデルなみのルックスランキング 1位
稽古場おかし登場時のテンション 1位

の3冠を他の追随を許さず達成された、素敵な方です。
短足、ムキムキ、色黒の三拍子揃った特攻舞台Baku-団において、その存在は圧倒的です。

そんなマリアさんに演じて頂くのは、自殺願望のある女性、エイン。
かんなり難しい役所を、悩みながら、相方になる谷屋さんと一緒に創り上げています。
とても繊細な役作りをされてるなと、いつも見ながら思います。
谷屋さんと、まあ何と言うか、軽い、ラブシーン的なものがあるのですが、

谷屋さんと身長が一緒。
なのに、顔の大きさが1/2

な所が、泣けます。

そう、エインというのは、涙と愛に飢えた女性でして。
この病的船団ではある意味、一番、生々しくもしたたかな登場人物なのかも、と思います。
『心をえぐるような芝居がしたいなぁ』
と、帰りの電車でおっしゃっていたのが印象的です。

えぐろうじゃないのさ! 心をさ! 
創ろうじゃないのさ! そういう芝居をさ!

客演という垣根を超え、作品作りに、忌憚なく参加してくれるマリアさん。
稽古場では、水本&鈴木がいう意味不明な演出プランをかなり噛み砕いて説明してくれます。ありがたやー。

さ、皆様、そんなマリアさんを拝みに、お寺の應典院にいらっしゃい。
エインとともに、生命を感じましょうぞ。
posted by ステージタイガー at 06:20| 大阪 ☀| 【旧】稽古場日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月19日

稽古場日記『キャスト紹介 たいがい拒食を目指して』

飛行機が道路に着陸しても、我が船は沈まず。
いよいよ1週間後には舞台の上、稽古場日記です。
さて、今日紹介するのはこの方。


200808171931000.jpg

本條マキさんです。
特攻舞台Baku-団が劇団ぐるみでお世話になっています、France_panさんの素敵な女優さんです。

本編では拒食症のカイという役をやって頂くのですが、この役の為に、とんでもないダイエットに挑戦して頂いて、皆心配するくらい、頬がこけてきました。役者根性。
デニーロ風演技アプローチです。
だけど、本條さんが凄いのはその外面の作りではなく、カイという役の内面のアプローチ。
はっきりというと、派手な役回りではないのですが、稽古場では誰よりも心を掴む演技を披露してくれます。正直、泣けます。彼女の演技。
とても丁寧に繊細に役を積み重ねていくその一貫性は、僕も同世代の人間として、尊敬し、学ばせて頂かねばならないと思っています。

普段もとても真面目できさくで、穏やかな本條さん。
特攻舞台Baku-団の野獣達も稽古場で思わず、大人しくなってしまう程の素敵さをありがとう。
感謝の意味を込めて、本條さんだけ衣装のモザイクを気持ちステキ風にしてみました。

さあ、そんな一夏かけた本條さんの役作りの成果を是非お楽しみに!

posted by ステージタイガー at 14:31| 大阪 ☁| 【旧】稽古場日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

稽古場日記『チケット予約は23日締め切りです!』

劉翔! 僕たちはハードルを跳ぶぞ! 稽古場日記です。

さあ、今日も通し稽古! 通算六回目!

大分、キャスト間で共通認識が持たれ、ぐっと雰囲気が上がって来たように思います。
衣装、音楽、小道具も揃い、イメージが共有しやすくなったからかもしれません。
この病的船団という作品に対する思いがそうさせはじめたのかもしれません。
とにかく、6回目にしてようやく、思い描いていたゴールが見えてきました。
が、まだまだ。
まだまだ進化させなければいけないと思います。

小さい所の動きも、どの座席から見てもわかるように死角を無くしていかないと…。
なんてったって今回の作品は座る所が違うだけで、大分見え方が変わる構造になっています。多分、どの席もお勧めです。
見に来て頂けるお客様の数だけ、病的船団は変わっていく、そんな作品になりそうです。

さて、見に来るといえば!

200808172201000.jpg


今日、稽古場に、元劇団員の熊本早百合が来ました!
熊本早百合といえば、初演病的のポプリ役!
当時、まだまだ若かった熊本と苦労しながら、一緒に芝居を作ったのが、昨日のように思い出されます。
思わず、新旧ポプリでパチり。

熊本も、ちょっと見ただけで、どのシーンかすぐ分かるというほど、思い入れの多い本作。
こうして、キャストもスタッフも変わりながら、何度も再演される。この病的船団という作品には不思議な力があるのかもしれません。
以前、来てもらった川上もそう。
病的で出会い、別れ。また病的で再会して(苦笑)
いつも劇団の節目にあった、この病的船団。
この作品にふれあう度に、何か大人になっていく気がします。
きっと今回も特攻舞台Baku-団にとって忘れられない公演になるでしょう。

なんて、感傷に浸ってみたりして。

そんな暇があれば、もっともっと面白くしていかないと。

で、ですよ。
その病的船団のWebチケット予約が、

23日(土)に迫りました


すでに売り切れ、座席僅少のステージもあります。
是非、予約を。

そして、今回は予約特典が凄い!!
なんと、

なんかの映像がついてくる


いや、この映像が凄い。
あ、いいのかな、言っちゃって。
病的船団に関する、ある公演丸々入っています。信じられなーい!!!!
超太っ腹。いいの? いいの? これ?

是非是非、ご予約くださいまし。
チケット予約は、
こちら!
posted by ステージタイガー at 01:35| 大阪 ☁| 【旧】稽古場日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月18日

稽古場日記『キャスト紹介 ハイテンションアドリブマスター』

ジャマイカは速い!
疾走する稽古場日記です。
さあ、今日紹介するのは、この人。


200808171931001.jpg

上田ダイゴさんです。
特攻舞台Baku-団ではアドシバ!でお馴染みの、支配人にして名司会者です。

が、今回は役者として!
初めての共演です。ドキドキ。

ダイゴさんはイズツという、なかなかに神経質な男を演じてもらいます。
その細やかな積み重ねとキレのある台詞は稽古場をいつもリードしてくれます。
しかし、それ以上に稽古場をホットにしてくれるのは、ダイゴさんのアドリブ!
こりゃ、やべええ。

真面目なシーンなのに、おもわず吹き出してしまう。
普段は、自分らもバンバンアドリブを入れる、荒武者の水本、鈴木、谷屋も、これには脱帽ものです。
実は今回の最年長のダイゴさん。なのに、一番のベビーフェイス。
とっても肌が白くて繊細なダイゴさん。なので、塗るのはベビーオイル。

さあ、ダイゴさんがどのようにイズツ役を練り上げていってくれるか、楽しみです。

写真にモザイクがかかっているのは、衣装のネタバレを防ぐ為です。
ダイゴさんが全裸なわけではありません。


posted by ステージタイガー at 11:35| 大阪 ☁| 【旧】稽古場日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月17日

稽古場日記『キャスト紹介 ちょいと幼児癖な君へ』

さあ、そろそろ稽古場日記も追い上げ!
キャスト・登場人物を紹介させて頂きますよ!
今回紹介するのは、このコ!

200808162042000.jpg


阿比留真子です。
演じる役は、ポプリという、幼児癖のある女性です。
いうなれば、この病気船団のヒロインにあたる役です。
誰よりも幼く、純粋に、でもまっすぐに愚鈍にひた走る、ポプリという役をどう演じるのか?

関西小劇場界で最もアホなんじゃないかと疑われている阿比留が、体当たりで挑みます。
稽古を終えれば、汗がビッチョリ。心身ともに極限に達していただきます。
今日の稽古ではラスト、とても長い台詞があるのですが、それをいかに感情を乗せるか苦労している彼女の姿がありました。
難しい事を考えるな! 魂でぶつかればいいんだ!
ちなみに、あびる という漢字は、僕は
『阿呆 比べる 留年』と打ち込んで変換しています。読んで字のごとし。
誰よりも愚かにぶつかっていくアビルにこうご期待!

チケット予約は
こちら
posted by ステージタイガー at 02:48| 大阪 ☁| 【旧】稽古場日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

稽古場日記『傷ついて抱き寄せて』

さあ、いよいよ1週間と迫って参りました。
特攻舞台Baku-団、病的船団の稽古場日記です。
さあ、今日の稽古場は


200808162040000.jpg



抱き合う2人!



おう、これは…そう、まさしく、それは

ラストシーン!

傷ついた主人公は、何を求めるのか。
稽古場はさらなる感動のラストを追い求め、奮闘中です。
今日も9時間、みっーちり稽古。

病的船団は、特攻舞台Baku-団がお送りする、大切な愛の話なのです。

チケット予約は

こちら!

posted by ステージタイガー at 02:35| 大阪 ☁| 【旧】稽古場日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月14日

稽古場日記『結晶』

稽古場にミツナ&マスミ が遊びに来たぞー!


200808122147000.jpg


近寄っただけで、マスミ号泣だぞー!
強くなれ!

そんな中、僕らは5回目の通し。ヘロヘロ。
が!
一番大きな問題点が見えて来ました。
感動的なラストへ向けて…。
これから、2週間、鍛え上げます。
posted by ステージタイガー at 11:14| 大阪 ☁| 【旧】稽古場日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

稽古場日記『そして海原へ 船大工の旅』

さて、ついに2週間を切りました。病的船団。
この時期になれば、稽古だけではなく、様々な舞台を彩るアイテム達が集約されてきます。



200808121654000.jpg


今週は大道具週刊! ということで、西本君の美術プランにうならされながら、杉岡マスター指示の元、トンテンカンテン。

舞台美術も今回は大掛かりですよ!
いったいどんな船が出来上がるのか?


この作品は 船=街

というモチーフの考えから始まるストーリー。
果たして、どんな街がそこにできあがるのかっ!?

それは、観てのお楽しみ、という事で…。
posted by ステージタイガー at 11:08| 大阪 ☁| 【旧】稽古場日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月12日

稽古場日記『ドレス』

さて、本日は、衣装小道具をバッチリつけての、ドレスリハーサル!
しかも場所は、本番と同じく、シアトリカル應典院!

200808101653000.jpg


嫌が応にも気合いはいりまくりです。
このドレスリハーサルで既に、通し稽古4回目。
まだまだ課題は山積みです。
常に進化と継続を。
大分、主人公、カッケルの演技にも一貫性が見えて来たように思います。
それぞれのキャラクターの立たせ方も、共通認識が出来て来たと感じました。
この病的船団という作品は、とにもかくにも、FOR THE TEAMを考えて動かねばなりません。皆でどのシーンもイメージを共有しておくことが大事になります。

通し後は、各シーンの転換の練習を。
特攻舞台Baku-団のクール&ビューティーの名を欲しいままにする、イリエ先生のお力を借りつつ。
果たして、この転換シーンがうまくいくのか?
まだまだ実験は続きます。


売り切れステージあります。チケット予約は
こちら
posted by ステージタイガー at 05:49| 大阪 ☁| 【旧】稽古場日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

稽古場日記『まごにも…』

さああ! いよいよ2週間です。
病的船団稽古場日記ももっと加速しますよ。更新このところ遅れていましたが、これからは毎日更新します! …頑張ります。

さて、今回の病気船団。
見所の一つが、田中秀彦氏に創り上げられた



:


オリジナル衣装

こればかりは全体をお見せできないのですが、なるほど。今回の空間にバッチリマッチングしたステキ衣装になっていますよ。

谷屋くんは、決して全裸になってるわけではありません。
この衣装をどう使って動くのか?
これもポイントになってきそうです。

さあ、近づく、ドレスリハーサル(衣装を着けての通し稽古の事)
気合い入れていきますよっ!

売り切れステージあります。チケット予約は
こちら
posted by ステージタイガー at 05:43| 大阪 ☁| 【旧】稽古場日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする