ステージタイガーへ

2019年05月26日

最終稽古のその前に

9C8C89A1-30DC-400C-953B-6D09027CAB1B.jpeg

書きそびれていたブログを更新します、白井です。
金曜日のお稽古の模様。
それでも課題はまだまだたくさん残っていますね。

お芝居している、一瞬一瞬に、気を配って、整えて、きちんと届けることができているか、
テクニックというか、脳みそと身体がきちんと繋がっているかという、心配りの問題。とか。

単純に、エネルギッシュであるかどうかという基礎的なところ、とか。
基礎的、というか、出し切って行っちゃえばいいじゃん、という、ブレーキをかけない心持ち、という部分とか。

この後に及んで、まだ、台本の読み込みであったり、
深堀できるところがまだ見つけられるんじゃないだろうかという、探究心があるかどうか、とか。

ひらめきがまだ出てくるかもしれないし、出てきたときに、それに乗っかる優希があるかどうか、とか。
根っこにある、相手を思いやる気持ちとか、劇中の登場人物に気持ちが寄せられているかどうか、とか。

みんながみんな、まだまだ課題を抱えたまんまです。
というのは、別に「まだ全然できてない」ということではなくって、
気持ちのある人間であれば、もっともっと、伸びるし、深められるし、という意味で。

5B5C630D-3CEB-470E-A570-FDD09CD37D27.jpeg

誰のためにやってんだ、って言われちゃうと、申し訳なくなるんですが、
こないだの通し稽古は、僕個人的には、やってて、めちゃくちゃ楽しかったんです。
見ていた演出、スタッフさん、共演者を楽しませることができたかどうかは、
どうだか、さておいておきますが。
僕は自分で楽しんでいました。

中盤までの、騒がしく動き回るシーンなんかはどんどん、動く動く、
身体が動けばもちろん心もついてくるってもんで、そういう方向に流れていった感じがありました。

気持ちが高ぶって、走りに走って、やりとりがスピーディになりすぎてしまった部分を、
今回の稽古で調整したいなーという気持ちで、もひとつ丁寧にやりたいなという気分であります。

C800A6D1-99EE-4BC4-820E-DA73620CE40A.jpeg

別件で、バッキーと帰りの電車がいっしょだったときに、
ちょこっと「きもち」についてお話ししてみた。

「ぼくは まだ にんげん では ない」

片言で答えるバッキーに「そうだね」とだけ返事をして。
早く人間になれるといいね、って気持ちで僕は電車を降りました。

命令(プログラム?)をこなすだけなら、そりゃ、そうなります。
演出のいう言葉の中から、それが、気持ちの部分の話なのか、段取りの部分の話なのかは、きちんと仕分けてやってみよう。

「早く人間になりたい」って思っている時点で、気持ちは持ってると思うので。たぶん大丈夫。

さて、残るは、ベテラン勢。
引き出しの手前のものでやるか、まだ見ぬ奥の方まで手を伸ばしてみる勇気があるか。
まだまだ、成長を止めてはならぬ。
posted by ステージタイガー at 17:25| 大阪 | OVER &OVER 2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月23日

せんせいはるいせんがよわい。

2度目の通し稽古をしました。小野です。
まずはすべてのキッカケ含めて細かく当たって修正していってから、最後に通し。

いやー実はですね、これはイカンことなのですが、わたしの最後の長めのセリフの一つ前、不良の生徒のセリフを聞いているとですね。涙腺が。
特に言い方がうまいとかそういう理由ではないんですが、内容をね。聞いてると先生(わたくし先生役なのです)、いろいろ思い出しちゃいまして。作中の人物達の苦労や背景なんかをです。
75A50484-B1AE-4BE5-BB3D-7D880C791918.jpg
たまに言葉に詰まっちゃうくらい涙腺にきちゃう事がありまして、受けのレギュレーションが難しいところです。
一番ええとこのセリフですから、宇宙律に即した言い方をしたいですし。(「美しい」と言うとまた誤解を受けますので、あえての律と表現しておきます)

この作品は学校公演用のスペシャル作品ですので、どうしても観たい方は母校の先生方を買収してご依頼ください(笑)

新たな編成でのOVER&OVER、やっとしっくり腑に落ちてきました。
谷屋さんのキャラ設定だけがなんでか通しの途中であさっての方向へ向けて崩壊していってましたが…
あれはなんだったんだろう。
ま、次回の稽古ではまともに戻ってくれていることを祈ります。
A9AD6FF9-CB1B-4987-A8BC-6C152ACEE075.jpg

ではでは。
チェーン・マッチとファイアフライ、お楽しみに。
posted by ステージタイガー at 18:48| 大阪 ☀| OVER &OVER 2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月19日

LOVE LOVE LOVE

こんにちは、バッキーです。


昨日も、元気に学校公演のお稽古でした。


昨日はクライマックスのシーン。


物語の中でも一番泣けるシーンの稽古でした。


明後日の通し稽古に、向けて、ラストのカーテンコールまでのすべての動きを付け終えました。



A9BD0CB2-2414-438F-A09B-A029F8A9DDE3.jpeg

なかなか感性豊かな表現が出来ない僕に、演出の虎本さんが一言。


「目の前の相手に愛を持て、そして心の赴くままに言葉を吐け」


そう、この物語は、愛に溢れる物語なんだと思います。



4DCF272E-0D83-4FD6-942B-9D8B99345FDD.jpeg
posted by ステージタイガー at 19:02| 大阪 ☁| OVER &OVER 2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月17日

まだまだ一週目(白井)

どうも、続けて白井です。
30×30の稽古のメンバーを尻目に帰宅した僕は、いち早く湯船にお湯を張ります。
シトラスジンジャーの芳るお湯で半身浴をしてまいりました、
白檀のお香を焚いてQOLを高めております。

しかし、
しかしですよ、
本当の幸せとは!?

しっかりとした休息と、しっかりとした睡眠(6時間以上! 8時間あればなおよし!)!

けれども、
寝る間も惜しんで何かに打ち込むっていうのも、それはそれでいいものです。

9D8DAF80-26F0-4763-A56E-A33FACBCAEE4.jpeg

演出から「よんどけ」と貸し出された奮闘記。
ちょっとずつだけですが、読み進めてみようと思います。

まだまだ、演技でのディスカッションができていないという、一週目感です。
明日には最後の部分まであたりがつくんだそうで、
でも、まだ、身体に、落ちてないなぁというのが、僕個人の感覚ですな。

時間がたらふくあるわけではないけれど、早く自由になって、たくさん試させてもらおう。
まだまだ若手のバッキーががんばってる。

けれども、まだまだ。
遠慮させてるところもあるのかもしれないなってのもあって。

E49E1C23-615A-48E1-A927-7ABCF15E4F5E.jpeg

好き勝手やってもえぇのだよって、
なんだかんだと考えていたら、

あぁ、これ、出演者の人数は4人だけれども、
4人芝居じゃないんじゃないか、という、ぴこりんとひらめきが出たところでおひらきといたします。

花鳥風月、じゃないですけれども、
きちんと背景の見える舞台ができたらいいなって思いましたとさ。
明日も稽古、がんばりまーす

OVER & OVER
posted by ステージタイガー at 01:26| 大阪 ☀| OVER &OVER 2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月16日

学校公演稽古中(白井)

174436A0-61BC-4212-B20F-35BCE034C735.jpeg

なんだかんだと言って、ABCホールでの中之島春の文化祭が終わって、
春っていうか、もう初夏じゃん、って。
あくまでも、大阪にいる感覚でしか語れていないですけれども。
友人は、先日、北海道で桜を見たらしい。

こっちでは季節は少しづつ進んでおります。
今月末の学校公演の稽古をしております。
お話は、定時制高校に通う、
学び直そうとする現場監督、身体が弱くて卒業できなかった社会人、どこにも行くところのない不良、
が、通う定時制高校の陸上部のお話です。

3年前に、2回、公演をさせていただいてるんですが。
僕は、その時は不良の少年をさせてもらってて、それを今は椿が。
今、僕がいただいている、現場監督のおっさんを、かつてはアミジロウとArtist Unit イカスケの青木さんが。
とはいえ、プレッシャーではなく、たのしみながらやっていきたいなと思ってます。

前に演じた役ではありますが、
まぁ、やいのやいのいわずに、好きにやってもらえたらええかなと、椿には思っているところ。

55636BE5-3D36-4A03-A25E-BA9613EB03F2.jpeg

僕、昔、スイミングスクールに通ってて。
見知らぬ同年代とか、年上の(それでも少年)とか、どう接したらいいかわからないままやめちゃったんですが、
通ってた時の話でね。更衣室で。
濡れた水着を入れる袋が、なんかのお菓子屋さんの袋だったんです。
今となっちゃ、なんも恥ずかしいこともないし、スーパーの袋でなーんも問題ないんですけれど、
それを見て、ちょこっと年上くらいの子供が「お菓子の袋っ!」って指差して笑うんです、数人で。

別にさっきまで、何も気にしてなかったものがとても恥ずかしくなって、すごく惨めな気分になって、
そのまま、その子らはいなくなったんですけど、同じく着替えていた中学生くらいの子かなぁ。
一人が、友達に「あいつら殴ってこい」って。
別に殴りに行ったわけじゃないけど、殴って欲しかったわけないけど。
なんか惨めになってた自分の気持ちを「わかってくれた」のが嬉しくって。そこで泣いちゃったのを思い出しました。
10才にもなってない頃くらいですかね。

幼い頃に触れた、他人で大人。
なんとなく、忘れずに覚えてしまうもんです。
それほど幼い人たちのところに行くわけでもないですが、
心に残る、そういう作品にできたらいいなと、努力してみます。

「OVER & OVER」







posted by ステージタイガー at 00:46| 大阪 ☁| OVER &OVER 2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月11日

繰り返すこと。

繰り返すことで、見えてくるものがある。

どうもアスカです。小野です。

再演祭りといえなくもない、ステージタイガー10周年。
数年前に学校公演でやらせていただいた、「OVER&OVER」をまたやらせていただきます。
不変の名作は再演しまくるべきである、決して色褪せない、とも近頃思います。忠臣蔵とかさ、なんべんもやりますやん。次の本公演もそんな感じですよ。お楽しみに。

前と同じ学校ってことですから、もう同じ生徒さんがいないくらい前のことだったんですね。

これは定時制高校のお話です。
学校公演ですから、学校が舞台のほうが共感できるとは思うんですが、ほら、みんな大人だから。キャストが。
だから大人が通う学校てことで。

昔自分は学生の時、映画鑑賞会で山田洋次の「学校」観たなぁと思い出します。
あれはよかった。
あんな感動を、生で、お届けできるかな。したいな。と思います。

さて、再演も繰り返しのひとつではあるんですが、今回の稽古ではとにかく反復練習を。
基礎練も、素振りも、なんでもずっと繰り返していくと、新たなものが見えてくるという体験、ありますよね?誰しも。
演劇の稽古は複雑すぎて、そんな簡単に次が見えてくるというものではないのですが、やはりそれでも反復がないことにはなんのお話にもなりません。
C77B9A08-26B3-43C8-899D-626C1BD69C2C.jpg
一つの台詞を繰り返し、

一つのシーンを繰り返し、

ひと作品の稽古を繰り返し、

その作品の上演を繰り返し、

学校公演を観たものがのちの世代へ見せる学校公演をする、という繰り返しをつないでゆき。

大いなるフラクタル構造ですね。
76E402FD-9B97-4051-97C3-B61B7FC7A51F.jpg
なんか最近全てがフラクタルだなと思います。

神は細部に宿るとかもそんなんなような気がするし、
日常の細かいこと、いい例えが浮かびませんが例えば手の上げ下げなんかすらもとある方向性を持って気をつけていると、全てのものの見方や考え方、生き方までもがその方向性に向かっていけるような。

あ、なんかよくわかんないことになってますのでまたいつか、いい例えが浮かんだらお話しいたします。

A9BF29CE-EEA8-4875-93CE-2437AF75AFF0.jpg
とにかく、頭おかしくなるくらい繰り返し繰り返し練習しましたよっと。

そんなわけで、こんな熱いお芝居を繰り広げているというご報告、稽古場ブログでした。

posted by ステージタイガー at 15:22| 大阪 ☀| OVER &OVER 2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月09日

学生時代の君たちへ

こんばんは、バッキーです。


昨日は、某大阪府内の学校で公演する、公演、OVER&OVER の稽古始めでした。


僕にとっては、大先輩に囲まれての四人芝居、正直ドキドキが止まらない‼︎


そして、今回も、素敵な台本で、早く学生さんに観てほしくてうずうずしております。


学校公演って素敵ですよね。


残念ながら、僕の通ってた学校には演劇に触れる機会なんてなくて、高校とかの芸術鑑賞会で舞台を観たよ、って聞くたびに羨ましいなぁ〜って思ってました。


演劇って、きっと何か心に響くものがあると思います、だから、素敵な演劇に学生時代に触れる機会があるのは、とっても素敵なことだと思うのです。


僕は、よく、タイガーの作品を学生時代に見ていたら、人生変わっただろうな、と思います。


それくらい、虎本さんの書く言葉には力があると思います。


だから、責任を持ってそれを届けたい。


そんなことを考えながらお稽古してました。


D1913A7A-246F-446A-A007-780AE5257B3A.jpeg

posted by ステージタイガー at 19:39| 大阪 ☁| OVER &OVER 2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする