ステージタイガーへ

2019年05月12日

椿三重苦労(タニーヤ)

こんにちは
こんばんは
谷屋です。
タニーヤです。

ゴールデンウィークの、中之島春の文化祭も終わりまして、虎っこたちは早くも稽古に明け暮れてますよー。

…言うて、わし、白井くん、小野さん、椿のみ出演のご依頼公演ですけども。
なので一般公開は、なーし!

いつかお見せしたいですけどね!

今回の出演では一番の若手、椿にフルボッコ、アツい指導が集まります。
20190512193808079.jpg

めっちゃ前身してるんですけど、パイセンたちが突っ走る!

手加減なしの、全力投球で応えまくります。

20190512193757027.jpg
…たまには大暴投(笑)


悩む椿に、励ます小野師
20190512193841428.jpg


結局はハートや!
傍若無人な先輩たちとのセッションも虎本氏の演出に救われております。

20190512193850329.jpg


…全然、話が見えないね。
この写真じゃ(笑)


まぁ楽しくやってますー!
こんな感じで、ご依頼いただけますとステージタイガーは、貴方の街にも上演に参りますよ!
まずはお気軽にご相談を♪
例として、『協走組曲』のページをどうぞ→ http://st-tg.net/_doc/delivery.html


さて!皆様に次に、お見えするのは6/11(火)!
我らがin→dependent theatreの新1st!
杮落としシリーズ で、最新作をご披露致しますよ!


新1st柿落としシリーズ参加

火曜日のゲキジョウ30×30

ステージタイガー×トランスパンダ


ステージタイガー新作短編

『チェーン•マッチ』
作・演出 虎本剛


【出演】

椿優希 

竹林なつ帆

小林聖也 

鍋海光 

谷屋俊輔 

小野愛寿香


【会場】
in→dependent theatre 1st

http://itheatre.jp/access.html

※新しく移転されています!


【日時】

6/11(火)

18:30【ステージタイガー】

19:10【トランスパンダ】 

19:50【ステージタイガー】

20:30【トランスパンダ】

【チケット】

→2作品を各一回 ご覧になれます。

前売り 1,800円

当日 2,000円

【ご予約】
 https://www.quartet-online.net/ticket/190611?m=0mbdhgf



(あらすじ)


将来を有望視されたランナー•垣内信輔は負傷によりリハビリ生活を余儀なくされる。


同棲する恋人•柳原志乃とともに週末にマラソンサークルで走る毎日だが、その間に宿命のライバル•田村はどんどん先へ行ってしまう。


妬み、焦燥、孤独…信輔の生活は徐々に荒んでいく。


志乃は去り、田村はメダルを穫り、信輔は走るのをやめてしまう。

そんな信輔に再会した志乃が呟いた。

『私と勝負しましょう!』


ステージタイガーがお送りする、数奇でハートフルな、「幸せなんて誰かと比べてもしょうがないけど、比べちゃうぜ!」って人に送る、くされ縁の物語。


ご期待くださいませー!

posted by ステージタイガー at 20:01| 大阪 ☁| 【イベント出演】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月11日

繰り返すこと。

繰り返すことで、見えてくるものがある。

どうもアスカです。小野です。

再演祭りといえなくもない、ステージタイガー10周年。
数年前に学校公演でやらせていただいた、「OVER&OVER」をまたやらせていただきます。
不変の名作は再演しまくるべきである、決して色褪せない、とも近頃思います。忠臣蔵とかさ、なんべんもやりますやん。次の本公演もそんな感じですよ。お楽しみに。

前と同じ学校ってことですから、もう同じ生徒さんがいないくらい前のことだったんですね。

これは定時制高校のお話です。
学校公演ですから、学校が舞台のほうが共感できるとは思うんですが、ほら、みんな大人だから。キャストが。
だから大人が通う学校てことで。

昔自分は学生の時、映画鑑賞会で山田洋次の「学校」観たなぁと思い出します。
あれはよかった。
あんな感動を、生で、お届けできるかな。したいな。と思います。

さて、再演も繰り返しのひとつではあるんですが、今回の稽古ではとにかく反復練習を。
基礎練も、素振りも、なんでもずっと繰り返していくと、新たなものが見えてくるという体験、ありますよね?誰しも。
演劇の稽古は複雑すぎて、そんな簡単に次が見えてくるというものではないのですが、やはりそれでも反復がないことにはなんのお話にもなりません。
C77B9A08-26B3-43C8-899D-626C1BD69C2C.jpg
一つの台詞を繰り返し、

一つのシーンを繰り返し、

ひと作品の稽古を繰り返し、

その作品の上演を繰り返し、

学校公演を観たものがのちの世代へ見せる学校公演をする、という繰り返しをつないでゆき。

大いなるフラクタル構造ですね。
76E402FD-9B97-4051-97C3-B61B7FC7A51F.jpg
なんか最近全てがフラクタルだなと思います。

神は細部に宿るとかもそんなんなような気がするし、
日常の細かいこと、いい例えが浮かびませんが例えば手の上げ下げなんかすらもとある方向性を持って気をつけていると、全てのものの見方や考え方、生き方までもがその方向性に向かっていけるような。

あ、なんかよくわかんないことになってますのでまたいつか、いい例えが浮かんだらお話しいたします。

A9BF29CE-EEA8-4875-93CE-2437AF75AFF0.jpg
とにかく、頭おかしくなるくらい繰り返し繰り返し練習しましたよっと。

そんなわけで、こんな熱いお芝居を繰り広げているというご報告、稽古場ブログでした。

posted by ステージタイガー at 15:22| 大阪 ☀| OVER &OVER 2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月09日

学生時代の君たちへ

こんばんは、バッキーです。


昨日は、某大阪府内の学校で公演する、公演、OVER&OVER の稽古始めでした。


僕にとっては、大先輩に囲まれての四人芝居、正直ドキドキが止まらない‼︎


そして、今回も、素敵な台本で、早く学生さんに観てほしくてうずうずしております。


学校公演って素敵ですよね。


残念ながら、僕の通ってた学校には演劇に触れる機会なんてなくて、高校とかの芸術鑑賞会で舞台を観たよ、って聞くたびに羨ましいなぁ〜って思ってました。


演劇って、きっと何か心に響くものがあると思います、だから、素敵な演劇に学生時代に触れる機会があるのは、とっても素敵なことだと思うのです。


僕は、よく、タイガーの作品を学生時代に見ていたら、人生変わっただろうな、と思います。


それくらい、虎本さんの書く言葉には力があると思います。


だから、責任を持ってそれを届けたい。


そんなことを考えながらお稽古してました。


D1913A7A-246F-446A-A007-780AE5257B3A.jpeg

posted by ステージタイガー at 19:39| 大阪 ☁| OVER &OVER 2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月04日

もういくつ寝なくても(タニーヤ)

オハヨウゴザイマス
ABC!
20190504133049111.jpg
もういくつ寝なくても、本日、本番!
中之島春の文化祭2019『男の五ヶ条』
18:00のCブロック!
多分18:40くらいの出番でーす。
20190504133107095.jpg
20190504133124218.jpg
20190504133129410.jpg
20190504133138823.jpg

ステージタイガーで春の文化祭出始めて何年めでしょう。
毎年参加させていただいて、有り難い。
今回、このお祭で再演をさせていただくのは初めて!

ステージタイガー、劇団も10周年らしく、この10年の短編での最高傑作!…のつもりで頑張って参りますー。

思い起こせば、旗揚げ前の最初の短編『虎をカる男』も3人芝居。
20190504131938237.jpg
ウガウガ言うてたなぁ…
10年前の谷屋よ。
谷屋はちゃんと10年後、言葉話して短編するようなったよ(笑)


さて、本日はステージタイガーが次の新作短編を披露する新1st杮落とし公演シリーズ火曜日のゲキジョウ30×30『ステージタイガー×トランスパンダ』のチケット予約も開始!

スタート時バタバタ不手際あってすみません💦

新作『チェーン・マッチ』もよろしくお願いします!

ご予約はこちらから
https://www.quartet-online.net/ticket/190611?m=0mbdhgf

まずは、この後18:00から!
福島はABCホールでお待ちしております!


当日券はあります!…今のところ。
最新情報は劇場ホームページでご確認お願いします!
https://www.asahi.co.jp/abchall/

ホットドッグもあるよ!
20190504133438767.jpg
20190504133444559.jpg




posted by ステージタイガー at 13:37| 大阪 | 男の五カ条 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月01日

春の文化祭まで、あと4日

18D49CE7-DA37-4608-90C0-240A476F8D9B.jpg
2019年5月4日(土)18時頃〜 ABCホールにて ステージタイガー「男の五カ条」


ブロック席も完売につき、お知らせというよりは心意気。


まぁ、お知らせといたしましては、当日来ていただければ、たぶん、お席はございます。
例年のことではありますが、当日ふらりと来ていただいても、だいたい、お席についてはいただけています。
まぁ、世の中に絶対はないですが、隕石が降ってきて地球が滅ぶのも、お席につけないのも、まぁ、ありれるといえばありえます。
だもんで、お席も、だいたい当日券は用意してもらえているので、
ご予約叶わなかった方も、気にせず、いらしてください。

たくさんのお芝居がありますんで。与えられた時間は20分ですが。
短い、ですかね、どうでしょうか。
お話を知っている僕としては、物語、ドラマがしっかりと詰まっていると思います、この作品。


過去の友人に送った贈り物が返ってきて、
今の自分を救ってくれる。
というやさしいお話なんです。
とってもざっくりというと。


何が人を変えるのか。
その「何か」ってのは一方通行のものなのかしらん?
誰かのために何かをするっていう、片道通行のアクションがあって、
そしたらその誰かから、それなりの見返りがあってしかるべきなのか。お返しや、その相手が変化することは必然なのかどうか。
そんなことを考えながら、稽古しています(稽古と言っても個人的な脳内での反芻ですが)。
誰かに何か「影響」をあたえたり、「働きかけること」っていうことができるのか。
そういうことを日々、悶々と考えています。

頭の中で考えるっていうことと、稽古場で実際に表出させることとは、直接的に結びつくことはないです。
だから、あまり頭でっかちに考えても、突然何かが大きく変わったりすることはない。
(たぶんですが)なんでかっていうと、「自分の考え」に過ぎないから、かなと。
どんな風にやってやろうと思っていても仕方ないんですが、
役柄を演じる時に、どんな風に居てあげようかなって思うことはどうしてもやめられないですね。
救われてほしい、報われてほしい、という気持ちが出てきてしまうんです。

人のために、何かをしてあげたくなったり
人が自分のためにしてくれた優しさのようなものを、甘さず受け取れる
そんな気持ちになれるお芝居なんじゃないかなって思います。

劇場で、お待ちしております。  詳細はこちら!
posted by ステージタイガー at 04:08| 大阪 ☔| 男の五カ条 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月26日

GWは!やっぱり!!(アスカ)

ABCホールでの中之島春の文化祭!
ですよね!!
E852558F-65CA-447D-86A4-383E319A5301.jpg
おやなにやら、メガネっ娘がいますね。
このメガネはいんふぃにっと時代からの特別装備品です。

一年キッチリ後に再演するというのをこの作品で二度目、今年やるわけなんですが(1個目はI CONTACT)、なんだか進化の様子が見えて面白いです。

作品が、という意味はもちろんなのでおいといて、
前回「こうしてほしいんだけどなー」と思っていたけどなかなかうまく出来てなかった部分が、スッとドンピシャでいけるようになってる、とか。
俳優が一年でどんな軌跡を辿ってきたのか、そして進化したんだな、というところが、見て取れるのが楽しいです。
これが見えるのは稽古場ならでは、なのでしょうけれども。
715018EA-8B46-423B-B48F-AF2D4A1B2845.jpg
これを、本番の舞台で、前回見た方がどのように受け取るのか(正直あんまし覚えてないかとも思うのですが)、も、気になるところです。

そして初めてみる方のために、ネタバレ写真は出さないようにしておきます。
達筆な巻物の中身ですね。
506D7EC1-DE88-4F4D-A9A0-1CA570E86013.jpg
今日は明日の通し稽古に向けて、最後までの段取りの落とし込みを行いました。
みんな面白いなぁ。
56FB6316-9A5B-4B7C-9A3C-332827D30778.jpg
前売り券は完売ですが、夜の回なので当日券で入れると思いますよ。
20分とは思えないちゃんとした感動のお芝居を、お届けいたします。
短編になっても長編になってもキッチリ構成の要点がブレないのが、ステージタイガーの特色かもしれません。
どうぞ安心してごらんくださいませ。
ではでは、また。

18D49CE7-DA37-4608-90C0-240A476F8D9B.jpg
中之島春の文化祭2019参加作品

『男の五カ条』

作・演出 虎本剛
出演 白井宏幸 谷屋俊輔 小野愛寿香


ステージタイガーの出演…
5/4(土 祝)のCブロック
posted by ステージタイガー at 00:01| 大阪 ☁| 男の五カ条 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月20日

こんなお稽古場(タニーヤ)

こんにちは。
こんばんは。
谷屋です。タニーヤです。
20190420124006442.jpg
⬆選手使いそびれた、現在 東京はシアター KASSAIでオパンポン創造社出演のきゃっぴいさんとパチリ☆


さて、昨日もドンドン進めて参りました!
「男の五ヶ条」の稽古!

昨日は冒頭から半分ほど!
いうて20分の作品なので10分くらいまでを、あーでもない、こーでもない…や、そんなこと言うてないや。

こうした方がええやろ!
それおもろいやんけ!
稽古でした♪

20190420124227200.jpg

谷屋、白井、小野とええ歳の互いの懐知った仲間やからこその、順調な滑り出し!

…まぁなにより再演ですからね(笑)
多少、変更はありますけど、根本は変わらずお稽古進めれております!

中でも。
白井氏の全力投球がタマらん(笑)

20190420124238504.jpg

そんな全力でやらんでも…言うとこをガチに全力で。
まぁそれが、役通りなので正しいのですけども。
それやられたら、こっちもやらな!なええサイクルになってますわ。

2019年版 男の五ヶ条、ご期待いただいて大丈夫ですよ♪

言うて、チケット前売りは完売!
当日券はございます!
ゴールデンウィーク!
中之島でお会いしましょう。

↓公演情報
20190420124313950.jpg
20190420124321352.jpg

ステージタイガー

中之島春の文化祭2019参加作品

『男の五カ条』

作・演出 虎本剛

出演 白井宏幸 谷屋俊輔 小野愛寿香


ステージタイガーの出演は

5/4(土 祝)のCブロック!!

詳細→ http://news.st-tg.net/article/464708610.html

よろしくお願いしますー!
posted by ステージタイガー at 12:44| 大阪 | 男の五カ条 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月19日

男の五カ条

いよいよ始まりました。
中之島春の文化祭のためのお稽古。

「男の五カ条」

3人芝居でございます。
今回は、再演ということになります。
再演というのは、本当に面白いもんですね。
一度やったことがあるということが、どのように働くのか。
これからの稽古がとても楽しみになってきた、稽古初日でした。

中之島春の文化祭について詳しくはこちらをご覧ください。

我々、ステージタイガーは5月4日(土)の18時頃のCブロックでの出演となります。
どうやら、前売り券は売り切れてしまった様子。
ですが、当日券は、毎年見ている感じですと、問題ないんじゃないかな。
なんだかんだ言って入れるんじゃないかな、なんて思います。

7940031B-B816-4A76-8FD1-FAA4AF18D311.jpeg

たった20分だけの物語ですが、しっかりとドラマのあるストーリーです。
最近歳をとってきたのか、台本を覚えようとして自分の台詞を見てると、なんだか泣けてきちゃうんですな。
まぁ、それがいいことかどうかは置いておいて、
たかが20分と言わず、素敵な時間を過ごしてもらえるんじゃなだろうかと思っています。

とはいえ、20分程度のお話なんで物語を語ってしまうよりは、素敵な見どころを。

ここで、少し脱線したお話を。
僕は、あ、僕は白井です、お久しぶりでございます、僕は、
演劇と言わず、
いや、まぁ、光も音も、物理的に観測することができているので、
「演劇も物理的に観測できるものなのではなかろうか」ということを考えることがあります。
目で見えるじゃないか、声が聞こえるじゃないか、ということを、つまりは観劇を観測というのならば、その通り。

けれども、演劇を見るときに起こりうる作用、ってあると思うんです。
楽しい気持ちになったり、悲しくなったり、ときには腹を立てたり。
そこには、言葉の意味、という以上に、なんらかのメカニズムがあって、目視では確認できない物質のようなものが
見ている人に届いたりなんかしたりして、感情の揺らぎを与えているんじゃないかなと思うことがあります。

書かれた言葉だけでなくて、そのうちに、目には見えない設計図だったり、元素記号のようなものを
密かに忍ばせてみるという楽しいことをやっているのが役者なのかなぁとも思っているのです。

ACFFA924-2583-4534-982D-83EC6A76DC6B.jpeg

「実験的な」と評される演劇もあるにはあるようですが。
ドラマティックな、ストレートプレイの中にも、数々の実験が潜んでいるんだと思っています。

それは、前回の作品を経て、同じタイトルのお芝居をする僕にはその準備がだいたいいい感じに整っている。
そんなふうに思うのです。

物語としては同じ作品なのでそうは変わりませんが、届くものは前とは全く違うものになっていると思います。
まだまだ、失敗するかもしれない実験を何度もなんども試していこうっていう時期ですが、
どうぞ、ご期待ください。
ありがたいことに、やっている僕が一番楽しませていただいています。
見に来てくださる方にも、もちろん楽しんで欲しいので、
できるだけたくさんの挑戦と失敗を重ねて、
多分、最終的には作品か、それを見てくれるお客様に魔法みたいなものをひとつ、
かけることができればいいなというのが、目下、目標です。

AAA78FC8-DB0C-47CF-92AC-D0C3285ADB5B.jpeg

中之島春の文化祭2019
ステージタイガー
「男の五カ条」

5月4日 ABCホールにて



posted by ステージタイガー at 04:09| 大阪 | 【旧】稽古場日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月13日

4/12基礎練習

本日の参加者
アミ 谷屋 虎本 白井 南 鍋海 竹林 椿 小林
外部参加者 8名

--------

虎本です。
今日の基礎練習はいつものように

柔軟からスタートし


基礎練習_190412_0224.jpg

サーキットトレーニング


基礎練習_190412_0227.jpg

発声練習

と、ひと通りの基礎をがっちりと。
本日はリーダーを若手の椿が一人で担当し、部分詰まりながらも、最後まで皆を引っ張っていってくれました。
外部からの参加者も多く、中には高校生や初めて演劇の稽古に参加される…という方もおられましたが、よい熱量で参加して頂けました。

後半は僕が陣頭指揮を執り

『役を作るとは何か?』という題目のもと、脚本家が思う、役の本質についてレクチャー。
書くと長くなるので…ザックリいうと、その役は何がしたくて、何の為にそこにいるのか?という話をしました。
それを意識してのワンシーンの稽古。

基礎練習_190412_0213.jpg

基礎練習_190412_0205.jpg

基礎練習_190412_0221.jpg


どうしても台本があり、台詞があると『セリフをいかにウマくいうか?』ということを考えてしまいますが。
それよりも前に、その人物がその場にいる意味は何なのか?
そのセリフを口にする事で、何を達成したいのか?
ということに着眼してもらいたい。

僕がよく稽古場でいう言葉で置き換えるならば、役の『need』ではなく『want』と『hope』を掴んで欲しい。

ステージタイガーというと、筋トレ、体育会系、叫んで走ってオラオラ!みたいなイメージがあると思いますが。
※あながち間違いでもない

その根幹にあるのは、シンプルで丁寧で骨太な演技であって欲しいと思います。
与えられた役に対し、真摯に向き合う俳優であって欲しいと思います。

次回は4/23
もう少し役を作る、ということを掘り下げていきたいと思います。



posted by ステージタイガー at 00:04| 大阪 ☁| 【基礎稽古】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月15日

1回きりの公演に向けての最後のお稽古が終わりました(白井)

次こそは、次こそは。
多分みんなそう思って稽古に臨んでくれたんだと思います。
いいものを作ろうという気持ち。
うまくいかなかったところを、もっとよく考えて、テンポを上げてみたり、
声を強く出してみたり、絞り出すように気持ちを高めたり。
目をそらしてしまうところをしっかりと見つめてみたり、
間をもたせてしまうところを、勢いをつけて喋ってみたり。

すべては、1回っきりの本番に向けて。
それを見に来てくれるお客様のために。

BB39DBDA-6037-4BC8-BB39-64C3DE2C957E.jpeg

みんなが撮ってくれた写真が、ありがたいんで、何枚も載せたくなってしまいますね。

稽古も、こないだの「スロウステップスマイル」が終わってから程なく始まったので、
一ヶ月ちょい。僕らはそんなに器用ではないから、みっちりと期間を取らなきゃできなくって。
一ヶ月、結構大変な時間だったと思います。
劇団員も、出演してくれる外部のキャストさんも、みんなそりゃ、お疲れもたまっておるでしょう。
あと2日間、お力、貸してちょうだい。

アミさんは、今日の帰りになんだか疲れすぎてて、女の子と焼肉に行きたい。だなんて言ってたけど。
このコメントを、面白くブログに取り入れることは僕にはできなかったよアミさん。

別の話をしますね。
前回のお芝居あたりから、僕の挑戦としては

ただ一つの武器は勇気

って事を、心ん中に持って、稽古に取り組んできました。
あんまり、その、演劇論とか、稽古論とか語ってしまうのは、格好良くはないんだけれども。
作品のために、もしかすると出演者の誰かも読んでくれるかもしれないので、書いてみます。
これが正しいってことは思ってないけれども、一つの考え方として。

28E37BAD-D6A1-4EC5-9349-8BCEBC17D66A.jpeg

正解、ってないんです。稽古場には、多分。
劇的な状況の中にあって、登場人物が吐く台詞っていうのは、言葉っていうのは、示す態度っていうのは、
人を勇気づけるものである可能性があるし、人を傷つけることである可能性もある。
もしくは、それも、立ち直れなくなるほどに強く。

っていうか、それはお芝居の台詞よりも、人生の中でよくある話じゃないかなって思うんです。
大小あるにせよ、ちょっとした発言で、「え?えぇ?そこまで怒る??」ってことがあったり。
後々になって考えてみると、その人に対して、最悪のタイミングで最悪の言葉をかけてしまっていたり、
悪気がなかったとしても、こちらのコンディションが悪かったとしても、
時間は戻らない。
後悔として、心に刻まれることになるだろうと思います。

お稽古でもそうで、
毎回違うことをする(違う結果になる)
ということと、
毎回違う挑戦をする
ということは、なにか、ちょっとしたことだけれど、大きな隔たりがある。
また、同じことを繰り返す、というのも少し怖い。

人生やり直しマシーンが目の前にあったとしても、僕は、好きな女の子に好きだって言えるかっていうと、保証はない。

怖いもんね。

165469ED-F7A3-4E37-A185-686138564B6D.jpeg

稽古場は失敗する場所だ、とよく言われます。
考えて、考えて、考えて、感じて、トライして、エラーする。そして、また考える。
こういうエラーはありだ。
考えずに、感じるままに、なんとなくやってエラー。これはもちろん違う。

失敗する勇気。

やっぱりこれがいるんだと思うんです。
で、ただ、やみくもに失敗すればいいのかっていうとそんなんじゃなくって。
目の前にいる人の人生を左右するかもしれない行動や態度や言葉を、勇気を持って、発信する。

絶対に失敗しちゃいけない、って感覚を常に持って、失敗を恐れず演技をしてみる。

矛盾するけれど、これは演劇の稽古だからできることなんですな。
失敗しても、次の稽古で修正すればいいもの。

でも、ゲートキーパーはそうはいかない。自殺は、そうはいかない。
その他いろんな、人生の物事も、もちろんそうはいかない。


次はない。


台本通りには進まないんです。

440C58EE-FE7C-44D4-A674-EFD0BEB49A50.jpeg

俳優が俳優であることを投げ出して、目の前にいる大切な人のことを思うことで、
もう一つ、面白いものになりそうな、今です。
そして、そういった物事ってのは、ちょっと思い返せば、見に来てくれたあなたの、
普段の生活の中に、いくらでもあることなんです。

その手を
差しのべる側であれ、差し出される側であれ、

僕らが、舞台上で、本当の勇気を見せることができれば、
この作品はきっと見に来てくれた人に強く届くんだと思っています。

恥ずかしかったり、怖かったり、自分を守りたい気持ちを捨て去って、
目の前の相手のために、勇気を持ってさらけ出す。
ちょっと、どきどきするかもしれませんが、とても、勇気をもらえる作品になってると思います。

DE46A24A-D5B6-41F6-B005-5F938BAA98CA.jpeg

ま、たかだか、演劇でもらえる勇気なんて
電車で席を譲ったり
道に迷ってそうな人に声をかけたり
そんな程度ですけれど。

○○○

ステージタイガー 松原公演
「I CONTACT」

3月16日(土)15:00開演
※ 開場は開演の30分前

於 松原市文化会館
近鉄阿倍野駅から南大阪線 準急で11分 河内松原駅から徒歩15分
天王寺から30分あればたどり着ける劇場です。
➡︎ 詳しい行き道ブログはこちらをご覧ください 「松原市文化会館へのアクセス方法

料金 無料!


お待ちしております。

91106BD0-5715-46E8-AE9D-F9D4931EBA46.jpeg
posted by ステージタイガー at 02:44| 大阪 | I CONTACT2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする