ステージタイガーへ

2017年11月17日

出演者紹介!! 虎本剛 → 谷屋俊輔

虎本剛です。
クロス×シーンの出演者、谷屋俊輔を紹介させてもらいます。
かれこれ大学からの付き合いですが。
僕が分析するに、俳優に能力や技術のパラメーターがあって。
発声、身体能力、ビジュアル、感情表現、空間把握、意識の分散などなど。
それを6角形のグラフに数値化できるとして…
IMG_6146.JPG
残念ながら谷屋君は決して大きな6角形にはならないかもしれません。
が。
ある一点において他の追随を許さぬ突出をしている歪なものになると思います。
それは『人間的魅力』というものではないでしょうか。別の言葉なら人間力。
昔から彼の周りには常に人だかりが出来ます。ナチュラルボーン人気者。
その点においてはどんなに努力しても勝てないな…と思います。
役を演じる上で、別人演じるねんから本人の人間力なんか関係あるかい!とおっしゃる方もおられると思います。
けど。
今回彼が演じるのは、保坂優輔。
そうです。この物語の主役です。
IMG_6147.JPG
この役は彼の為にあると言っても過言ではありません。
いやむしろ、彼にしか出来ないと思います。
なぜなら、僕が『彼の為に』 『彼をイメージして』書いたからです。

所謂『アテがき』というものをしています。
本人は「俺、こんな人間ちゃうで」というかもしれませんが、
かれこれ出会って20年になる僕が公私共々体感してきた取材に基づいて書き上げたつもりです。
彼の人間力無くして、成立はしません。

保坂優輔は
誰にでも優しいですが
いざという時にシビアな態度を取れない。
保坂優輔は
柔らかく全てを受け止めてくれますが
優柔不断で何かを決める事が出来ない。
保坂優輔は
強い野心も欲望も無いが
夢がないわけでもなく幸せを追い求めている。
だから保坂優輔は毎日走るのだ。
IMG_6145.JPG
そんな男の一生を谷屋君に演じてもらいたい。
お手数ですが、上の保坂優輔という名前を谷屋俊輔に置き換えてもう一度読んでみて下さい。
どうでしょうか。

何の特別なモノもない男が、幸せに向かってひた走る、そんな演劇を作っています。

----------

ステージタイガー「クロス×シーン」

【公演日時】
2017年11月17日(金)〜11月19日(日)
11月17日(金)19:30〜
11月18日(土)14:00〜/18:00〜
11月19日(日)13:00〜/17:00〜

【会場】
アイホール

【料金】
一般 前売り3500円
学割1000円(大学生含む、要学生書提示)
※開場は開演の30分前、受付開始は45分前
※全席指定席

【チケット予約】
ご予約はこちらから!

【作演出】
虎本 剛

【出演】
谷屋俊輔
白井宏幸
アミジロウ
梅田脩平
ザキ有馬
鍋海光
小林聖也
椿優希
小野愛寿香
南由希恵
竹林なつ帆
虎本剛(以上 ステージタイガー)

宮川サキ(sunday)

Zキャスト(日替わりゲスト)
11月17日(金)19:30〜 野村有志(オパンポン創造社)
11月18日(土)14:00〜 とみずみほ/18:00〜 ネコ・ザ・ポンティ (元ステージタイガー)
11月19日(日)13:00〜 大熊隆太郎(劇団 壱劇屋)/17:00〜 伊藤えん魔

【特設サイトアドレス】
st-tg.net/_ps/cs

こりっちへの「観たい!」コメントもよろしくお願い致します!

posted by ステージタイガー at 00:50| 大阪 ☀| クロス×シーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月16日

出演者紹介!!ザキ有馬→虎本剛

虎本剛

EA8B3074-E9EC-4768-AA28-7C7FEBECEF3F.jpg

言うまでもなく今作の作演出、そして役者。
散々語り尽くされてるような気もするけど、僕からこの人の紹介をするのは初めてのような気もするので(いや協走組曲のDMで出演者を全員書いた気もするけど、だいぶ前の話だし置いておく)改めての気持ちで綴ります。

はじめてお会いしたのは、僕が大学の演劇サークルで活動していたころ、茨木で見た市民演劇だったような気がします。その際の役はたしか「閻魔大王」。
第一印象は舞台の上でも外でも大きく変わらず閻魔、帝王、大魔王。強面の方だと思いました。
そして大学のOBの先輩ということも知る。

当時OBという存在が苦手でした。誤解を恐れずに言うと卒業して演劇を作る側から離れた一部のOBが大嫌いでした。
公演のたびに最前列で「俺たち偉いぞ」と言わんばかりの態度を放ち、公演後散々に酷評していく奴らを「いま退いてる癖にゴチャゴチャ言ってんじゃねえよ」と心底憎んでました。(もちろん、今の自分と後輩のことを考えて適切なアドバイスをしてくれる方もいて、そういった方は尊敬していましたが。)

だから劇団を引っさげ現在進行形で舞台に立ち続けてる、という先輩は未知の存在でもあり、理想でもあり、当時の僕としてはとにかくもう、ド偉い衝撃の出会いでした。
僕の嫌いな先輩が、名前を聞いただけで口籠ってしまうような、上の次元の存在。


D8DA5EBF-03B1-4BCF-841E-8EDD5B817ACB.jpg

その後紆余曲折を経て劇団に入ってかれこれ五年。
印象の大きな軸は変わってません。ただその厳しさは舞台に立つための必要な厳しさで、劇団の皆を舞台に立たせ続けるための優しさでした。

剛さん自身は「一人で何でも出来る人」で、脚本も演出も役者もやるし、なによりも仕事が早い、という「強い人」で。
でも弱い人、うまくいかない人、やりたいのにできない人、抱えたいる人にも寄り添える「優しい人」。

続けてる人間でありながら、演劇を辞めざるを得なかった人、違う道、袂を分かつ道を選んだ人の気持ちを、理解出来る人。

虎本脚本からはその優しさと、どんな人間でも、頑張れば幸せになれるんだというメッセージに溢れてるように思えます。

実は最近、ステージタイガーの劇団紹介テキストが変わりました。
以前は「超体育会系演劇」を推してましたが、それが変化しました。
もちろんぼくたち劇団員の変化もあるけども、作演を担う剛さんの変化もきっと多大にあるわけで。


D22ED917-7626-488C-B793-2F6A8689A8FD.jpg
今回の剛さんが担う「研次」という役。
いままで俳優虎本剛が演じてきた役と少し違う所があります。
いままでの役は自身でも言っていたように、賑やかしであるとか、物語上の壁のような、ギミック的な出番が多かったに思えますが、
今作では弱い所があって、でも誰かのために頑張れる人間で、主人公の人生に大きな影響を与えた人間を演じてます。

一人の人間が、何を感じ、悲しみ、怒り、落ち込み、
何と出会い、喜び、力をもらい、許し、幸せになっていったのか。
誇張もせず矮小もさせず、この演劇人の等身大の人生を描いたのがステージタイガーの作品だと思います。
そしてそれはきっと、あなたに寄り添うものです。
きっと観てもらえれば、何か響くものがあると思います。

いよいよ金曜から。まだまだお席はあります。
お時間都合が合うならば、どうか劇場でお会いいたしましょう。

6355FA54-ADB4-4E6B-B23D-8BFEE64DBDFC.jpg

−−−−−

ステージタイガー「クロス×シーン」

【公演日時】
2017年11月17日(金)〜11月19日(日)
11月17日(金)19:30〜
11月18日(土)14:00〜/18:00〜
11月19日(日)13:00〜/17:00〜

【会場】
アイホール

【料金】
一般 前売り3500円
学割1000円(大学生含む、要学生書提示)
※開場は開演の30分前、受付開始は45分前
※全席指定席

【チケット予約】

【作演出】
虎本 剛

【出演】
谷屋俊輔
白井宏幸
アミジロウ
梅田脩平
ザキ有馬
鍋海光
小林聖也
椿優希
小野愛寿香
南由希恵
竹林なつ帆
虎本剛(以上 ステージタイガー)

宮川サキ(sunday)

Zキャスト(日替わりゲスト)
11月17日(金)19:30〜 野村有志(オパンポン創造社)
11月18日(土)14:00〜 とみずみほ/18:00〜 ネコ・ザ・ポンティ (元ステージタイガー)
11月19日(日)13:00〜 大熊隆太郎(劇団 壱劇屋)/17:00〜 伊藤えん魔

【特設サイトアドレス】
こりっちへの「観たい!」コメントもよろしくお願い致します!

posted by ステージタイガー at 00:42| 大阪 ☀| クロス×シーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最終稽古を終えて(虎本)

虎本です。
今日でクロス×シーンの稽古は最後。
昨日の通しを経て出たチェックポイントを確認。

稽古場写真 #1_171116_0002.jpg

さらに熱く

稽古場写真 #1_171116_0001.jpg

さらに切なく

稽古場写真_171116_0994.jpg

さらに面白くなるよう時間ギリギリまで反復稽古。
ちなみに、3時間に及ぶ稽古の前に若手の何人かが有志で集まり、自主練習していたとか。
いい根性じゃねえか。
望むところだ!!!!

というわけで。

稽古場写真_171116_0987.jpg

若手にはこうするんや!と直接指導!

稽古場写真_171116_1000.jpg

何度も何度もシーンを返していきました。
何だかこの芝居、全てのシーンが愛おしい。全てに意味があり、全てにまだ掘り超すべき鉱脈が存在する。

稽古場写真_171116_0991.jpg

演出の僕の手を離れ、皆の力で物語が、登場人物達がそこに浮き上がり始めています。

正直に言おう。
小屋入り、超楽しみ。
本番、超楽しみ。

後はお客様がいっぱいいっぱい来てくれるだけ!

クロス×シーン、期待してて下さい。
なお、この稽古場日記は本番中もガンガン更新します。そこの所もご期待ください。

posted by ステージタイガー at 00:25| 大阪 ☀| クロス×シーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月15日

出演者紹介!! 谷屋俊輔→鍋海光

やぁやぁ。
稽古も佳境も佳境!「クロス×シーン」
出演者紹介。
タニーャとこ谷屋からは鍋ちゃんこと鍋海光をご紹介!
20171115110911178.jpg
鍋ちゃん。
スマイルのかわいい、ステージタイガーの癒し系。
若手、若手と思っていたら、小林、椿そして竹林も…なんか今年の新人植物カンケーの名前ばっかやなぁ
あ、話逸れました!
そう鍋ちゃん!
若手、若手と思っていたら後輩が出来て、すっかりお兄さんに


うーん……。



なってなかった!(笑)
や、なってるんです!着実に進歩してるんです!

なんでかね、鍋ちゃんに対する周りの求めるハードルが、何段か高いんですよね。

タイガーでの僕との絡みもそう!

ここ数年恒例の、ゴールデンウィーク中之島春の文化祭ではザキ有馬の作演出のもと、二年連続、僕とメイン!
先日、上演された有馬九丁目×ステージタイガーの「METRO」でも主役!と劇団内外からの期待も並外れ!

そんな鍋ちゃんの今回の主な配役は
20171115112027084.jpg

や。皆さんの今、アタマに浮かんだ雑魚とは違いますんやで
20171115112352243.jpg

ステージタイガーはZAKOが大好き!
好き過ぎて、今回、日替わりスペシャルゲストにも日替わりZキャストって名づけるくらい。好き。


ZAKO。
それはただの端役ではない、増幅装置。そのシーンのメインストリームを、物語を、そのリアクションで大きくする名脇役。


ZAKO。
それはスーパーサブ。時に大きく前に出て試合を盛り上げ、メインストリームをアシスト。華麗なパスを送る。

そう、超難しくて、、やりがいのあるんです!
やりたい!ZAKO!


このZポジションを新人二人を引き連れ駆け回ります!
頼むぜ!お兄ちゃん!
20171115112517563.jpg

そして。
鍋ちゃんには、もう一役。
今回、谷屋演じる主役・保坂優輔にとって大事な存在としても登場。
鍋ちゃんのもう一つの見どころはきっとココ!
20171115112533376.jpg
ひとりがたり。

とあるシーンをひとりで切り盛りします(ネタバレぎりぎり(笑))

ね。期待されまくりなワケでしょ。
そりゃハードル上がりまくりますよ(笑)

一緒に越えて行こうね。始。
20171115112613283.jpg



鍋ちゃん。
20171115113211980.jpg
そんな、「クロス×シーン」
はもう今週末!!
まだまだお席あります!
沢山の御来場お待ちしております…特に…土曜夜(笑)
日替わりZは元タイガー!ネコ ザ ポンティでっせ!
20171115113018776.jpg
ほなまた劇場で!

----------

ステージタイガー「クロス×シーン」

【公演日時】
2017年11月17日(金)〜11月19日(日)
11月17日(金)19:30〜
11月18日(土)14:00〜/18:00〜
11月19日(日)13:00〜/17:00〜

【会場】
アイホール

【料金】
一般 前売り3500円
学割1000円(大学生含む、要学生書提示)
※開場は開演の30分前、受付開始は45分前
※全席指定席

【チケット予約】
ご予約はこちらから!

【作演出】
虎本 剛

【出演】
谷屋俊輔
白井宏幸
アミジロウ
梅田脩平
ザキ有馬
鍋海光
小林聖也
椿優希
小野愛寿香
南由希恵
竹林なつ帆
虎本剛(以上 ステージタイガー)

宮川サキ(sunday)

Zキャスト(日替わりゲスト)
11月17日(金)19:30〜 野村有志(オパンポン創造社)
11月18日(土)14:00〜 とみずみほ/18:00〜 ネコ・ザ・ポンティ (元ステージタイガー)
11月19日(日)13:00〜 大熊隆太郎(劇団 壱劇屋)/17:00〜 伊藤えん魔

【特設サイトアドレス】
st-tg.net/_ps/cs
posted by ステージタイガー at 11:34| 大阪 ☁| クロス×シーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最後の通しが終わる

どうも、ジロウです。
さてさて日付も変わっちゃいましたが、14日は最終通し稽古でした。
明日は最終稽古。で、明後日は小屋入り。ずんずん進むなぁ。
E3C58028-8CBC-4440-82B1-EC02590193DF.jpeg
スタッフさん勢揃いにいつも音響を担当してくれている横田くんも
来てくれて賑やかな客席側。これ実はとてもありがたいことで
やっぱり見世物なので観てくれる人の存在は大きい。
容赦なく見る、ということはある種暴力的な事で、だからこそ
やる側は観られることに慣れなきゃいかんのですよ。
なのでみてくれる人が多いのは本番に向けての良いステップになります。
1930BC34-E95C-4B54-841C-B3A9E946D370.jpeg
そしてそして本日の最終通しには日替わり(正確には回替わり)ゲストの
大熊くんが参戦!さすがのパフォーマンスで稽古場を沸かせてくれました。
ゲストとの時間は何が起こるかわからんハラハラがあって楽しい。
ネコ、とみずさん、大熊くんと今まで来てくれましたが、皆さんそれぞれに
面白いなぁ。本番はまた違うことを仕掛けてくるのかしらん。楽しみやねぇ。
8901EA4F-A35C-4F8A-A809-5DF167EE235C.jpeg
前から見てないので全体がどういう風に見えてるかはわかりませんが
やる度に少しずつ良くなってきてるなぁという実感。一見、そんなに大きな
変化は無いけど要所々々がしっくりとして来てる。深まってるなと。

明日は細かいところをさらに詰めていきますよ。
まだまだ作品は進化しますよ。
ご来場よろしくお願いします!
posted by ステージタイガー at 01:36| 大阪 ☀| クロス×シーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月14日

音が入った(クロスシーン)

どーも、稽古場担当はみなみです!
昨日は、音響の大谷さんが来てくださり、音が入るシーンを、重点的にやりました~

2E59E2CC-CCAD-484B-AF21-684C11C5358D.jpg

今回のクロス×シーンの中で、もっとも多く流れるだろう、あの音!
それにしても、音が入るといいね😊
抜き稽古は苦手だけど(ぉい)
みなみもみなみなりに、心を込めて演じております!
AE0DC912-7818-4EB5-A320-DEF767DCA8BB.jpg

おう!丁度良い距離感の写真だーよ!みなみを観るのは、このぐらいの距離感が必要です(>人<;)(笑)

そして、みなみ的にオススメは、この3人!8AB57878-0659-40D5-9146-49117BC1826C.jpg7D771246-5365-4C78-98E9-73D193ADAC3C.jpg

なべちゃん、バッキー、セイヤです。所々で出て来ます!そうです!うちでは、登竜門てきな(?)Z戦士の3人です。
賑やかします~✨
南はね。。。

うん!

あのシーンが面白くて好き

※どのシーンだよ!と思った、そこのあなた!今週末ですよ^o^

是非💖

ステージタイガー#008

「クロス×シーン」


【公演日時】

2017

1117日(金)〜1119日(日)

1117日(金)1930

1118日(土)1400〜/1800

1119日(日)1300〜/1700


【会場】

アイホール(伊丹市立演劇ホール)

664-0846 兵庫県伊丹市伊丹2丁目41

TEL072-782-2000


【料金】

一般 前売り3500円 当日4000円 

学割1000円(大学生含む、要学生書提示)

先行WEB3200

開場は開演の30分前、受付開始は45分前

小学生未満など、お子様の場合はご相談ください

全席指定席


【チケット予約】

先行予約は、10月1日(日)1000分から1015日(日)24時迄受付。

一般予約開始は、1016日(月)からです。


【作演出】

虎本


【出演】

谷屋俊輔

白井宏幸

アミジロウ

梅田脩平

ザキ有馬

鍋海光

小林聖也

椿優希

小野愛寿香

南由希恵

竹林なつ帆

虎本剛(以上 ステージタイガー)


宮川サキ(sunday)


Zキャスト(日替わりゲスト)

1117日(金)1930〜 野村有志(オパンポン創造社)

1118日(土)1400〜 とみずみほ/1800〜 ネコ・ザ・ポンティ (元ステージタイガー)

1119日(日)1300〜 大熊隆太郎(劇団 壱劇屋)/1700〜 伊藤えん魔


【あらすじ】

境北口駅。

そこは東西南北に線路が交差する『ダイヤモンドクロッシング』を持つ、「人生の分岐点」と呼ばれる小さな駅。

山から海。田舎から都会。

多くの人がその駅を訪れ、そして去っていく。


そこに併設された郷土資料館で働く保坂優輔は、生まれてから一度も地元を離れた事が無い。

夢を追う者も。諦め、帰っていく者も。ずっと彼らを見守り続けてきた。


そんな保坂の息子が東京へ向かうという。

「一つの場所に縛られた父さんの人生はつまらない」と。

保坂は、思い出す。

かつて仲間と懸命に走った日々。

そして走れなくなった日々。

自分がここに留まり続けた意味を。


人生と、時代と、風景が走りながら交差する、ランニングクロス演劇が誕生!

ステージタイガーは走る! 電車よりも速く! 誰よりも優しく!


【公演内容・チケットに関するお問い合わせ】

ステージタイガー

電話:080-3781-1042(劇団携帯)

メール:to@st-tg.net


posted by ステージタイガー at 18:27| 大阪 ☔| クロス×シーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日替わりゲスト紹介!大熊隆太郎さん!

大熊隆太郎さん。

ここ数年関西小劇場でも名前を響かせる「劇団壱劇屋」の主宰。
GEARのマイムパートで出演されていることでも有名。
役者、パントマイム、作演出と幅広い活動をされています。

IMG_9773.JPG

僕も有九の主宰として、年齢の近しい先輩ということもあって、お会いするたびに勉強出来ることは無いかと目を光らせてました。

おそらく、初めてお会いしたのはLINX’S 04のはず。僕がタイガーに入団したばかりで演出助手として同行していた頃でした。
その前後ぐらいかで壱劇屋さんの公演当日にお手伝いに行くこともあれば、本番直前のUst番組に出させてもらったり。
さらには中之島春の文化祭をはじめ沢山の短編ショーケースイベントに、タイガーと壱劇屋の出演が被ることが多々ありまして。
楽屋や本番直前の袖、はたまた打ち上げ等々でなんどもなんどもご一緒させていただいてました。

と仲良くさせてはいただいてましたが、今まで舞台上で一緒に立ったことがありません。あの時もこの時もいつもいつもただただすれ違い。
ショーケースの場合なんて上演順の都合お互いの作品を見れずに終わる、なんてことも多かったです。
なので、大変失礼ではありますが、過去5年ほどすれ違い続けた僕からの偏見でもって、大熊さんから勉強したことを紹介いたします。


1.主宰は仕事をしなくていい

壱劇屋はノンバーバル殺陣芝居「五彩の神楽」という連続公演企画をHEPホールで上演中。
この企画では劇団員の竹村さんが全作品の作演出殺陣をされているので、大熊さんは主宰と役者の仕事に専念されているはず。
というわけで10月「心踏音」を観に行きました。

前説に立たれる大熊さん。
私服やん。
五彩の神楽って和風なエンタメアクション作品じゃなかったっけ。

「今回、というかこの三ヶ月、作演出もしてなければ役者もしてません。ニートです。僕はロビーでお茶飲んでます。

公演中劇団員たちが客演さんが汗水垂らして激しい立ち回りをしている中、主宰はそれぐらいの余裕がないといけないんですね。
勉強になるなぁ!


2.主宰は特茶を飲め

しかし今月の第四弾となる「戰御史」では、ついに役者として出演されるとのこと。
客演されるsundayの赤星さんと斬り結び合うシーンもあるらしく、果たしてあの超絶スピードの殺陣についてこれるのか。

「大丈夫です。ロビーで特茶飲んでます。
公演中、トクホの特茶ならロビーでの飲食可らしい。
それで体を絞って、スリムな体でアクションに臨むそうな。
勉強になるなぁ!


3.主宰はマニアックな趣味で理解されなくてもいい

以前「宅飲み」という、公演を直前に抱えた人たちが壱劇屋の事務所に集まってお酒を飲みながらやんややんや宣伝しあうUst番組に出させてもらった時、流れになりまして。
柔和な雰囲気なのに以外とブラックミュージックにも知見が広いようでした。Wu-tang clanの名前を出して周りの劇団員たちからぼっこぼこに叩かれてました。でも僕は好きです。あのカンフーのサンプリング飛び交い危険な匂いプンプンの1st大好きです。Cash,Rule,Everything Around Me CREAM! もともと日本語HIPHOPの方から入った身なのでそこまで詳しくないですけど、海外のは中学に友達からNellyを貸してもらったのが初めてでした。ウータンは近年になってa better tommorowなんて優しさの塊みたいな曲出すようになったところも面白いな素敵だなと思ってます。
僕もガンダム、剛さんもプロレスやサッカーの話で演出を例えてひんしゅく買うことあるけど、そこは他の演出さんも一緒なんですね。

共感するなぁ勉強になるなぁ!


大変勉強になる先輩主宰様と共演できるチャンスが巡ってきました。
実際めちゃくちゃ素敵な方です。
とても柔和な人柄で、劇団員からも愛されてて。
舞台上では多種多様な引き出しを備え、いかなる時も楽しませることを忘れ無いエンターテイナー。

IMG_2159.JPG

そんな大熊さんの出演は19日の13時から。
たくさんたくさん、勉強するぞ!
どうかよろしくお願いいたします。


ステージタイガー「クロス×シーン」

【公演日時】
2017年11月17日(金)〜11月19日(日)
11月17日(金)19:30〜
11月18日(土)14:00〜/18:00〜
11月19日(日)13:00〜/17:00〜

【会場】
アイホール

【料金】
一般 前売3500円
学割1000円(大学生含む、要学生書提示)
※開場は開演の30分前、受付開始は45分前
※全席指定席

【チケット予約】
ご予約はこちらから!

【作演出】
虎本 剛

【出演】
谷屋俊輔
白井宏幸
アミジロウ
梅田脩平
ザキ有馬
鍋海光
小林聖也
椿優希
小野愛寿香
南由希恵
竹林なつ帆
虎本剛(以上 ステージタイガー)

宮川サキ(sunday)

Zキャスト(日替わりゲスト)
11月17日(金)19:30〜 野村有志(オパンポン創造社)
11月18日(土)14:00〜 とみずみほ/18:00〜 ネコ・ザ・ポンティ (元ステージタイガー)
11月19日(日)13:00〜 大熊隆太郎(劇団 壱劇屋)/17:00〜 伊藤えん魔

【特設サイトアドレス】
http://st-tg.net/_sp/cs/

こりっちへの「観たい」コメントもお願いいたします!
posted by ステージタイガー at 00:11| 大阪 ☀| クロス×シーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月12日

通し稽古!

どーもアスカです。
ネタバレじゃない写真がなかなか無い、、、

F0D94EF0-67AE-41FF-BEBE-BF1A83D7A64F.jpg
今日は意識してテンポアップ!
ゲストが暴れるシーン(予測不能)の時間を入れても120分で収まるように、本編のサクサクいくところはサクサクしないといけません。

0C633C6D-82A1-46F3-95E0-F72DB2D5F9F1.jpg
メリハリですね。
タメないといけないところはタメなきゃですし。
サクサクしたら作品全体のフォーカスは一つに絞りやすくはなりますが、それで他のシーンが薄っぺらくなったら意味ありません。
腕が問われるところです。


通し稽古後の熱の入ったダメ出し(オーダー)タイム。
さらにブラッシュアップさせるための調整がここで行われますよ。

5B128EE9-B0B3-48D1-83F0-350C3561F622.jpg
やりながらも前側から客観的に見ようと気をつけていた梅田によると、「あ、この作品、面白い」と気づいたということです、改めて。
わたしもふと気付きましたが、ヒントは…プ○○ー○長い、という見方も…ゲフンゲフン。いや、何も言ってませんよ。

とにかく観に来て確かめてください。
面白いですよ。

お楽しみに!!!

posted by ステージタイガー at 23:09| 大阪 | クロス×シーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サプライズ!!

本番前、我々のホームグラウンド高槻市内での最後の稽古では。。。


超・難・航!

B3E0FF31-B7FE-47E5-929D-367B679B4CB0.jpg

うまくいかないシチュエーション

檄を飛ばす演出

的を得た助言の出来ないベテラン…

不甲斐なさに口数の減る若手…

難色を示すその他の俳優…

03D2317B-EB0E-4829-8D1A-F4157411F7D0.jpg

そして休憩時間。

梅田「おい鍋ちゃん、ちょっと合わせるぞ」
鍋海「は、はい…」


廊下で今から激烈個別指導がはじまるのか、これが少しでもよい方向に働いてくれたらいいんだけど、果たしてどうなるのか、と内心を隠せないゲストたち。。。
すると


「「「なんつってな!」」」
A6B4D8EE-B56B-4EF1-858E-13BF4F7D88D6.jpg

まさかのサプライズ!

宮川サキさん!
そしてスケジュールの合間を縫ってお越しいただいた日替わりゲストのとみずみほさん!

BC612E14-FFA9-4918-918B-E8A68DF79B93.jpg

お誕生日おめでとうございます!!

この笑顔が見たかったっす!


つか今までのはフリやったんかい!というわけでその後の稽古は順調に進む進む。

00A9CEE2-E1FD-4C46-A266-F505933ABB8E.jpg

なかなか出来ないであろう日替わりゲストシーンの稽古も出来たことで、準備万全!

さあ次は、第三回通し稽古!

posted by ステージタイガー at 18:55| 大阪 ☀| クロス×シーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これで迷わない! 伊丹AI HALLまでの道のり!

「伊丹ってどこ? 遠いんじゃない?」
「アイホールって名前聞くけど、いったことないなぁ」

そんな方へ伝えたい。

AI HALL、大阪からそんな遠くないぞ、と。


最寄り駅はJR伊丹駅、もしくは阪急伊丹駅
大阪から向かうなら宝塚線(福知山線)に乗ってほんの数駅。
阪急十三駅から出向く方が近い方は、神戸本線の4駅先、塚口駅で乗り換えて伊丹線で。
どちらも電車自体は20分もかかりません。

ちなみに劇場サイトのアクセスマップはこちら
http://www.aihall.com/access/

− −

JR伊丹駅からは駅すぐ近く!
IMG_2496.JPG
改札を出て左側の西口へ。
IMG_2497.JPG
IMG_2498.JPG
すると本当にすぐに目の前にアイホール!
(東口に行って大きなイオンに向かってしまうと真逆なので気をつけて!)

− −

阪急伊丹駅からは徒歩10分ほど。
DB890A42-BFAD-45E9-A6A8-6FB54D465C14.heic
改札を降りたらすぐに左へ。大きな階段&エスカレーターがあるので3階から1階へ。

3B21A6E9-66F2-4CC1-A7ED-FA54DAEF14A9.heic
エスカレーターを降りたら右にUターンして直進、左に曲がって建物の外に出ます。


IMG_2501.JPG
タクシー乗り場の向こう側に「ひがし商店街」が見えたら、そこへまっすぐ進んでください。

あとは、ひたすらまっすぐまっすぐ。
IMG_2503.JPG
途中ちいさな階段を登り、

IMG_2504.JPG
おしゃれなレストラン&タリーズコーヒーを横目に抜け、

IMG_2505.JPG
酒蔵の誘惑を振り切り、ニトリが目印の大きな横断歩道を渡り、
まっすぐに進めばアイホール!


最後にステージタイガー調べでの「この時間の電車に乗れば開演に間に合うぞ」情報を添えます。
別の用事がある方などは是非ともご参考に。
もちろん電車は遅れることもあるので、余裕をもって行かれることをお勧めします。
伊丹には美味しいところもいっぱいあるのでね!



11月17日(金)
19:30の回
JR大阪駅から
19:00発 各停新三田行きに乗れば19:16伊丹駅に到着
徒歩3分でアイホール!

阪急十三駅から
19:00発 通勤急行神戸三宮行きに乗れば、19:07塚口駅着
19:09発 伊丹行きに乗り換え、19:15伊丹駅に着
徒歩10分でアイホール!



11月18日(土)
14:00の回
JR大阪駅から
13:36発 快速宝塚行きに乗れば、13:49伊丹駅に到着
徒歩3分でアイホール!

阪急十三駅から
13:26発 各停神戸三宮行きに乗れば、13:34塚口駅着
13:36発 伊丹行きに乗り換え、13:42伊丹駅に着
徒歩10分でアイホール!



18:00の回
JR大阪駅から
17:39発 快速新三田行きに乗れば17:52伊丹駅に到着
徒歩3分でアイホール!

阪急十三駅から
17:26発 通勤急行神戸三ノ宮行きに乗れば、17:34塚口駅着
17:36発 伊丹行きに乗り換え、17:42伊丹駅に着
徒歩10分でアイホール!



11月19日(日)
13:00の回
JR大阪駅から
12:36発 快速宝塚行きに乗れば12:49伊丹駅に到着
徒歩3分でアイホール!

阪急十三駅から
12:26発 各停神戸三宮行きに乗れば、12:34塚口駅着
12:36発 伊丹行きに乗り換え、12:42伊丹駅に着
徒歩10分でアイホール!



17:00の回
JR大阪駅から
16:40発 快速新三田行きに乗れば16:52伊丹駅に到着
徒歩3分でアイホール!

阪急十三駅から
16:26発 各停神戸三ノ宮行きに乗れば、16:34塚口駅着
16:36発 伊丹行きに乗り換え、16:42伊丹駅に着
徒歩10分でアイホール!


posted by ステージタイガー at 05:53| 大阪 ☀| クロス×シーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月10日

織りなす、ワンポイント

鋼の錬金術師展に行きたくて仕方ない
どうも、梅田です!
実写化は観に行きません!

さてさて、本番まであと1週間

と言ったところで事件です。

虎本「シーン、増やしたい」

ざわざわ!!!

ということで早速新シーンの稽古B8257526-B44A-49AF-B948-595A2525DD05.jpg

そして94B8F4C5-8D2E-4702-BABE-4593640697E6.jpg7D9F262E-ABC6-4FF7-A717-0278D6BD7F3B.jpg
見守る人々。


1週間前でも、まだまだ完成させません。
まだまだ煮詰めます。

グツグツ
ぐつぐつ。

強く熱く
繊細にしなやかに。

甘くほろ苦く
汗と涙と

男と女

人と街

ここからは通して
調整して
通して
調整して

研磨して行く感じ。

でもまだまだ新しい可能性が見つかれば追う。

今回の作品は稽古で得られるものももちろん多いんですが
それ以上に日常から得られるものの方が多いと個人的には思っております。

日常を、大事に、大切に生きて
そして稽古に臨む。

台本から拾えるものって
ほんと一部分。描かれていない部分の方が
当たり前だけどたくさんある。

そこを大切に。


観にきていただける人に
これは梅田からのお願い。

いつも通りの日常を
少しだけ大切に送ってみてください。

クロス×シーンはそんな少し大切に生きた日常の物語。

でも合間を縫って
特別な日常!!5B801B8D-E013-420A-95FA-9B05E3B9DE03.jpg
ラジオに出演!宣伝してきてくれましたよ!!

まだまだ盛り上がりを見せる

クロス×シーンのチケット

まだ予約してないなら

posted by ステージタイガー at 12:21| 大阪 ☀| クロス×シーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日替わりゲスト紹介! 野村有志さん!

ゲスト紹介のお時間です。本日は、劇団オパンポン創造社の野村有志さん!!!

もう関西小劇場界で知らない人はいないんじゃないかと思われるイケメンです。
ご紹介させていただくのは、だいぶ昔に一回共演させていただいたっきりの小野愛寿香でございます。

IMG_6080.JPG

とにかく野村さんといえばいま超・波に乗っておられまして、
ご来場される数がポイントに加算される東京のルナティック演劇祭に出場したら、
大阪の劇団で圧倒的不利な状況にもかかわらず優勝したり。
2018年1月18〜21日に開催される第三回30GPにも王者の余裕で当然、選ばれたり

片っ端から賞という賞をかっさらっていくような、そんなすごい劇団を主宰していらっしゃいます。

やっぱり強さの秘訣は、圧倒的なクオリティと、それを生み出す野村さんを愛してやまないファンの皆様の想いなのではないでしょうか。
前にトークライブでお芝居の作り方のこだわりについて話しておられたのを聞いたのですが、
「間やリズム、言い方、速度なんかも完全に自分の指定どおりに演ってもらわないと気がすまない」
と言うてはりました。
そりゃー、そんなにこだわってたらみんなが「すげえ!!!」ってなるの当然ですよね。
みんながハマっちゃうわけです。
すごい。

IMG_6081.JPG

そんな野村さんはお酒を飲まれないのであまりゆっくりとお話したことはないのですが、
どうやらかなりの人見知りだといううわさも聞こえています。(まあ、私も相当なんですが)
一度、共演後すぐの頃にお芝居か何かを見に行ったら、たまたまお席が隣になったことがありました。
途中まではまったく気づかなかったのですが、どこかのタイミングでお互い「あっ…」てなってたのに
結局、席を立つまで挨拶すらせず、帰り際に一瞬だけ会釈しておわるようなコミュ障っぷりを二人して発揮するという一幕がありました。

そのときは「嫌われてるんやろうか…」とかちょっとビビったりしていたものです。
(その可能性は今でも否めませんが)

だから確か共演していたときは「野村くん」と呼んでいたような気もするのですが、
なんか今は、とくに文章ともなると「野村さん」って書いてしまいます。ブルブル。


とはいえ今回はせっかく久しぶりに同じ舞台に立つので、公演期間中にもうすこし仲良くしゃべれるように頑張ってみたいと思います。
みなさんからも「これ聞いてみてほしい」とかいうご質問とかあったら、
チャンスがあれば聞いてみたりしようと思うので、よかったらコメントしてください!

IMG_6082.JPG

ではでは、野村さんの「スペシャルすぎる日替わり雑魚」、どうぞお楽しみに!!!

----------

ステージタイガー「クロス×シーン」

【公演日時】
2017年11月17日(金)〜11月19日(日)
11月17日(金)19:30〜
11月18日(土)14:00〜/18:00〜
11月19日(日)13:00〜/17:00〜

【会場】
アイホール

【料金】
一般 前売3500円
学割1000円(大学生含む、要学生書提示)
※開場は開演の30分前、受付開始は45分前
※全席指定席

【チケット予約】
ご予約はこちらから!

【作演出】
虎本 剛

【出演】
谷屋俊輔
白井宏幸
アミジロウ
梅田脩平
ザキ有馬
鍋海光
小林聖也
椿優希
小野愛寿香
南由希恵
竹林なつ帆
虎本剛(以上 ステージタイガー)

宮川サキ(sunday)

Zキャスト(日替わりゲスト)
11月17日(金)19:30〜 野村有志(オパンポン創造社)
11月18日(土)14:00〜 とみずみほ/18:00〜 ネコ・ザ・ポンティ (元ステージタイガー)
11月19日(日)13:00〜 大熊隆太郎(劇団 壱劇屋)/17:00〜 伊藤えん魔

【特設サイトアドレス】
http://st-tg.net/_sp/cs/

こりっちへの「観たい」コメントもお願いいたします!
posted by ステージタイガー at 07:54| 大阪 | クロス×シーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月07日

日替わりゲスト紹介! とみずみほさん!

すみません。ゲストさん紹介ブログなんですが、本当は一度「これでいいですか?」って検閲、
じゃないですけれども、そういうご本人様確認が入るんです。
こういう風にしてもらいたいとか、こういうことはあんまりだめよ、とか。
で、僕も一応記事を書いてし確認済なんですけれども、もひとつ気づいてしまいました。
僕が紹介するのは、本日めでたく誕生日の女優さん。女優さんじゃないや、
肩書きは後で、
イイオンナ生誕、1107、とみずみほさんです。
おめでとうございます!!
さて、ここから下は確認済。では紹介ブログです。

とみず番の白井です。
これは実際にあった役職です。
すこしすこし遡ってお話をいたします。前劇団時代、白井がまだ客演で出演していた時代の話。
紀元前のお話です。
最後の公演に客演として出演していたのが
誰あろう、とみずみほ!宮川サキ!白井宏幸!and so on…
舞台美術は今回と同じく西本卓也さん。
ちょっと懐かしいお話になるんですけれども。
とみず番についてお話をするにはチーム和民について語らねばならない。
IMG_1491.JPG
最終公演の舞台はシアトリカル應典院。
1週間ほどの期間借り切っての公演でした。
いつのことだったか、思い出してみましょうか。
2009年の8月27日から31日ということです。今何年?2017年ですから50億と8年前です。
結構経つなぁ。
その公演の1週間、7日間、毎日、日本橋の和民に通い詰めたのが
僕と、宮川サキさん、とみずみほさん、これが通称「チーム和民」
最終日にはお店の中にあるワインがなくなりましたから。ワインを、飲み干したんです。

とみずさんが、ひとりで。

劇団側もこういう事態には憂慮していたらしく当時客演であった僕に押し付け、いや、任命したんです。
そう、今回僕が紹介するゲストとはとみずみほさん!
そのとみずみほさんの番をする、それが、とみず番。
IMG_0172.JPG
その後も、ご縁があり、当時とみずさんが所属していた劇団天悟さんへも僕は2回客演をさせていただきました。
ステージタイガーへは「リング・リング・リング」「砂ニ咲ク花」と立て続けに参加していただくなど、
たくさんの共演をぶちかましてきました。
おそらく「Z(za-ko)」という言葉が発生したのも「砂ニ咲ク花」の時ではなかったか?
梅田、石神、白井の三人がローテーションでZを必死でやっていたと思うんです。
こうやって紐解いていくと、とみずさんは僕らのちょっとしたターニングポイントにいてくれているように思いますね。
僕らもまだまだ何かの途中。「クロス×シーン」がまた次へ進むためのターニングポイントになりますよう。
さて、現在はとみずさんは映像作品に出演しておられ、「下町の詩シリーズ」として「たこ焼きの詩」「切り子の詩」
大阪の下町を舞台にした作品に主演されています。
現在も撮影中であるということで、またこれを機にご覧いただければと思います。
IMG_1746.JPG
僕がとみずさんの紹介をすること自体は非常に妥当な選択肢であったと思います。
おそらく劇団員の他の誰よりも共演回数が多く、よく飲みにも行っていた。
ふらふらと梅田を歩いていた時にバッタリと出会ったこともあったり、
けれども、僕ですらとみずさんの生態については語れないところがたくさんあるんです。
謎の傑物、ミステリアスな女傑。ここにいたって、とみずさんのことはもういいかな、って思ってしまったんです。
僕が知るのは舞台上のとみずみほだけでいいんじゃないかなって。
いわゆるパーソナリティについてはもう沼。知ろうとして知れるものではない。
みなさんも本当にお気をつけください。
おうちに上がって「喉乾いたやろ?」ってバカラのタンブラーが出てくる勢いなんですわ。
僕がここであることないこと書き連ねても「あること」の方になってしまう。
そんな生物なのです。おもに居酒屋に生息しています。案外赤提灯の。
IMG_5909.JPG
といって、本当のところは人当たりが良くって、話しやすいいい姉御。
僕も、僕で共演していた当時には「その時の自分の役者としての芯のようなもの」を持っていたので
相談ということまではしなかったものの、たぶんそうしててもきっと面倒見てくれるような先輩であったんじゃないかしら。
千里丘の駅前に「どっこいしょ」という名前の居酒屋があります。
僕らが稽古をしていた時に一緒によく飲みに行った居酒屋さんです。
今回とみずさんが出演してくれるということで、ちょっと様子を見に飲みに伺いましたところ、
お店のとうちゃんかぁちゃん、お二人ともお元気で、とみずさんの出演回に見に来てくれるというお話でした。

こないだも稽古場に顔を出してくださって。飲みにも行きました。
僕は、以前のように、バカスカ飲んで、酩酊して、そんな風になってしまわなくなりましたけれど、
終電よりも少し前の時間の電車で帰るような、そんな人間になってしまいましたけれども、
きっととみずさんはそんな僕のことを責めるなんてことはしないはず。
控えめになってしまった僕のことをやさしく固めた拳で小突きながら、どんどんとお酒を注いでくれるんだろう。
女傑 とみすみほさんの出演回は11月18日(土)14時の回です。
みなさん、ぼくたちのみぽりんにあいにきて。

----------

ステージタイガー「クロス×シーン」

【公演日時】
2017年11月17日(金)〜11月19日(日)
11月17日(金)19:30〜
11月18日(土)14:00〜/18:00〜
11月19日(日)13:00〜/17:00〜

【会場】
アイホール

【料金】
一般 前売3500円
学割1000円(大学生含む、要学生書提示)
※開場は開演の30分前、受付開始は45分前
※全席指定席

【チケット予約】
ご予約はこちらから!

【作演出】
虎本 剛

【出演】
谷屋俊輔
白井宏幸
アミジロウ
梅田脩平
ザキ有馬
鍋海光
小林聖也
椿優希
小野愛寿香
南由希恵
竹林なつ帆
虎本剛(以上 ステージタイガー)

宮川サキ(sunday)

Zキャスト(日替わりゲスト)
11月17日(金)19:30〜 野村有志(オパンポン創造社)
11月18日(土)14:00〜 とみずみほ/18:00〜 ネコ・ザ・ポンティ (元ステージタイガー)
11月19日(日)13:00〜 大熊隆太郎(劇団 壱劇屋)/17:00〜 伊藤えん魔

【特設サイトアドレス】
http://st-tg.net/_sp/cs/

こりっちへの「観たい」コメントもお願いいたします!
posted by ステージタイガー at 00:44| 大阪 ☀| クロス×シーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月06日

日替わりゲスト紹介!ネコ・ザ・ポンティさん!

日替わりZ(ザコ)で出演してくれます、ネコ・ザ・ポンティ通称ネコさん🐱のちょっとしたご紹介です^o^
ご紹介させて頂くのは、ネコさんの実は先輩の南です!
そうです、ネコさんはタイガー元劇団員です!入団したのは、遡る事2011年の春頃、
立ち上げ2年目に突入しようとした矢先です。
突如、基礎稽古に参加したい!入団希望!と劇団宛に問い合わせがあり。
歳は、30代過ぎでなんと、アミさんの年下で谷屋さんより年上!
一体、どんな方が来るのかと劇団員一同、ドキドキしていたのを覚えてます^o^
IMG_6064.JPG
※その問い合わせの際は、本名での問い合わせだったかと思います。
ちなみに本名は………………忘れた。
一緒に活動した中で何回か教えて貰い、忘れるという永遠のループ(笑)ネコさんは南の中では永遠のネコさん🐱

逸れた。話戻します!

そして、やってきたのは、総合格闘技をしていて劇団員の誰よりもバキバキボディ、
人の身体に詳しくて、マッサージが出来る………………
なんだろ、RPGでいうところの、格闘家と白魔術士の融合した存在でした!
IMG_1585.JPG
とはいえ、当時は演劇初心者だったはずです。ですが、、、

●たくさんの方の前でお話する経験が豊富(発声・滑舌・人前に立つ事が鍛えられていた)
●総合格闘技で鍛えているので、タイガーでの、超体育会系演劇にすぐに馴染み(入団当初より、誰よりも動ける!キレキレに位置付け)
●当初、タイガーでは、つかこうへいのリングリングリングの公演を控えており、大ラスのプロレス大技は、講師ネコさんでした!(入団タイミング良すぎ!)
●半年後の本公演では、谷屋さんとダブル主役に選ばれる!

とまぁ、人生経験の差からステージタイガー🐯内で一気にのし上がったお人!タイガーを支えた看板俳優の1人!
IMG_6066.JPG
本人もポジティブな性格といじられ体質で、ほんとに愛されキャラ!
きっと今回も日替わりゲストの中で、1番いじられるのではないでしょうか!
楽しみですね^o^南も大好きで、退団の時は……………

泣きはしませんでしたが(笑)
心にはぽっかりと穴が空いた気はしました!

だって、唯一、私を褒めてくれるんですよ。『いいよー、いいよー』って。
自信が中々持てない南に『なんちゃんは、いい芝居するんだから、自信持ってもいいよ』って言うてくれてました。そのポジティブさに何度も救われた事か~♪

さぁーて、いっぱい面白い事をしてくれるでしょ~♪
IMG_6067.JPG
そんな、みなみの心のカンフル剤的存在のネコ・ザ・ポンティさんが、出演してくれるのは、

18日(土)18時の回ですよ~♪♪

また、褒められたい💖

----------

ステージタイガー「クロス×シーン」

【公演日時】
2017年11月17日(金)〜11月19日(日)
11月17日(金)19:30〜
11月18日(土)14:00〜/18:00〜
11月19日(日)13:00〜/17:00〜

【会場】
アイホール

【料金】
一般 前売り3500円
学割1000円(大学生含む、要学生書提示)
※開場は開演の30分前、受付開始は45分前
※全席指定席

【チケット予約】
ご予約はこちらから!

【作演出】
虎本 剛

【出演】
谷屋俊輔
白井宏幸
アミジロウ
梅田脩平
ザキ有馬
鍋海光
小林聖也
椿優希
小野愛寿香
南由希恵
竹林なつ帆
虎本剛(以上 ステージタイガー)

宮川サキ(sunday)

Zキャスト(日替わりゲスト)
11月17日(金)19:30〜 野村有志(オパンポン創造社)
11月18日(土)14:00〜 とみずみほ/18:00〜 ネコ・ザ・ポンティ (元ステージタイガー)
11月19日(日)13:00〜 大熊隆太郎(劇団 壱劇屋)/17:00〜 伊藤えん魔

【特設サイトアドレス】
http://st-tg.net/_sp/cs/

こりっちへの「観たい」コメントもお願いいたします!
posted by ステージタイガー at 01:44| 大阪 | クロス×シーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月05日

稽古場。熱量上昇。

今回の稽古は、
さぁ、3周目の鍋海でございます!
あと一回くらい回ってくるかなー?
という感じです。笑

8A22ACE4-5DD7-40AA-A94C-4890B9FCCA75.jpeg

稽古も大詰め。
この前の通し稽古の返しをして、洗いざらいしてブラッシュアップをはかっております。

B16C2AED-7417-4B0E-B1F1-F590671A180E.jpeg

今回は、中盤からラストにかけての返し稽古!
剛さんの演出で、役としての事、シーンとしての事。
まだまだこうしたい!こうあるべきだ。
というのがあるからこそ、ヒートアップ!
それに応えようと役者陣も、あれやこれやと、試したり確認したり。もっと頑張ります!

20EF5EA8-28AD-499C-90AD-002B779A0A7C.jpeg

一日一日本番が近づいてますが、
それに伴い一歩一歩、前に進んでる稽古場でございます。



4FAF9254-3659-4907-96F0-2B6CF3EEE015.jpeg

そしてそして、11月5日は、愛寿香さんの誕生日です!
なので、劇団員でお祝いしました✨
今回の稽古場ブログでも、愛寿香さんの今回の稽古場写真をピックアップしました。。。
が、衣装だったので、身体にモザイクかけています←

C02D04B8-717D-4959-9A0E-812CA35179AB.jpeg

いやぁ、
最近誕生日ラッシュですねー。笑

今年から誕生日の役者に向けて
ハッシュタグのついたツイートをしていたりします。
誕生日の劇団員からの返信があるかも!
今回は #小野愛寿香誕生日
愛寿香さんから返信があるかもしれません。
ぜひしてみてください。
私もします。笑

次は衣装を着けてのドレリハです!
さぁ、どうなるか!楽しみです。
ではまたどこかのブログか、劇場で!!



posted by ステージタイガー at 01:03| 大阪 ☀| クロス×シーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月04日

衣装洗い出し、そして。ゲストの登場

みなさま三連休、楽しまれていますでしょうか??

竹林なつ帆です。

我々ステージタイガーは、2週間後の本番に向けて、稽古、稽古でございます。 

先週通しをして、なんだか、皆さんの雰囲気が変わったような気がします。気のせいかしら…

F9413681-C0FF-4AD7-B989-F341CB3F6CF0.jpg

※通しの時の写真。


さて113日の稽古は

まずは最終衣装洗い出し。


それぞれのシーンで着る衣装を、実際身につけてみて、

本当は何が足りないのか?どこで早着替えが必要なのか?

を洗い出していきました。


僭越ながら竹林、衣装リーダーをやらせてもらってるんですが、

一番ダメなのは、「アレなぁ探さなあかんなぁ。分かってんねんけどなぁ」言うて、

問題を先送りするマン。

あと、周りの人に頼らないマン。


いけません☆反省はしています…!


あと、

実はアレが無くて困ってるんやとか、

あのシーンの着替え誰か手伝って欲しいとか、

いろんな要望が出て来ました。

意外とそういう要望って、やってみないと分からなかったり、

口々に意見を言いやすい雰囲気になって初めて出てきたりするんですよね‼️‼️


色々、具体的に解決出来ました。時間をとってやった意味があり、良かったです。



さて、そのあとは比較的賑やかなシーンを返していきました。

どんどんお客さんに喜んでもらえそうなネタが継ぎ足されていっていますよ。

0A5D81F3-B845-4546-8789-3912B8A7185A.heic

※これも、前の稽古の写真。だ


ケーキでいうと、土台のスポンジが出来て、クリームの味は決まってるんやけども、

どんな風に載せるか、色々試してる部分があったり、

飾りをいじったり付け足したりしてる部分があったり、という感じ?????


合ってるのか?!


分からない!でも美味しいものになるのは間違いない!


その理由のひとつ、そして昨日のイベントのひとつ、


そう!ゲストの『ネコザポンティ』さんが来られたのです!!!!

BC40C21C-0BD2-4D85-80C3-6B753E3C346C.jpg

4E5B6CFD-B82B-4863-88CC-9A20BF01EC8C.jpg


※見つめ合うお二人。 



実際ゲストシーンも、入っていただきやる事が出来ました。


かなり盛り上がること間違いなし。


ネコザポンティさんのゲスト会は、土曜の夜です。

11月18日の18時〜!


是非、スケジュールチェックしてみてくださいね。

もうあと2週間後!チケットご予約は、お早めに。

指定席ですので、早い方が、良い席が当たります❤️❤️❤️



今日も冷え込んできましたが、またもや稽古ですよ〜!!!!!✨✨



ステージタイガー「クロス×シーン」


【公演日時】

20171117日(金)〜1119日(日)

1117日(金)1930

1118日(土)1400〜/1800

1119日(日)1300〜/1700


【会場】

アイホール


【料金】

一般 前売り3500

学割1000円(大学生含む、要学生書提示)

開場は開演の30分前、受付開始は45分前

全席指定席


【チケット予約】

ご予約はこちらから!


【作演出】

虎本


【出演】

谷屋俊輔

白井宏幸

アミジロウ

梅田脩平

ザキ有馬

鍋海光

小林聖也

椿優希

小野愛寿香

南由希恵

竹林なつ帆

虎本剛(以上 ステージタイガー)


宮川サキ(sunday)


Zキャスト(日替わりゲスト)

1117日(金)1930〜 野村有志(オパンポン創造社)

1118日(土)1400〜 とみずみほ/1800〜 ネコ・ザ・ポンティ (元ステージタイガー)

1119日(日)1300〜 大熊隆太郎(劇団 壱劇屋)/1700〜 伊藤えん魔


【特設サイトアドレス】

st-tg.net/_ps/cs







posted by ステージタイガー at 16:58| 大阪 ☀| クロス×シーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月03日

出演者紹介!! 椿優希 → アミジロウ

役者紹介‼

っと言う訳で、今回、私が紹介するのは、アミジロウ兄さんです‼︎

すらっと背が高く、ダンサーで、ファッションがとってもおしゃれなアミジロウ兄さん、、、

IMG_5782.JPG

いつも、優しくアドバイスして下さいます。
本当に、とっても優しいジロウ兄さんなのですが、、、
実は僕、出会った頃は、アミさんとの心の距離に悩んで居ました。
と、言うのも、ワークショップ公演(2017年3月の『ダイバー・シティ』@松原市民会館)に参加した頃、、、、
あれは、稽古二日目の稽古場に向かう途中でした。
偶然、稽古場の前で、アミさんに会いました。
そして、挨拶をする時に、アミさんに聞かれたのです。

「それ、UNIQLOのパーカー?」

そうです、実はこの時、私はアミさんとお揃いのパーカーを着ていたのです。


「はい」、と応えた僕にアミさんは言いました。



「一緒なん、凄く嫌、、、」



・・・・・・

今思えば、別に大した意味なんて無かったのでしょうが、

当時の僕にはかなりの衝撃でした。
※思わず共演者に相談したくらいです。
そんな思いを抱えながら迎えた、その、公演の打ち上げのときのことでした。
打ち上げで、僕の作ったオリジナル曲を周りの皆でで回し聞きして居ました。
回し聞きなので、皆さんはワンフレーズのみ聞いて回して行きます。

ですが、アミさんは、フルで、その曲を聞いて下さったのです‼︎


アミさんだけですよ。
めっちゃ優しいやん‼︎って成りました。
その後の6月縁フェス『ユカリ』のときも、たくさん優しくアドバイスして頂いたり、、、、
一時期僕が家に帰れなくなって居たことをめちゃくちゃ心配して下さったり、、、
いつも、若手が揃って稽古前のアップをして居る時、基本的に干渉せずに、一人でアップしてはるのですが、、、、
僕たちが何をしていいか悩んで居る時には、何も言わず、見本を見せて下さいます。。
あえて言葉にせず、背中で語って下さるアミさん。
優しさを全面に出さずに、優しく無いように見せて、さりげなく優しいアミさん‼︎
僕はアミさんのそういうところがかっこいいと思います。

IMG_5512.JPG

さて、この公演の、アミさんの役について、ですが、、、、
めっちゃアツくて、少しうざい!?のですが、
若輩者よりも、もう少し年を取ってから、そのかっこ良さが分かるようになるんじゃないか・・・と思います。
そんな役どころです。
今回の作品では、アミさんととても近しい役を演じさせていただきます。
実は、舞台上で絡むのは初めてです。

IMG_5771.JPG

なので、ワクワク楽しみながら、アミさんの演技をしっかり感じて、返せていけるようになりたいなぁ〜と思う所存です。

----------

ステージタイガー「クロス×シーン」

【公演日時】
2017年11月17日(金)〜11月19日(日)
11月17日(金)19:30〜
11月18日(土)14:00〜/18:00〜
11月19日(日)13:00〜/17:00〜

【会場】
アイホール

【料金】
一般 前売り3500円
学割1000円(大学生含む、要学生書提示)
※開場は開演の30分前、受付開始は45分前
※全席指定席

【チケット予約】
ご予約はこちらから!

【作演出】
虎本 剛

【出演】
谷屋俊輔
白井宏幸
アミジロウ
梅田脩平
ザキ有馬
鍋海光
小林聖也
椿優希
小野愛寿香
南由希恵
竹林なつ帆
虎本剛(以上 ステージタイガー)

宮川サキ(sunday)

Zキャスト(日替わりゲスト)
11月17日(金)19:30〜 野村有志(オパンポン創造社)
11月18日(土)14:00〜 とみずみほ/18:00〜 ネコ・ザ・ポンティ (元ステージタイガー)
11月19日(日)13:00〜 大熊隆太郎(劇団 壱劇屋)/17:00〜 伊藤えん魔

【特設サイトアドレス】
st-tg.net/_ps/cs



こりっちへの「観たい!」コメントもよろしくお願い致します!
posted by ステージタイガー at 01:02| 大阪 | クロス×シーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月02日

通しましてん(タニーヤ)

西向くサムライ!
どうも。ターニャこと谷屋です。
はーい。11月に突入ですねー。
20171102234813702.jpg
先日の稽古!
ついに通し稽古に入りましたー。

通し稽古。
それは、本番みたいに、アタマからラストまで通してやってみる稽古です。
20171102235604074.jpg
名前のまんまね(笑)

9月からスタートして、ここまで、ブツ切りに稽古を積み重ねてきたシーンを、繋げて繋げて…なんとか通りました!
20171102235635359.jpg
スタッフさんもめっちゃ見守っていただき!

うむむ。
個人的にはミスも多く、これからの課題もた〜くさん!た〜くさん!見つかった貴重な時間でした。

そうやった!そうやった!
ここのシーンがここに繋がるのよねー!
とか、
わ!ここの間に小道具用意せな!着替えな!とか、舞台の外でも皆大わらわ!

そして、役としても、そうか。
ここのシーンとここのシーン続けてやれば、こんな気持ちになるんや…
シーン稽古で、話してた台詞の話し方にはならないなぁ、、なんて自分の想定が甘かったのもあるんでしょけど、何箇所も何箇所も自分の中で訂正が入りました。

…もちろん、演出からはさらに細かいオーダーが(通称 ダメだし笑)入るのでしょうけど。

はい。
個人的には、主役でありながら繋ぐ、とか見守るってのが、どういうことなんかを考える時間でした。
難しいですね。
ただ、見てるだけやなく、見守る。
どの立場なんやろ、て。

あ、さらりと言いました。
今回、谷屋主役です…まぁチラシのアタマに名前あるし分かるか(笑)

とりあえず
めっちゃ走る!!
20171102235736788.jpg

…マンガみたい(笑)


そんなこんなで!
11月!
クロス×シーン本番の月!
これから、何回もシーンの稽古を、通し稽古を重ねて、サイコーの本番をお届けします!

乞うご期待✩
なんや冷える日が増えて参りました!

皆さんも観劇のために体調管理!
よろしくお願いしますー!

ほなまた!





----------------------------------------------------------

ステージタイガー「クロス×シーン」

【公演日時】
2017年11月17日(金)〜11月19日(日)
11月17日(金)19:30〜
11月18日(土)14:00〜/18:00〜
11月19日(日)13:00〜/17:00〜

【会場】
アイホール

【料金】
一般 前売り3500円
学割1000円(大学生含む、要学生書提示)
※開場は開演の30分前、受付開始は45分前
※全席指定席

【チケット予約】
ご予約はこちらから!

【作演出】
虎本 剛

【出演】
谷屋俊輔
白井宏幸
アミジロウ
梅田脩平
ザキ有馬
鍋海光
小林聖也
椿優希
小野愛寿香
南由希恵
竹林なつ帆
虎本剛(以上 ステージタイガー)

宮川サキ(sunday)

Zキャスト(日替わりゲスト)
11月17日(金)19:30〜 野村有志(オパンポン創造社)
11月18日(土)14:00〜 とみずみほ/18:00〜 ネコ・ザ・ポンティ (元ステージタイガー)
11月19日(日)13:00〜 大熊隆太郎(劇団 壱劇屋)/17:00〜 伊藤えん魔

【特設サイトアドレス】
st-tg.net/_ps/cs
こりっちへの「観たい!」コメントもよろしくお願い致します!
posted by ステージタイガー at 23:58| 大阪 | クロス×シーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月31日

日替わりゲスト紹介!伊藤えん魔さん!

トリックオアトリート!
谷屋です。
木枯らしも吹き、10月か11月かの瀬戸際の今日この頃いかがお過ごしですか?

ステージタイガー「クロス×シーン」も近づきつつ今日この頃。
今日は日替わりゲスト!
いや日替わりZAKOキャストさんから伊藤えん魔さんをご紹介です!
全然,雑魚ちゃうやん!寧ろスペシャルやん!なツッコミ待ちな方々の中から。
本日は一際スペシャルな伊藤えん魔さんをご紹介!

20171031185831308.jpg

言わずと知れた、関西小劇場の魔人。
小劇場に留まらず全国区の人気モノのえん魔さん。

そんなえん魔さんと谷屋が知り合ったのは…もう18年ほど前(笑)
当時まだ学生だった僕は、えん魔さんがやってらっしゃった劇団ファントマのワークショップに、虎本と、現在えん魔の公演の常連ゲストになってる鈴木洋平と一緒に参加させていただきました。
そして、そのまま本公演のエキストラに抜擢していただいて、初めてHEPホールにそして東京公演に参加させていただきました。
エキストラというても、ちゃんとセリフも役名も、見せ場までいただいて非常にええ経験させてもらいました。

20171031190157134.jpg
あ、ちなみにここで、当時の写真入れたらええ感じやろな思うたけど見つかりませんでした…また見つかったら知らぬ間にはめ込んでおきます(笑)
代わりにベルト企画のえん魔さんと♪

さて、話は戻りまして!
そう、ひよっこの僕が、初めてのプロの現場で、演劇の凄さ、面白さ、そして厳しさを教えてくださったのがえん魔さんでした。
なんというか僕はえん魔さんから、板に立つ人間のプライドのようなものを勝手に受け取った気になっております。

時を経て、LINX'Sで再会し、3年ほど前からは、えん魔さんに客演でも声をかけていただけるようになりました。

再会するまでの十数年。
僕は僕でえん魔さんからいただいた想いを磨き続け、えん魔さんはさらに進化して今も新作を作り続けてはります。

今回、そんな僕の、虎本のいるステージタイガーにえん魔さんが出てくれる。
谷屋、ヒジョーにキンチョーしております(笑)

でも、演劇を通してダチだと言うてくださるえん魔さんと、千秋楽、目いっぱい楽しもうと思っております!

ハードボイルド芸人としてもネタの宝庫のえん魔さん。
当日どんなシーンになるのか…乞うご期待✩

そんなえん魔さんの主宰する伊藤えん魔プロデュースの公演が今週末にございます!
壮大なスケールのダークアクションファンタジー!
今週末は是非、阿倍野ハルカス!近鉄アート館へ!

伊藤えん魔プロデュース
「イカロス戦記」
20171031190011579.jpg

■日時
11月3日(祝)  14:00 18:00
11月4日(土)  14:00 18:00
11月5日(日)  14:00

※開場は開演の30分前、受付開始は開演の1時間前。

■料金
前売・当日:4300円(全席指定)
※未就学児童のご入場はお断りしております。

※トークショー【500円えん魔ちゃん】
11/3&4=16:40~、11/5=12:30~

※お好きなキャストとツーショットチェキが撮れる【チェキ会】
毎公演、チェキ会開催!
枚数限定チェキ券は公演前に発行致します。
■チケット
ファントマWEB予約

ローソンチケット:
・0570-084-005 (Lコード:56665)
・0570-000-777 (インフォメーション 10:00〜20:00)

近鉄アート館専用チケットセンター 0570-023-300 http://cncn.jp/art-kan/
(劇場窓口での前売券のお取扱いはございません) www.kintetsuartkan.jp 

----------

■場所
大阪: 近鉄アート館
大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス近鉄本店ウイング館8階
:06-6622-8802


■お問合せ オフィス・ファントマ
 TEL: 06-6352-4135 MAIL: mail@fantoma.info


■STAFF
作・演出/伊藤えん魔
舞台監督/吉川亮(劇団往来)
舞台美術/西本卓也 
照明/池田一星
音響/Motoki Shinomy
衣装/山口夏希 
小道具/水季遙
舞台記録/武信貴二
舞台写真/山田徳春(STUDIO 500G.)
スーパーバイザー/L:N
制作/渡辺大(Limited_Spice)
企画制作/オフィス・ファントマ
協力/近鉄アート館、シバイエンジン、CACアミューズメントメディア総合学院、大阪アニメーションスクール、ジョーカーハウス、満月動物園、ゲキバカ、ブラック★タイツ、テノヒラサイズ、中野劇団、月曜劇団、お笑い佐竹道場(順不同)
posted by ステージタイガー at 22:18| 大阪 | クロス×シーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

僕のことを書くぞ(白井)

IMG_6029.JPG
まずはね、家の洗濯機が壊れたので、明日の通し稽古には衣装のジャージを着ていくことができない。
衣装リーダーのちゃんなつが「明日は着たい人だけ衣装で」って言ってくれたから九死に一生を得ている。
まぁ、明日はドレリハではないから、衣装である必要はないと思っているんだ僕は。
そういうわけで。どういうわけだか、とにかく、衣装の、というか洗濯が、できないでいる。
近所のコインランドリーはあるので、二日に一回くらいは出かけて行って、洗濯はするよ?
その時間にお知らせメールをしたり、台本を読んだり、なんだかんだをしなくちゃいけない。
まぁ、なんでだか、劇団内でいろんなお仕事をすることにしたので、結構手一杯で、寝不足なんである。
寝不足だなんて言うと、スケジュール管理ができとらん!ってツイッターでは言われるけれども、
案外、それはその通りなんである。ブログとか書いてると、勝手に丑三ってる、時が。

本番期間までには洗濯機をなんとかしなくちゃなって思っていますが、
どなたか洗濯機、っていうか、洗濯機をどうこうの前にチケットを買ってくださいませ。
初めてのアイホールなので、結構不安なんです。お客さんたくさん来てくれるかなぁ、とか。
そういうことが。とはいえ、もっとお知らせをしなくちゃいけないのは僕らが頑張ることの一つなので。
せめてもの、ブログを書きましょう。ってことをしていて、どんどん更けてく秋の夜。
IMG_6025.JPG
今回は、役者として、一番楽しんでいると思います。
「一番」とつけるには、何か比較基準が必要だとは思うんですけれど。
これまでのステージタイガーの作品全部で、とか、今までの役者人生の中で、とか。
そのくらい言ってもいいかもしれない。でも、これは役の大小とかそういうのとは違ってます。
アプローチの仕方、っていうのか、「趣」がたくさん見つけられるんです、これまで以上に。
おもむき、ですね。考え方が少しやわらかくなれたようでもあるし、硬さがある場合には、強さが増えた、
そんな感じもしています。

なんかね、最近は、作品のバランスみたいなものにあんまりとらわれなくってエェか、
って、少し、投げっぱなしになれている気がします。
それでも、そういう周りを見る見方はやめられないもんで、端から見ればそう見えないかもしれないけれど。
守るべき段取りの中に(段取り!やな言葉!)自分がやりたいことを、結構食い込ませることができている。
あくまでも、個人の感想であって、表出にどれだけ繋がっているかは甚だ怪しいところではあるが、
出演している役者を追いかけて見ていただけるならば、僕が一番スルメ。
後から演技の理由とかを説明して回れるくらい裏の設定というか、記憶を培養している気がします。
薄いムック本もかけるかもしれない。
あー、でも、具体的なことはあんまり決めてないから、今のは口から出まかせ。
IMG_6027.JPG
数少ない僕のセリフの中に、いろんな思惑とかをたくさん考えているから、
一番「フック」の多い役者に、なれたら、なりたいな、なれるものなら、なってみたい、
そんな風に思いながら稽古をしています。
ただ、物語を運ぶだけの俳優なんぞ、台本を読んで脳内補完してる方がましじゃもん。
僕からもたくさん発信して、それを受け取ったお客さんの記憶や思い出の後ろ側、奥深くに、
届いてちょっと温度を上げる、そんなお芝居ができたらいいなと思います。
最近特に。

僕がどうする、じゃなくて(もちろん僕は「どうする?」をすごく考えるんだけど)。
僕で(お客さんが)どうなる?どうする?
っていうことに繋がっていけたらいいなっていう風に思っています。
案外この考え方に至ったのが最近で、「おい白井、今更かよ」って言われるかもしれないけれど。
僕にとってはようやく、なんですよねぇ。生きるって大変で、面白い。
IMG_6028.JPG
明日は通し稽古です。
いいタイミングで僕にブログが回ってきやがったぜ、ってちょっと思ってます。
僕最近、誰に向かってブログ書いてんだかよくわからなくなってしまってますからね。
読んだわよって方はコメントいただければお返事いたしますから。
別に、いただけなくっても構いませんけど。案外、ブログの中に、
稽古中に伝えられなかった新人に対するメッセージとかを入れてしまっていて、
それが生み出す、なんだかよくわからない、宛の、ブログになっています。
稽古場の状況をお知りになりたいお客様にとっては申し訳ないんですが。

明日の通しはさ「こんな感じにしたいと思ってます」っていうんじゃなくって、
スタッフさんに向けても「どうだこのやろー!」って感じでね。
もう、この語彙力だもん、夜も更けだ。
僕らでここまで作ったんさ!力貸してくんろ!っていうモチベーションで行きたいんです。
スタッフさんもお仕事だけれど、その心にある矜持にフックをかけて、揺さぶるような。
そんなお芝居がしたいなぁ。と、明日の通し稽古への意気込みを。
まぁ、それをいうなら、万全な体調にするために早めに寝ろって話ですが。
寝まーす。

あ、いつまでも、味があるって意味です。もちろん
----------

ステージタイガー「クロス×シーン」

【公演日時】
2017年11月17日(金)〜11月19日(日)
11月17日(金)19:30〜
11月18日(土)14:00〜/18:00〜
11月19日(日)13:00〜/17:00〜

【会場】
アイホール

【料金】
一般 前売り3500円
学割1000円(大学生含む、要学生書提示)
※開場は開演の30分前、受付開始は45分前
※全席指定席

【チケット予約】
ご予約はこちらから!

【作演出】
虎本 剛

【出演】
谷屋俊輔
白井宏幸
アミジロウ
梅田脩平
ザキ有馬
鍋海光
小林聖也
椿優希
小野愛寿香
南由希恵
竹林なつ帆
虎本剛(以上 ステージタイガー)

宮川サキ(sunday)

Zキャスト(日替わりゲスト)
11月17日(金)19:30〜 野村有志(オパンポン創造社)
11月18日(土)14:00〜 とみずみほ/18:00〜 ネコ・ザ・ポンティ (元ステージタイガー)
11月19日(日)13:00〜 大熊隆太郎(劇団 壱劇屋)/17:00〜 伊藤えん魔

【特設サイトアドレス】
st-tg.net/_ps/cs
こりっちへの「観たい!」コメントもよろしくお願い致します!

posted by ステージタイガー at 02:05| 大阪 ☁| クロス×シーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする