ステージタイガーへ

2016年10月06日

チャバを退けて(OVER & OVER)

物事には因果というものがある。
逃れられない宿命というものがある。
本日は彼の台風「チャバ」がやってくる予定であった。
900を少し上回る程度のとても低い低気圧を伴い瞬間最大風速70mを超える、
いわゆる「超大型台風」である。
早い話が、雨が降る予定なんである。
雨が降る予定というのは濡れることが確定しているんである。
夕方からの稽古場の都合上警報が発令された場合には即刻退出しなければまならない。
そうなった場合には稽古ができない!僕らは日中大層気を揉んでいたものである。

結局気象庁は警報を大阪府下には発令することなく、御堂筋だけは止めたが、
僕らは稽古をすることができた。
IMG_9891.JPG
青木さんなんてこんな浮かれようである。
「セミ」という役割を多大な躍動感をもって演じてくれる。尊敬すべき先輩である。
だが、ほんの小さな誤算があった。
台風が逸れたことに気を良くした我々はエアコンをつけることも忘れて3時間の稽古に没頭。
男3人、狭い部屋の中、走り回り、声を撒き散らし、汗を撒き散らし。
結果この通りである。

この写真は稽古が始まって30分程度後に取られたものであるが、シャツは変色している。
この後、この汗は冷え、固まり、カピカピになる。
生きている証というものである。
IMG_9892.JPG
その後、稽古は続き、感動のシーンへ。
仲間の手助けの甲斐あって、友人が勇気を振り絞ることができるというシーン。
達成感と、喜びの元、3人のおっさん、おっ3は、抱き合うのである。

雨には濡れなかったが、おっさんに濡れる。
最高の稽古場ではないか。
中学生の度肝を抜かせるために、おっさんは(足)掻く(汗を)。
posted by ステージタイガー at 00:17| 大阪 ☁| OVER & OVER U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月04日

稽古再開!

IMG_9884.JPG
ステージタイガーの作品作りとしては久々の稽古と言えます。
この作品は「OVER & OVER」という作品で、今年4月27日に福泉中学校で上演された作品の再演となります。
10月の後半にとある学校にて再度ブラッシュアップした状態で再演を迎えます。
今回はアミジロウに代わりArtistUnitイカスケさんより青木道弘さんを迎えての劇作となります。
小野愛寿香、白井宏幸、虎本剛、そして青木道弘。
この四人で、初めて演劇に出会うかもしれない中学生に激情をぶつけます。

設定は定時制高校に通う人々のあれこれ。
伝えたいことはタイトルそのままです。「なんどでもなんどでも」
なので、僕らも演じます、何度でも何度でも。
今のところは学校の芸術鑑賞のみでの上演の本作品ではありますが、
いつの日か、この作品を皆さまの前にお出しすることがあることを願いつつ。

ま、さりとて、目下、中学生たちをギャフンと言わせるために稽古に取り組んでおります。
キャストが代わることで得られる新鮮さというものは、役者にとってとてもよい糧になります。
稽古。というものです。これは今後全ての作品に関わる稽古をこの作品の稽古の中でできるという。
まさに二重の意味のある稽古を積めるわけなんです。
というわけで、残念ながら、このブログを読まれている大方の皆さまにはご覧いただけませんが、
この作品を作ることを通じて得られたことは来年の「ファイアフライ」に生きていくと思います。

とにかく、がんばるだけ。
ここはいつも通り。
posted by ステージタイガー at 02:54| 大阪 ☁| OVER & OVER U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする