ステージタイガーへ

2020年01月11日

前半部分の振り返り

こんにちは‼️
昨日は、華よ咲けの前半部分の振り返りをしました!
line_854570323854735.jpg
お久しぶりにやりましたよ!たのしーシーンヽ(°ω°)ノ
line_852337744532774.jpg
いつも、話し合いをかかさない中華組のチームワークでシーンがとても面白くなっていきます!
帰り道、やまちゅーがこってぃちゃんに中華シーンはどう見えてる?( ・◇・)?の質問に、こってぃちゃんが大絶賛していた‼️きっと、もっとどんどん上がっていきますよ( ・`ω・´)
お江戸も頑張りましょ♪
line_854962920863752.jpg
そんな、お江戸のあかねさんは、学生ちゃんと衣装あれやこれや。
持っていって着用お願いすると、今着ないとだめ?。。。着てください( ・`ω・´)キリリ
衣装脱いでもいいですか?。。。だめ( ・`ω・´)キリキリ
着物👘の色あわせは何通りもあるそーな。
鮮やかな色味を入れて、おしゃれを楽しんでたそーな♪♪
ほえー(≡・x・≡)

line_794184536538864.jpg
あかねさんの主です!
。。。。
。。。
。。

絵になるな〰️⁉️
1ヶ月切りました‼️是非、観に来てください‼️

SHASEN × ステージタイガー
『華よ咲け』
演出:虎本 剛 作:松橋 結衣

【日時】
2020年2月
1日(土) 19:00~
2日(日) 13:00~ / 17:00~
※ 全3ステージ
※ 開場は開演の30分前、受付開始は1時間前
※ 3歳未満 入場不可 
【会場】
あべのハルカス近鉄本店ウイング館8階 近鉄アート館
〒545-8545 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1丁目1番地43号
電話:06-6622-8802 ホームページ:https://kintetsuartkan.jp 
【料金】
●一般 前売2,500円 当日精算:2,800円 当日3,000円
※ 全席指定

posted by ステージタイガー at 18:09| 大阪 ☀| 華よ咲け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月10日

「SWITCH」稽古始動!(仲田)

あけましておめでとうございます。

くみちょーです!!




次回公演、『華よ咲け』21日〜2

 の稽古が大詰めの中、


並行して松原公演

SWITCH

の稽古が始動してます!



1B06D1BA-A984-478D-8A6F-C2FB05E67D3D.jpg


ステージタイガー 松原公演

SWITCH

脚本:虎本剛 

演出: ザキ有馬


今回の作品テーマは、

ゲートキーパー



そう!前回、前々回 松原で上演した

I CONTACTと同じテーマの作品なのです。


が、今回のSWITCHは新作!

『ゲートキーパー』を学校教育の視点から描いた作品なのです!


D7D3BB02-6814-4D08-97B3-69EA53FF87AD.jpg


 しかも 今年は脚本はおなじみの虎本剛、

 演出は若虎頭のザキ有馬のタッグで上演!

ひと味違った松原公演となりそうですね。



劇団員、オーディションを勝ち上がったキャストにもご期待ください。



C47ACF0D-4CBF-4997-87D3-29CD8FA618FB.jpg


老若男女、大先輩からフレッシュな十代まで、個性的なメンバーで作品を作り上げます!




14305508-058B-4546-ACC0-F290ED9D0988.jpg


まずはともあれ、筋トレからスタート💪


93C1A51A-F860-4FB9-9FE6-323C1A31F58B.jpg


 三月まで頑張るぞー!🐯






------------------------------------


『心のスイッチを入れて僕は君の話を聞く』


switchE383ADE382B3E38299-thumbnail2.jpg


ステージタイガー 松原公演

SWITCH

脚本:虎本剛 

演出: ザキ有馬


あらすじ:

進学校として有名な松沢高校の放課後。

とある教室では教員達が、悩んでいる人に気づき声をかけ、話を聞いて、必要な支援につなげ見守る人=『ゲートキーパー』についての研修を受けていた。そんな中、一人の教師が呟く。「私たち大人は、いつも子ども達の話を聞けているのだろうか?」と。教員達は今まで言えなかったお互いの仕事への想いをぶつけあい始める。

一方、演劇部の部室ではミスして惨敗した大会での反省会が行われていた。「こんな事、大人には相談出来ない。先生なんて一番信用できない」と生徒同士で互いを責め傷つけあう中、ついには辞める事を決意する部員まで出てしまう。そして、ついに命を断とうとするほど、思い悩む生徒まで

同じ学校の2つの密室。大人と子ども。先生と生徒。親と子。相反する2つが交差し、出会う時に生まれる物語とは? 

ステージタイガーがお送りする、優しく、温かく、ちょっと笑えて涙が滲む、人間の繫がりを考える演劇。


【出演】

小野愛寿香

白井宏幸

椿優希

仲田クミ

池治徹也

(以上、ステージタイガー)


AGATAProject UZU

江本真里子

神咲有希乃(TP-SATELLITE

佐々木枝音

佐藤ゆきほ

徳永健治

張本樹(劇団ビッグワンネクスト team うららもん)

東山美穂

愛恵(東映京都撮影所 俳優部)

宮市舞


【スタッフ】
音響:横田和也

照明:牟田耕一郎

舞台:hige

制作:竹中薫


日時:令和2年3月7日(土)

開演:午後3時00分(開場は開演の30分前)

会場:松原市文化会館<全席自由>

料金:入場無料(要 入場整理券)

配布開始:1月31日(金)より、人権交流室・人権交流センター(はーとビュー)・松原市文化会館・ゆめニティプラザ・ふるさとぴあプラザで配布開始、定員になり次第配布終了。

ステージタイガーHPでも配布日(1/31 正午)より整理券の予約(当日会場にてお渡し)を承ります。

問合せ:松原市文化会館(072−336−5755

主催:松原市・(一財)松原市文化情報振興事業団

posted by ステージタイガー at 15:52| 大阪 ☀| SWITCH | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月09日

運命とは…

おはようございます☀
竹林なつ帆です。
1B0AB0B8-599E-48F7-BDBB-6FA7C01BEFE3.jpg
※4分の3は代役です。

2月の本番まで、あと1ヶ月を切りました…!
どきどき、どきどき。
稽古場の緊張感も、日々上がってきております。
クライマックスシーンの稽古がもうまもなく🙌🙌という感じ。
C3721FC2-677D-4CE4-919B-733C51C93F7B.jpg
殺陣も沢山あり(主演の西村こころさん、めきめきと腕を挙げられています)、見所たくさん。
殺陣あり、笑いあり、涙あり、とわたくしはいつもお伝えしています。

今回のお話は、とある2つのシーンが交互に繰り返されるのですが、
相互の登場人物がどう関わっているのか?
その意味とは?
と、最初は「?」なのですが
どんどんその謎や真相が明かされていくワケなんですね。
09776EA8-EEA7-44F5-A836-B70080E4CF3B.jpg

43980888-105D-4033-9039-2F6569C139DF.jpg
演出は場面転換や照明ほかに工夫を凝らし、
役者は細かい所にも気を配りながら演技をしています…
そういう意味では2度3度観ていただいても、楽しめる作品に仕上がっていっていると思います!
(あー!!これが、これね!って二回目なるやつです。)

そしてその2つのシーンについてのキーワードは、
「運命」
が一番近いかな、と個人的に思っております。

C7A23E27-EECD-4598-B61C-A74A345CA50A.jpg

日常生活でも、「これは定められた道だったのかな」と感じる事、ありませんでしょうか?
または、自分に必要な人と出会う「引き寄せ」とか。
私はあります、結構あります^^

人の想いと、縁が繋がって、「運命」に導かれた出来事が起こる。
というと大げさなんですけど、
結局人と人との間の話なので、身近にぽこぽこと起こっている事なんじゃないかなと。
だからこそ、ステージタイガー作品ではキーとなる、「共感」それによる「感動」を得てもらえるのではないかなと確信しております!

この作品を観たあと、身近な人との運命を感じてもらえますように。
そのうえで大事にしようと思ってもらえますように。

C12D8597-D4DF-41F4-8B38-B668E57DE990.jpg9E37A508-0EC9-4A40-9FA2-0BC5B02C07E4.jpg

≪絶賛チケット販売中!≫
売り切れる前に、是非・・・!

▼予約 予約 予約▼
https://ticket.corich.jp/apply/104280/

▼概要 概要 概要▼
SHASEN × ステージタイガー
『華よ咲け』
演出:虎本 剛 作:松橋 結衣

【日時】
2020年2月
1日(土) 19:00~
2日(日) 13:00~ / 17:00~
※ 全3ステージ
※ 開場は開演の30分前、受付開始は1時間前
※ 3歳未満 入場不可 
【会場】
あべのハルカス近鉄本店ウイング館8階 近鉄アート館
〒545-8545 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1丁目1番地43号
電話:06-6622-8802 ホームページ:https://kintetsuartkan.jp 
【料金】
●一般 前売2,500円 当日精算:2,800円 当日3,000円
※ 全席指定



posted by ステージタイガー at 11:49| 大阪 ☁| 華よ咲け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月08日

新年のお稽古(白井)

本日も続けて殺陣の稽古。
でも、殺陣以外のことを今日は考えてみたいなと思います。
でも、殺陣のことになるな。

今日、殺陣師のへいちゃんが、メインの西村のこってぃに手をつけている時に
「なんでここで斬るの?」
って質問してたんです。

4B45B0EF-D160-4AE5-8D1A-25DC4AFED6B7.jpeg

あぁ、こいつぁ、いい話が始まったぞ、ってんで、僕はその場に立ち止まって話を耳ダンボで聞いてました。
耳ダンボなんて言葉が今、どのくらい通じんのかって話はさておいておいてですね、
なんで?ってのが面白いんです。
ありのーままのー、ってのはちょっくら甘えなんですよ。
書いてある言葉をそのまんま、ありのまんま、自分のまんまに演る、ってのはちょっと都合がいい。

決められた殺陣だからって、決められたからってやるんじゃなくって、そこに繋がる意味合い、理由、メカニズムを
それを考えてみるんだよって話をしてたんですな。
すべての動きはアクションであって、そこには意味やら、理由がある。
すべてのセリフにもしかるべき思いやら、葛藤なんかが、多分だいたい言語化できたり、
できなかったりする場合もあるけれど、あるんですな。
全員が全員、そういう、掘り起こしを楽しんでったら、本当に、いいものになるんだと思う。


だもんで、ここまで稽古の付いてきたところも、
本当にそうか?という前向きな疑いを持って、もっかい取り組んでいきたいなって思いましたとさ。
勝手に、2周目、3周目、どんどん、くるくると、進めていきたいところです。
全体の中で、大人なところにいるもんですから、
できるだけ背中を見せていけたらいいなだし、
その背中も、まだ、登り続けている背中じゃなくっちゃいけないし、
と、そんなことを考えたんであります。

FED09F90-DE16-4F76-A30D-70CBC5785370.jpg00B08952-CBB7-47BA-9879-DF50C9FF1193.jpg

SHASEN × ステージタイガー

  「華よ咲け」

2月1日(土)〜2日(日)
近鉄アート館にて!

ご来場お待ちしております!



posted by ステージタイガー at 02:45| 大阪 ☁| 華よ咲け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月31日

命について

虎本です。
本日は12/31。
2019年最後の稽古場blogになりました。

稽古場では『華よ咲け』の稽古が加熱。

稽古場写真A_191231_0458.jpg

僕が今、この作品で大事に産み育てたいなぁと思っているのは、ズバリ『命』。
といっても難しい話ではなく、その人物がそこで、精一杯生きているという生命の躍動というか、エネルギーのスパークというか。

稽古場写真A_191231_0450.jpg

この作品には殺陣が出てきます。
読んで字のごとく、『殺』。
ハッキリいうと斬られて人が死にます。

実はステージタイガーでは直接人が死ぬシーンはほとんど描かれてきませんでした。
※死んだ…という説明や設定は出てきますが。

それは僕が、人が死ぬシーンが大嫌いだからです。
※好きな人はそんなにいないと思いますが…。

そして、死ぬということを美化したくないという想いが常にあります。


稽古場写真A_191231_0441.jpg

そんな僕にとって生徒が書いた本作を演出するということは
劇中の『死』をどう描くか…?というテーゼに挑む事になります。
ずっと悩んでいましたが稽古を重ねる中で答えを見つけました。
『死』を描くのではなく、その人物が死ぬまでに生きてきた『命』をしっかり描こうと。

人は必ず死にます。
でも死ぬ為に生まれてきたわけじゃない。
その登場人物も、何かをなす為に精一杯生きている。
非業の死を遂げるアイツも、冗談も言えば、恋愛もして、傷ついてまた立ち直る、平凡な日常を生きている。

そんな精一杯生きた人間達の命が連綿と続いていく、そんな物語になればいいと思います。

この作品、毒々しいバイオレンスにはしない。
オシャレなファッションにもしない。
泥臭く、血脈と息づかいが聞こえてくる人間讃歌にしたいと思います。

虎本剛
posted by ステージタイガー at 10:20| 大阪 ☁| 華よ咲け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月26日

栗酢枡(タニーヤ)

こんにちは
こんばんは

谷屋です。タニーヤです。

『華よ咲け』
なぜか、この2日。
クリスマスの2日間、お稽古がありませんでした…何故だ笑
タイガー始まって以来、クリスマスに稽古ないの初めて…かも(笑)

なんでなかったんやろ…ふむ
12/23の稽古場の写真から探ってみようと思います。

20191226153514441.jpg
⬆ちょっと絵文字っぽいねこの写真


お、今日もアツい演出がドンドン、役者陣にダメだしをしております!
20191226153546031.jpg
虎本『おら!もっと気合い入れて演らんかい!!』
田代『いや、やってるつもりなんですけど…』


20191226153557151.jpg
片山『虎本さん!止めてください!今のは僕がアカンかったから、田代さんが活きなかったんです!』
虎本『そうか、しっかり頼むぞ』


20191226153625568.jpg
片山『なぁ、さっき庇ってやったろ?明日のクリスマスイブさ、俺っちとちょっと付き合えよ。』
田代『や、でも僕、自主練するし…』


20191226153648538.jpg
片山『なんでだよ…俺の気持ち気づいてねぇのかよ、たーくん…』
田代『おい、稽古場ではやめろよ…』

20191226153700810.jpg
片山『ヤダ!もう辛坊堪らん!』
田代『うわぁぁあ』


20191226153715354.jpg
神山『片山さん!落ち着いて!…あの、明日お暇ですか?/////』
片山『え?…暇だけど…/////』
河野『!?』


20191226153730691.jpg
河野『こころちゃん!みんな、仲良いなー!』
西村『ねー!』

20191226153738326.jpg
河野『あの明日なんだけど…』
西村『それはないから!』

なーんて。


ことがあったのかもしれません(笑)

以上、全て谷屋の妄想劇場でした😛

さ、今日明日と『華よ咲け』の年内稽古大詰め!!
皆で気合い入れて頑張りまーす!

先行予約は12/28まで!!

ご予約お待ちしておりますー🙋
posted by ステージタイガー at 15:52| 大阪 ☁| 華よ咲け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月23日

見稽古!

平宅さん主導の殺陣稽古です😌💓
殺陣のない南は見稽古‼️
道場生、見させて貰いましたよ(・´д`・)あかねさん、コソーリ、コソーリ♪♪
20191222_203425.jpg
ちょいと!ちょいと!元気ないじゃあーりませんか
あかねさんは、活気のある声を求めます
炊事、洗濯、お掃除しながら皆の声聞くの大好きなあかねです!
20191222_203431.jpg
てーい、やー、とう!
すきありー♪ってね(*つ´・∀・)つ
緊迫感のある立ち回りは、この後にごっさある!
だからこそ、ここは楽しく、楽しく!どこまで、活気があって、仲が良くて、個性溢れる道場生たちなのかを殺陣でも表現出来たらいいなー!!なんて、殺陣ないのんきものは、他人事ですwww

余談。稽古つけてる、平宅さんが幸翁に見えて仕方なかったです!!
あかねコッソリ‼️(( ̄_|ジー

さて、あかねさんは時空を飛び越えて中華チームの稽古も見に行って参ります!
ビュン‼️
20191222_212559.jpg
20191222_212622.jpg
中華は、仲が良いなー!羨ましい、あかねです!でも、稽古してる??
稽古してたようです!
またも、時空を飛び越えて戻って参りました‼️
ピョンヽ(*´^`)ノ

隅っこに親子発見!
(( ̄_|ジー。。。。

20191222_211944.jpg
写真じゃわかりませんが、ホントに隅っこです!
気になってた、あかねはコソーリ覗きに行きました!
(( ̄_|ジー
。。。まんが?いやいや、稽古してる?

20191222_212000.jpg
演出から借りた、刀研師の漫画読んで、役作りの真っ最中でした!

ふー( ・−・)🍵ずずー!
皆さん、それぞれに頑張っておられますね‼️
さてと、私も張り切っていきましょーかヽ(*´^`)ノ
posted by ステージタイガー at 10:40| 大阪 ☀| 華よ咲け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月20日

殺陣とはなんぞや(白井)

こんにちは。実は、最近こそこそとインスタをはじめた白井です。

そもそもの実はインスタの始まった頃にすでにはじめてて、ハブ酒の如く寝かせ続けていた結果、
熟成が過ぎるのでかき混ぜていこうというのが本当のところ。もしよろしければ、ちらっと覗いて見てみてください。
1日だけしか残らない「ストーリー」てのが最近は楽しみになってます。

白井のインスタはこちらです⤵︎
https://instagram.com/vincent_shirai?r=nametag

8B3A6BED-4F78-4C0A-9953-B323B8CE6164.jpeg
楽しそうに殺陣する人

さぁて、お稽古のお話です。
今日の稽古も殺陣稽古。
殺陣に関わらないメンバーは着付けの稽古やセリフの稽古、役作りの打ち合わせなんぞやっております。
殺陣のおもしろいと思うところは
それが殺陣であるからじゃねぇかな、と思っています。

武術とは違って、殺陣。

武術(なんてできやしないですが)は相手の力を限りなく小さくするための工夫がなされていたり、
動きが読まれないようにするあまり、動作が小さくなっていたり。
殺陣はもちろんその逆で、お互いの見せ所(力強さ、ベクトル、身体の見せ方)を出来るだけ大きくわかりやすくする事で、
見ている人に、意図や気持ちをみせる工夫を凝らしてるんではないかなと思っています。

8F9CC58C-122A-4BE7-9B04-E623BEB9F1C5.jpeg
しっかりと隙を作っているお芝居をしている図

で、殺陣の何が面白いかっていう、僕なりの考え方ってのは、
文脈がある。みたいなところに行き着いてしまいます。
武器の特性とか、間合いとか、
戦い方とか、性格とか、
いろんなものひっくるめて、あるべき形に落ち着く、のではないかなって。

この人は、こう動く、っていうのが必然的に成る。
という感じかな。
理由とか、根拠とか、深く考えずにやると、ただ動いてただ喋ってるってことになっちゃう。
殺陣も芝居も。

とはいえ、その中で、なぜか偶然そうなちゃった、みたいな瞬間も作れたりするから面白い。
偶然なのか、必然なのか、作ってる本人にもわかんないことが起こることもある。

977C833B-4B95-4E4E-94D4-4E703DEC50BB.jpeg
殺陣もだけど身体動かすのが好きな人。

そんなわけなので、あっという間に終わってる、というのではなくって、
その中に文脈があって、ドラマがあって、偶然と必然があって、
どちらの可能性もあるけれど、こちら側に決着がついてしまう、
そんな殺陣ができればいいなと(あくまでも、僕は)思っています。

それが、芝居にもつながって、芝居、殺陣、芝居、殺陣、クリスマス、芝居、殺陣、お正月、
相乗効果で上がっていったらいいなって思います。

平宅師父の手の元、どんどんとついて行く殺陣に、
ぐいぐいと食らいついていく最年少西村こころ、
帰り道で「忘れないようにしないと」ってイメトレしながら歩いてるのを見て、
それなら、僕も黙ってつきあおう、と無言で歩いて帰りましたっと、さ。

DC21FC21-0542-4822-9AE8-1791681A769C.jpeg
SHASENの学生さんも本当、毎回現場に顔だしてくれてありがたい限りです。

この中に、僕の娘役が一人おりますねん。
帰り道は、ちょこっと、演技のことをお話ししながら帰りました。

もっと、共演者とコミュニケーションとって、
中身を凝縮させた時間を、お客様に過ごしていけるようにがんばりまっす!

FED09F90-DE16-4F76-A30D-70CBC5785370.jpg00B08952-CBB7-47BA-9879-DF50C9FF1193.jpg

SHASEN × ステージタイガー
  「華よ咲け」
2月1日(土)〜2日(日)
近鉄アート館にて!

ご来場お待ちしております!

posted by ステージタイガー at 02:31| 大阪 ☁| 華よ咲け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月19日

音を重ねていくように!

おはようございます☀

竹林なつ帆です。


みなさまお元気ですか?

師走、走られてますか?


私たちは年内、まだまだ稽古しますよ!

F3DF2A63-CECB-417F-932F-827DEEFADA71.jpg

※代役黄色ブラザーズ。かわいすぎか。


昨日は、現在半分くらいのシーンがついたところ、

田代さんのご帰還もあり(おかえりなさい✨)また最初に戻って、復習も兼ねて進めていきました。

95B1752F-68A3-48F5-B1E8-5DA063A2E2B7.jpg6D6928F3-F96A-427D-A614-0E3E11E0CEA0.jpg

やっぱり膨らみが出ているなぁ…✨と思いましたし、やっぱり主役の西村こころさんが、どんどん魅力的になっている!と思いました😊


※殺陣も、平宅先生のもと、ぐんぐんと力を付けられているように感じます!


虎本さんも言っていたように、これは西村こころさん演じる「桜」の物語であり、

彼女に目がいくように作られていきます。

649DC805-25DF-4907-892C-AD165BEF78C5.jpg


桜は、

どんな相手にでも勝てる程の剣の腕を持っており

その純真な心から、困っている人を助けてはその人の命の恩人になり、そりゃもちろん多大な感謝されながらも、

そんな感謝に照れちゃう…

愛おしい女性です。

(しかも、その助けた人との縁が続いていっているという描写が良い!)


台詞や、出番が多いから目立つ!ということだけではなく

全員で「主人公に目がいく」状況を作っていく作業…

とても楽しいです👍


芝居はやっぱりオーケストラとかと一緒で

みんなで作っていくものなんだなぁと改めて実感しています。

ひとつひとつを聞いてもわからないけれど、重なり合った音が素敵なメロディを奏でるのですね。


※キツイ筋トレをみんなで乗り越えるのも意味がある……のである…!

6111BA50-BB16-4CCE-80D4-CC8ABFF3B423.jpg


後半戦は、更にそんな桜の


葛藤


が描かれるシーンとなるでしょう。



人間ドラマはステージタイガー。

老若男女に楽しんでもらえる舞台をお届けします!


▼ご予約は是非下記より

特設サイト:http://st-tg.net/_sp/hanayosake/


8BC6809E-9A37-4AEA-AB08-FC05C12F03A7.jpg00B08952-CBB7-47BA-9879-DF50C9FF1193.jpgFED09F90-DE16-4F76-A30D-70CBC5785370.jpg4E02360C-A895-49CB-ACE5-F66E6AF99782.jpg

posted by ステージタイガー at 08:27| 大阪 ☀| 華よ咲け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月18日

人を描く

虎本です。
華よ咲けの稽古は3歩進んで2歩下がるように前進しております。

それは何故か。

僕が、台本に手を加え続けているからです。
俳優にも、原作者にも申し訳ないのですが、僕にはゆずれない拘りがある。

それは『人』であり、『葛藤』です。



稽古場写真_191218_0875.jpg

SNSや稽古場blogでも語られていますが、今作の見所は殺陣。
そして魅力的な登場人物。
きらびやかな世界設定。


けど僕はそこに、人がいかな壁に打ち当たり、悩み苦しみ、乗り越えるのか という姿を加えたいのです。

稽古場写真_191218_0869.jpg


どんなに格好いい殺陣がついても、観客席をワカすことのできる表現があっても
そこに人の葛藤がないと、僕の作品とは言えないと思っています。


稽古場写真_191218_0857.jpg

人が斬られれば血が流れるように、台詞も斬ればそこに熱い血がほとばしるようにしたい。

稽古場写真_191218_0858.jpg


僕が本作で描きたいのは 運命とか、使命とか、生まれだとか、育ちだとか。
年齢だとか、性別だとか、ポジションだとか、役割だとか。
キャリアだとか、所属だとか、上下だとか、主従だとか。

そんなモノを越える、強い想い。
全てを断ち切るような、愛。

それを見つける為に、それを俳優達とシェアする為に、もっともっと深く斬り込んだ稽古がしたい。

この作品を高い次元に持っていく。
その先頭に立つのは僕の仕事だと思っています。

さあ、今日もアツい稽古をしようっと。

虎本剛
posted by ステージタイガー at 07:21| 大阪 🌁| 華よ咲け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。