ステージタイガーへ

2017年04月25日

稽古場潜入(白井)

IMG_1360.JPG
※ちゃんなつこと、竹林なつ帆は同時期に客演があるため出演しませんが稽古場にて代役をしてました。

表題の通り、稽古場に潜入してまいりました。
「太陽のような男たち」というお芝居を作っている現場です。
中之島春の文化祭2017に参加する作品です。
たくさんの劇団さんが20分に全てを詰め込んでお客様を満足させて差し上げる演劇の大イベント。
っていうのが中之島春の文化祭であると思っています。
たくさん面白いのが見れます。ステージタイガーは5月3日(水)の最後のブロック
Cブロックのラストに出場します。時間帯はだいたい18時開演予定。
前のブロックが早まったり伸びたりする可能性もあるので、だいたい、ということみたいです。
1日通し券は素晴らしいことに完売してしまったんですが、僕たちの出るブロック券というのは、
まだ残っているらしいので、ぜひとも、ご予約お願いします。
ブロック券(1500円)でビーフケーキ/劇団ZTON/十三クラブ/劇団壱劇屋/ステージタイガー
上記5団体の作品を見ることができます。

チケット予約はこちらから!!

とはいえただただ見に来てくださいといったところで、どんな話なのか、とか見所がわかんないと仕方ない。
と思うんで、出演しない僕から見た感じをざっくり伝えてみようと思います。
とある酒蔵がピンチ、助けにくる幼馴染、でもその幼馴染は、実はラッキーパンチでちょっと成功した程度。
本当は誰かに手助けできるような力なんて持ち合わせちゃいない。
さてどうしよう、やるしかないのか?どうするの?  って話です。

全くわかんないですね。

ネタバレを気にしないで書いていくとこにいたしますと。
最近は物に着く価値が変わってきたように感じています。
とある個人通販サイトで「日本銀行券」が販売されたり、
形のないもにお金を払うことが多くなってきています、スマホゲームに課金をしたり、
有料動画サイトであったりと。もちろん、衣食住などに関しては根本的には変わることはないでしょうが、
こと、娯楽に関して言えば、みなさんのお金のかけどころがどんどんと変わっていっているように思います。
形のある趣味というものでいうと、本を読んだり、服にお金をかけたり、旅行に行ったり、
娯楽、嗜好品の類において、形の残らないもの、に対する価値が出ている時代になりつつあるのかもしれません。

と言いながらも、僕自身の趣味として「神社巡り」っていうのがあるんですが、
それも、形に残らないものにお金(御賽銭)を払っているんで、ソシャゲと変わんないのかもって思うとクラクラしますけれども。

今回の話は「酒蔵」のお話です。
とにかく旨いお酒を作ろうとする酒蔵があります。しかし、時代の流れはあまり味方してくれないんです。
美味しいものを作るというだけではなく、それを知ってもらう努力をしなければ、続けられない世の中なんです。
衣食住など、生活の最低限から外れたものの価値というのは、求められなければ成り立たないものであり、
そして、今は、案外ネットゲームで宝石を買うことが求められてたりします。
そこで、物語に出てくる人たちはみんなに宣伝をするために動画作品を作ってPRしようと奮闘します。
主人公は過去に映画を撮ったことがあり、それが表彰されて、自分に自信を持ちます。
しかし、そんな自信は大きな都会の中では全くありふれたもので、夢破れて故郷に帰ってきます。
そんな主人公を頼ってくれたのが、酒蔵の主人なんですね。
二人は学生時代の監督と女優で、その女優の思い出の中では、主人公は素晴らしい作品を作る監督で、
その主人公は自分が「何者でもなかった」悔しみや、自分の過去への執着が付きまといます。

なんだ、結局お話について喋っちゃってるぞ。
IMG_1366.JPG
これね、なかなか深いテーマであって20分で収まるのかなっていうのが僕の深読みです。
モノの価値がもう最近はグラグラじゃないですか。
日本人が、いわゆるサラリーマンとなって一生働いた生涯収入の8人分が、
日本一偉いとされている人の、さじ加減で、ガサッと使われちゃう世の中で、
それでも一人一人の力では、生きていくのが精一杯。
朝から晩まで働いて、一生懸命働いて、少しのお金で贅沢をするんです。
そうなると、そりゃ、選びますよ、自分は何に費やしたいのか、注ぎたいのか。

いいものを作るだけでいいとされていた時代から、
どちらかというと、安価で手に入りやすいモノが売れるようになってきている
(というのも、一般的な価値観を持っていると、僕が考えているだけかもしれませんが)
そういう中で、作るだけじゃなくって、知ってもらわないと振り向いてもらえない世の中になってます。
僕らも、作品作るだけじゃダメなんだよなぁ、って問題を抱えながら生きていますけれども、
さて、これからどうしたものか、って考え込んでしまいました。
世の中の変化に、争っても構わないけど、目を背けたり逃げたりしちゃいけないんだって思いましたとさ。
お稽古見て、ちょっとそういうこと考えるとどんどん、難しい話になっちゃいました。
そういう生き方をしている人間たちの話ですね。
IMG_1350-09ae1.JPG
とあるシーンで、使われるセリフに「後味はどうだ」というようなセリフがありました。

人生でこれまで選択してきたこととか、取り組んできたこととか、
外からの評価ではなくって、自分でどう思えたか、悔いを残すことなく取り組んでこれたのか、
自分の人生に「芳醇な後味」を残すことができるのは他ならない、自分しかない。
ということを伝えたい作品なんだろうかなー、って。
稽古ではラストのシーンは今日はやってなかったんで、どうなったかはわかんないですけどね。
結構無責任に書いてしまいました。
全くそういうことじゃない、だったらごめん、

南田さんと谷屋さんが酒を酌み交わす、ってシーンがあるんですけど、
ふんわりとお酒のいい香りがした気がしました。
南田さんに後で確認したところ、稽古前にはお酒は飲んでいないということだったので、
演劇が僕に日本酒の香りを嗅がせたようです。

5月3日(水)中之島春の文化祭にて上演されます。
「太陽みたいな男たち」
夕方の18時からのグループの最後にステージに現れます。
それまでは、ウッドデッキにてホットドッグの販売もしていたりします。
このブログを読んで、少しでも気になった方は当日是非とも劇場に遊びに来てください。
きっとお時間を使ってもらっても価値のある「演劇」がたくさん観れると思います。

ブロック券はまだあるようなので、よろしければご予約をお願いいたします。

それでは、また。
posted by ステージタイガー at 02:44| 大阪 | 太陽みたいな男たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月24日

サンエッセンス

昨日の稽古では、


ザキさんのニュアンスで、ここはこうしてほしい!

という演出が少しずつ、

ついて行きました。

もっと、こうしてほしい!


というのに対して、役者側は、こうかな?

とやってみせて、

それで行きましょうとなったり、

大暴れしたり。笑



そして、最後のシーンが少し変わりました!

個人的には変わった内容が、ワクワクする感じで好きです。



稽古は、順調に進んでおります。



91243051-B406-4486-8E01-41C30733A276.jpg


少しずつ登場人物について

触れていこうと思います。


小野さん演じる アリカ

島中町という、片田舎に住み、

橘酒造の女性蔵元として登場いたします。


谷屋さん演じる 佐野 巡とは幼馴染。

巡との文化祭での思い出がくっきりと

アリカの中には刻み込まれていて、、、



705F9538-0836-4524-859C-B51BFCB1B4C9.jpg



経営難の橘酒造

自分の力ではどうしようもなく、

アイデアも思いつかないし

頼ったインターネット企画製作会社

に、まさかの巡がいて、、、




稽古の途中では、

剛さんが来てくださいました!

少しアドバイスを全体に入れてくださり、

ご飯に行って、色々と話をして、

士気がまた一段と上がった気がします!


さぁ、今日の稽古でも、劇団員が来てくれる予定です!

楽しみです!




posted by ステージタイガー at 18:01| 大阪 ☀| 太陽みたいな男たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月21日

あなたにとっての太陽


昨日も、太陽みたいな男たちの稽古でした!



いつもどおりのアップに加え、

今回は、マスゲームのようなアップも取り入れました。

自由に速さや、動きを取り入れ、それを同調させたり、他の人の動きをきっかけに動いたりするものでした。




そのマスゲームのようなものを

劇中のワンシーンにも取り入れて行きます。



役者陣としては、どう見えているかはっきりわかりませんが、ザキさん的にはいい感じのものが出来上がったご様子。

こういうムーブメントや曲選が、ザキさん演出っぽいなぁと思ったり。



楽しみにしていてくださいね!


 


620C0895-B7F7-4B94-B4DA-1D271ACEF97D.jpg




そして、頭からシーンを改めて返して行きました!


なかなか、普段では聞いたことのないような、カタカナの横文字がセリフとしてあったりします。




「サン・アタック・サンライズ」




という映像宣伝に特化した、インターネット企画製作会社。

この会社に所属する。



谷屋さん演じる、佐野 巡と、

鍋海演じる、時田 銀次郎。



佐野の方が時田よりも年上。

だけど、会社としては、時田の方が先に入社ということで、対等になんでも言える立ち位置にいる2人です。



先輩後輩というよりも、同僚という立場で2人のシーンがあったり。



佐野としては、小野さん演じる幼馴染。


アリカとの再会があって、


ふるさとに帰り、佐野は何を思い、感じるのか。




53ABC春の文化祭2017参加作品

Cブロック

ステージタイガー

「太陽みたいな男たち」



ぜひお越し下さい!!



posted by ステージタイガー at 12:37| 大阪 ☁| 太陽みたいな男たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月16日

4月16日の基礎稽古

参加者:虎本 南 空海 竹林 小林 白井
外部参加者1名

少数の参加ではありましたが、中身は濃厚。どうも白井です。
本日は基礎練習のメニューを考えるところから、楽しませてもらいました。
基礎とはなんぞや、なんです。稽古を始める時間までに雑談意見交換をしながら。
基礎とはなんぞや、という当て所のない問いかけを繰り返していました。
さて、時間がきたのでいつも通りにストレッチからのサーキットとレーニングに取り掛かります。
結局のところ、心技体、というべきなんでしょうか。
感じる心、表出する技術、表現を支える基盤、みたいなものかなぁ。
いろんな解釈があるんだとは思うんですが、体が健康じゃなきゃ、心も動かないし、声もだせない。
自信過剰になってはいけないんだけれども、普通の人、では俳優は成り立たないと思うんで。
修練できるところは修練すればいいし、足りないと感じたものは学びに出ればいいと思う。
そして、教わるだけではなくって、自身で模索するというのも大事だと思います。
IMG_1284.JPG
というところで、本日のメニュー
ストレッチ(ダイナミックストレッチで体をほぐします)
筋力トレーニングサーキット(無酸素運動と有酸素運動を交互に)3セット
※本日は3セット目のみ、カウントを倍かけて、ゆっくりと実施(これが非常に、効く)。
ストレッチ、呼吸法、発声滑舌
シアターゲーム
台本

まだまだ勉強不足で、これからも本を読むなり出稽古に行くなりして吸収しなくっちゃなと。
とはいえ、新人も入ったことなんで、伝えられることは伝えて、
自劇団の本公演や、よそ様におじゃましたときに自由にできるように、基礎を固めておいてあげたい。
自由に動けるように、土台をしっかり、というのが基礎の意味合いなのかもしれないですね。
IMG_1285.JPG
そのあとに、簡単なシアターゲーム。
とはいえ、一緒にものづくりをしていく仲間なわけなので、信頼をつくるためのワーク。
その後に、とある小説からセリフを引用した1分程度の台本。
少ないセリフの中からどれだけの情報を選び抜いて表出につなげるか。
準備段階ではいろんな遊び方ができるものかと考えていたが、結局はストレートに演じてみるのが良かった。
内実の濃いものができれば、表面だけの面白みを超えた面白みがある。
そういう稽古をしました。
やっているうちに、どんどん時間がたってきたのでいい傾向。

トレーニングは、個人的にもなるべく継続的に続けてほしいと思います。
こうした、定期的に集まったときに、セリフなどのセッションができればいいなと。
基礎稽古の目的というのは、もちろん。本番の舞台上を豊かにするためのものです。
ゴールデンウィーク付近は、ステージタイガー関連の作品が目白押しです。
お気にかけてくださると嬉しゅうございます。よろしくお願いいたします。
posted by ステージタイガー at 01:54| 大阪 ☁| 【基礎稽古】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月15日

SKGR(タニーヤ)

コンニチハ、コンバンバ。
花粉症ちゃうとは思うけどお鼻周りの調子わるーいタニーヤです。
これ、花粉症?お風邪?
いや!どちらも認めない!


さて、お稽古日々邁進ちうのABC中之島春の文化祭での参加作品「太陽みたいな男たち」
B06E102F-0F5F-4A03-9D58-5D768C939BB6.jpg
今回のモチーフはSKGR!
つまり

SA KA GU RA

酒蔵です♪

まぁなんて僕となんださん向きな作品なんでしょう笑

いつものステージタイガーではステージタイガー✖️スポーツand moreみたいな要素が詰め込まれてる事多いなぁって思っておるのですよ。僕的に。
でも、それは虎本劇作のお話
タイガーでもう一人の作演出家であるザキ有馬のタイガーでの作風は、虎本とは打って変わって"食"✖️"カルチャー"なんかなぁって探りちう。
まぁ食だってカルチャーですけどね

ほら、昨年の中之島春の文化祭での「ラストヌードルエクスプレス」では、ラーメン✖️HIP HOP(←観ただけではわからんかもw)
だったわけですよ。

そして今回は、
日本酒✖️YouTube…バーっていうか動画制作会社のお話かな

分かりにくいか笑
まぁとりあえず普段のタイガーとは一味違ったおもろさをお届け出来るかと思いますですよー。

と、役者の僕より、作品についちゃそのうちザキに紹介してもらいましょうかね( ´ ▽ ` )


ABC春の文化祭2017

ステージタイガーの出場は

5月3日のCブロック!

なーんと53日のトリです!


ステージタイガー

「太陽みたいな男たち」


脚本・演出

ザキ有馬

出演 

谷屋俊輔 小野愛寿香 南由希恵  ザキ有馬  鍋海光 

南田吉信(劇団大阪新撰組)


https://ticket.corich.jp/apply/81676/C05/


前売券チケット発売中!

ブロック券のみ取り扱いあります。



そんなわけで、とりあえず、酒蔵のお話ってんで第二稽古場にもいつも以上に熱心に取り組まねば!
2BFF104E-0312-495F-8F8C-2B26C8B878D8.jpg
イカの姿造りヤバ!

稽古ですから!
E559D2CF-8AF6-4F67-97AD-02171EE278D1.jpg
お寿司も美味しいなぁ

これ、稽古ですから!
6AE12181-839F-4E1E-8816-D5C8365E6223.jpg
もつ鍋!ツラミの鍋初めて!

わーい🙌
01CE3205-B210-4ECB-8DA9-AC54B8825209.jpg
のれそれ!春の味覚ですね


ほなまた




posted by ステージタイガー at 13:19| 大阪 ☀| 太陽みたいな男たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月14日

3合目『中盤部分』

どーも、こんばんは南です╰(*´︶`*)╯♡
昨日の稽古の様子をお届けしまっす!
2人やら3人やらの少人数なシーンが続きます。

74B749A3-E79D-4097-BB31-9120BED44C26.jpg

CBDD1207-CD34-4B3D-9DB1-D919647F2DC1.jpg

自分がやってると中々、見えてこないものも、見ていると見えてくるものがあるな~と感じました。

とりあえず、なべちゃんガンバレ!
南もだけども╰(*´︶`*)╯♡

まだまだ、これからです(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾


posted by ステージタイガー at 07:36| 大阪 | 太陽みたいな男たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月11日

2合目

写真はありません!すみません!

さて本日は稽古2日目!昨日の改善点をみんなが持ち寄っての返し稽古です。
その前に念入りにアップ。
そして全員の意識を合わせる為に、インプロを取り入れたトレーニングを少し。
ただのシアターゲームでもなく、にわかの良くやるエセインプロっぽい練習でもない、丁寧なワークです。演劇の根本となる感覚を徹底的に体に落とし込み、研ぎ澄ませる訓練です。

それが出来たらいよいよ台本稽古。
ただ「背中見て覚えろ」「考えずにとにかくやれ」では伝わらない昨今、細かい「?」にもきちんと答えて納得した上で高みを目指します。

結果、思う通りに演じることが出来た役者たち。同時にそれが演出の意図通りの方向性を実現してもいて、お互い目指すべきものが見えてきた稽古になりました。

さて次の稽古では、これを生かしてさらに物語を進めていきます!…どうなるのか?!
お楽しみに!
posted by ステージタイガー at 23:59| 大阪 ☁| 太陽みたいな男たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一杯目「さぁ、始まりました!」


さぁ、ABC春の文化祭2017

「太陽みたいな男たち」の稽古が始まりました!



D6D61C10-3151-4A9E-92CC-5A79540EFB8F.jpg




初回稽古は、ザキさんの構想している物語の説明。

酒造、酒蔵や日本酒がメインのテーマとなってきます。

普段から、お酒が好きなメンバーが集まった気もしますし、その辺がリアルに演じられたらなと思います。


FEC430A4-50C3-49A6-9B37-6EE9B5B18920.jpg


ステージタイガーらしさ、そしてザキさんの演出でしか楽しめない部分を楽しんでいただける内容になるのではないかと思います。


構想の後は、配役の発表!からの読み合わせをしまして

そして、立ち稽古をしました!


頭から少しずつ形をつけていきました。


台本をしっかり読み込み、次の稽古(明日)に向けて、どんなものが役者陣、役として考え持ち寄れるか、、、!

楽しみです!



4678B4F0-F090-4B11-990B-A340D1784D42.jpg


ザキさんの演出は、ステージタイガーとしては、昨年のABCぶりです。


BCE119D6-9265-4BBA-9CEF-3FFB34000B87.jpg



谷屋さんが、普通にトレーニングするわけではなく、あんなものを重りにするなんて。。。笑


観に来ていただいてのお楽しみに!


面白い部分が、これからどんどん出て来そうな予感がします!




B36639E3-EC70-478E-83E1-4776A80F11FE.jpg



ABC春の文化祭2017

Cブロック

53日のトリです!


ステージタイガー

「太陽みたいな男たち」


脚本・演出

ザキ有馬

出演 

谷屋俊輔 小野愛寿香 南由希恵  ザキ有馬  鍋海光 

南田吉信(劇団大阪新撰組)


https://ticket.corich.jp/apply/81676/C05/


前売券チケット発売中!

ブロック券のみ取り扱いあります。



是非お越しくださいませ!



posted by ステージタイガー at 00:33| 大阪 ☁| 太陽みたいな男たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月08日

4月6日の基礎稽古

IMG_1215.JPG
「ダイバー・シティ」公演のため、一時休止していた基礎稽古が再開しております。
ステージタイガーにはこの度新人入りましたので、基礎稽古の数を少し増やしていくつもりです。
数だけではなく中身も充実させたいと思っていますが、
基礎稽古に参加するだけで身につくものがあるとは思っていただきたくないというのが僕の考えです。
どうも僕とは白井です、自戒を込めて。
稽古場に来るというのはもちろん前提なんですが、身体作りというのは
といって、専門家でもなんでもないんですんでイチ意見でしかなんですが、
鍛えている時期よりも、鍛えていない時期の影響が大きんではないかと思っています。

月に数回の基礎稽古に取り組んだところでたかが知れていると思います。
そこで、知らない人には、トレーニング方法を覚えてかえって、
稽古のない日に自宅とかでもやってほしいなと思います。
あっという間に錆びてくるもんです。
方法を思いつかない時にはとりあえずでも走っていればいいと思います。
やみくもは良くないのでなるべく、バランスよく身につくように構成しています。
IMG_1242.JPG
さて本日のメニューですが
サーキットトレーニング3セット(40分程度)
呼吸法、発声、滑舌、
トーナメント方式発声
インプロ

としました。
気になるのがトーナメントなんだと思うんですが、なんのことはない、
「あめんぼのうた」という発声練習に使う詩を、
部屋の一定間隔あけた間をダッシュして「ア行」、またダッシュして「カ行」というように
走って、体を留めて、セリフ。走って、体を留めて、セリフ。
という実際的に体を使う動作でもって、滑舌の練習としたわけです。
少しでも刺激のあるようにとトーナメント方式(負け抜け)をしましたが、
提案した白井本人があわや最下位になりかけるという惨事がありましたが、なんとか回避。
結局勝ち抜けも行ったため、全員がクタクタになるという、いい汗をかきました。
IMG_1237.JPG
いずれは座学のようなものも取り入れていきたいなと、個人的には思っているところですが、
現在のところは「次回公演に出演するにあたり新人に必要なものは体力」という演出の依頼を受け、
目下筋トレをメインにしているところです。
もしこのブログを読んでいる新人劇団員がいれば、とりあえず走ってなさい。
もしくは、簡単な筋トレ(腕立てと腹筋とスクワットあたり)を二日に一回でもやってなさいね。
続けているとわかるから。続けていないと、わかるから。
あとは、教えてあげられることはあるけれど、最後は自分でやるしかないんでね。
それでも、しんどい乳酸などの疲労物質が発声することもみんなでやれば楽しくなるんでね。

次回は4月15日を予定しています。外部参加者も受け付けております。
お気軽に1日の残りの体力を使い切るつもりでお問い合わせ並びにご参加ください。
posted by ステージタイガー at 14:11| 大阪 🌁| 【基礎稽古】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月11日

本日14時のみの公演 「 #ダイバー・シティ 」

IMG_0994.JPG
肉食ったら眠たくなってしまってブログを書きそびれていましてこんな時間。
どうも白井です。劇場入りしましたが、明けて本日にはもう千秋楽。
本当にあっという間の、って。勝手なもんです。
そんな事ないんですよね、去年の秋頃から稽古はしていました。
初めてタイガーに出ていただく20人を超える人たちと一緒に舞台に立つので、
勝手にポインと共演するってわけにはいかなかったんで、長い時間を過ごしました。
基礎稽古をする数ヶ月を経て、公演稽古。
これは前回の「ファイアフライ」の公演直前に台本が配られて、
「ファイアフライ」キャストも本番1週間ほど前に、別の(つまり今回の)台本を読む。
っていう、なかなか複雑な心境にさせられる時期もあったりしました。

まぁ、僕はその時にも思ってたんですけれども、いい本だなっと思ったのは覚えています。
一人一人の物語というのはあまり色濃くは描かれていないものの、
1時間40分という短い時間の中に29人の人間が、不必要な人間を含まず、
あちらこちらに存在するように描かれているように思ったのです。
わかんないですよ、叩けば粗はあるかもしれない、でも、まぁ、そう思ったんだから僕は好きです。
今回の「ダイバー・シティ」という作品、本も、そこに集まってくれた登場人物も全部。
今回は結構若いキャストがいるので、それはそれは見所と思います。
みんな元気ですからね、それだけ。みていてこっちは面白くなります、おっさんですからね。
IMG_0977.JPG
この作品は、演劇として面白い作品になっているんじゃないかなぁと思います。
小説とも、ドラマとも、映画とも違う、演劇ならではの。
一言に演劇といったも、いろんな演劇はあるんだと思いますが、まぁ、タイガーらしい作品で。
そしたら何があるかというと「熱量」があるんだというしかないと思います。
カロリーのある演劇。って言って仕舞えばいいのかもしれないけれども、
もう、こんな時間なんで、何を言えばいいのかあんまり解っていないし、もう本番なんで、
そんなに、この文章に責任も持っていません、すみません、白井です。

もうね、ひとまわり近く年齢の離れた人たちだったり、高校生、大学生なんか、
いってみればエイリアンみたいなもんで、今度は戦争だ!って勢いで、
言葉通じるのかなぁなんて、おじさん不安に思ってたんだけれど、
といって、仲良くなるための言葉なんかエレベルわけもなく、僕個人は。
お芝居が、演技が、お客さんが見た時に、どうすれば面白く見えるかよく見えるか、
僕が見るとしたらどういうやり方が(あくまでも僕の)好物か、みたいな事しか言えなくって。
共通言語である「お芝居」ってのを通して語るしかなかったんです。口下手なもんで。
血液型とか好きな食べ物とか家族構成とか、ソシャゲ何やってんのとか、興味ないもんで。
でも、言えばどんどんチャレンジしていってどんどん面白くしようとしてくれる。

なんていうのかなぁ、世代が違うけど、餌が同じというか。
結局、役者をやってみようって思うような人間は同じなんだなって事で。
課題とか、餌とか当ててたら勝手に乗り越えようとしてくれる。
そういう意味では真面目だと思うし、いい意味で、バカでまっすぐ。
そういう人たちに囲まれていると、おっさんも手を抜くのができなくなっちゃうんです。
タイプは違えど、タイガーの年長組あたりも、スタイルは違えどいろんなぶつかり方をしてますね。
みんなたぶん、同じような愛情みたいな感じでぶつかってんのかなぁって思ってます勝手に。
参加してくれたキャストのみんなには本当に感謝してます。
何してくれたから、って事じゃなくって、いてくれてありがとうって思ってますよ。
刺激になったし、発見もあったし、なんだか色々と、たくさんいただいています。
IMG_0993.JPG
えぇと、もうね、今更なんですが、そろそろ気になり出した方もいるかもしれません。
ツイッターとかフェイスブックでも、宣伝が目についていると思います。
松原市文化会館、とっても広い劇場なんで、予約されていない方も、きっと中に入ってみていただけます。
ふらっと、思い立って、見に来て欲しいと思うんです。
いまからいくよー、つって、来てくれたらいい。来てください。
29人のキャストですが、そこにいるのは街に住むごく普通の頑張っている人、なので、
みにきていただけたあなたが、30人目のキャストになれるんじゃないかなって思っています。
そういう気分で、ぼんやりふんわり見ていただけるのが一番いい楽しみ方なんじゃないかなぁ、とも。

一回こっきりで終わっちゃうのって本当になんだかもったいなくって仕方ないんだけれども、
もともとそういうお話だったし、みんなもそれ分かってて応募してきてくれたし、
なんなら劇場は夕方までに開け渡さなきゃなんないしで、結構タイト。
一緒に見届けてくれたら僕は嬉しく思います。
劇場でお待ちして居ります。
IMG_0105.JPG
ステージタイガー「ダイバー・シティ」
3月11日(土) 14時開演
松原市文化会館にて 無料公演

劇場への行き方もこちらを参照ください。
高見の里駅からの行き方
河内松原駅からの行き方
※いずれも、近鉄阿部野橋駅からの電車に乗ります。

長々と読んでいただいてありがとうございます。
posted by ステージタイガー at 05:11| 大阪 ☁| ダイバー・シティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする